ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

ラーメンタウン岡山県笠岡で、醤油で炊き込んだ煮鶏が特徴の『笠岡ラーメン』を食す!

2016年11月14日更新

ラーメンの具の定番、チャーシュー。豚肉を使ったものが一般的ですが、鶏肉を使ったチャーシューが乗ったラーメンがあるんです。
岡山県笠岡市は古くから養鶏と製麺が盛んな土地で、戦前からトリガラスープと煮鶏(にどり、=鶏チャーシュー)を使った地ラーメン=『笠岡ラーメン』が長く親しまれてきました。市民にとって笠岡ラーメンはランチや夜食だけでなく、ときには朝食、ときには映画を見ながら食べるファストフードとして身近な存在でした。
スープにはトリガラだけで作ったものと、それに魚介スープを合わせたダブルスープのラーメンがあります。トッピングには親鶏を醤油で煮た煮鶏が使われており、シコシコと歯ごたえのある食感も楽しめます。煮鶏を具材とするラーメンは全国的にもとてもめずらしく、笠岡ラーメンの最大の特徴とされています。

【笠岡ラーメン山ちゃん】 午前5時から営業する当店は、笠岡の朝ラー文化を体現するラーメン店。 鶏ガラのみで勝負する中華そばは、シンプルイズベストな笠岡定番の味で、バイカーの集まる店としても注目されている。

【笠岡ラーメン山ちゃん】
午前5時から営業する当店は、笠岡の朝ラー文化を体現するラーメン店。鶏ガラのみで勝負する中華そばは、シンプルイズベストな笠岡定番の味で、バイカーの集まる店としても注目されている。



【キッチン味々亭】 丸鶏と鶏ガラを使用したスープと鰹と昆布出汁のダブルスープの醤油ラーメン。 麺は細麺で、醤油でじっくり炊いた笠岡ラーメン定番の煮鶏、板メンマから作る香のよいメンマ、地元のゆで卵、地物ネギをトッピング。 注ぎたてのスープに浮かぶ黄金色をした鶏油は、醤油香の中に笠岡ラーメンのエッセンスである鶏の香を主張する。

【キッチン味々亭】
丸鶏と鶏ガラを使用したスープと鰹と昆布出汁のダブルスープの醤油ラーメン。麺は細麺で、醤油でじっくり炊いた笠岡ラーメン定番の煮鶏、板メンマから作る香のよいメンマ、地元のゆで卵、地物ネギをトッピング。注ぎたてのスープに浮かぶ黄金色をした鶏油は、醤油香の中に笠岡ラーメンのエッセンスである鶏の香を主張する。



【お多津】 割烹・小料理の「お多津」は、北大路魯山人に認められた料理人松浦沖太を輩出した名店。 ここで提供される笠岡ふるさと中華そばは、親鶏のガラと旬の魚を使う見た目も味も洗練された繊細な醤油ラーメン。 店主である羽原利彦氏は、笠岡ラーメンの火付け役の一人でカリスマ的存在。 「東京ラーメンショー2013」にはお多津と味々亭がコラボで出展し、話題となった。

【お多津】
割烹・小料理の「お多津」は、北大路魯山人に認められた料理人松浦沖太を輩出した名店。ここで提供される笠岡ふるさと中華そばは、親鶏のガラと旬の魚を使う見た目も味も洗練された繊細な醤油ラーメン。店主である羽原利彦氏は、笠岡ラーメンの火付け役の一人でカリスマ的存在。「東京ラーメンショー2013」にはお多津と味々亭がコラボで出展し、話題となった。



中華そば坂本

中華そば坂本



『中華そば 坂本』は、昭和33年創業の笠岡ラーメンの老舗。二代にわたり守り継がれているコクと旨みのある深い味に、毎日食べに来る常連さんもいるなど、県内外に多くのファンを持つ人気店。朝、坂本の近くまで来るだけで、醤油で炊き込む煮鶏のいい香りがしてきます。毎朝炊かれる鶏ガラスープがベースの醤油ラーメンは醤油がきりっと効いており、スープと鶏脂でコーティングされた硬めの麺は、雑味がなくスルスルと喉を通過していきます。午後2時30分までの営業なので、ご来店はお早めに。

中華そば坂本(ラーメン)

詳細情報

名称 中華そば 坂本
住所 〒714-0088 岡山県笠岡市中央町34-9
電話番号 0865-63-6454
営業時間 午前9時30分~午後2時30分頃
定休日 木曜、日曜、祝日
アクセス 笠岡駅から徒歩3分
駐車場 無し
問い合わせ先 笠岡市観光連盟
〒714-8601
岡山県笠岡市中央町1番地の1
TEL 0865-69-2147
FAX 0865-69-2185
https://www.kasaoka-kankou.jp/ramen
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 松陰神社

    ロータスな旅 > 中国

    松陰神社

    吉田松陰は、幕末に活躍した長州藩の思想家・教育者として有名です。松下村塾を主宰し、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋ら多くの門人を育てましたが、安政の大獄に…

    2015.10.16更新

  • 漁業の盛んな鳥取県琴浦町が生んだB級グルメ『あごカツ』。さらに、そこから『あごカツカレー』や『琴浦あごカツカレーバーガー』も出現!山陰の旅グルメの一大勢力となるか!?

    ロータスな旅 > 中国

    漁業の盛んな鳥取県琴浦町が生んだB級グル…

    鳥取県中央部に位置する琴浦町。町名の由来は、神代の昔、天照大神が派遣した言問い(こととい)の使いがこの場所に降り立ったという伝説によるもの。町の海岸一帯が『言(…

    2019.09.10更新

  • 角島大橋

    ロータスな旅 > 中国

    角島大橋

    かつては連絡船によって行き来していた角島(つのしま)と山口県下関市豊北町神田を結び、コバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)をまたいで架けられた角島大橋。2000年…

    2016.04.08更新

  • 懐かしい自動車に乗って、見て、触って、写真を撮れる!モノづくりの魅力を実感できる『福山自動車時計博物館』

    ロータスな旅 > 中国

    懐かしい自動車に乗って、見て、触って、写…

    「のれ・みれ・さわれ・写真撮れ」(「乗って、見て、触って、写真を撮れる)をモットーに、自動車と時計をメインの展示物としたユニークな博物館が広島県福山市にあります…

    2018.04.13更新

  • 江戸時代初期に岡山藩主・池田光政によって創設され、「現存する世界最古の庶民のための公立学校」と言われる『特別史跡旧閑谷学校』

    ロータスな旅 > 中国

    江戸時代初期に岡山藩主・池田光政によって…

    江戸時代初期の三名君の一人に、岡山藩主・池田光政がいます。父の死によって7歳にして家督相続し、姫路藩主となるも、幼少を理由に因幡鳥取藩に国替え。しかし、大いに政…

    2017.08.29更新

  • 岡山県の笠岡湾干拓地に建つ、四季のお花に囲まれた道の駅。海の幸、山の幸を味わえるランチバイキングが好評!『道の駅 笠岡ベイファーム』

    ロータスな旅 > 中国

    岡山県の笠岡湾干拓地に建つ、四季のお花に…

    『道の駅笠岡ベイファーム』は、24年の年月を掛けて作られた笠岡湾干拓地に建つ道の駅です。春には1000万本の菜の花やポピー、夏には100万本のひまわり、秋には…

    2018.10.23更新

< 前のページへ戻る