ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

高さ143mからの360度の眺望が楽しめる関門海峡のシンボル「海峡ゆめタワー」

2023年9月14日更新

関門海峡は、本州と九州の間にある海峡。古くから海上交通の要衝とされ、歴史の舞台にもなってきました。現在、クルマで海峡を渡るには、「関門国道トンネル」や、吊り橋の「関門橋」(関門自動車道)を利用。また、徒歩で行き来できる海底トンネル「関門トンネル人道」も整備されています。

海峡ゆめタワー 1

「海峡ゆめタワー」は、1996(平成8)年に灯台をイメージして作られた、関門海峡のシンボルタワーです。全長153m。全面ガラス張りで、トータルでなんと8,700枚ものガラスが使用されています。

海峡ゆめタワー 2

シースルーのエレベーターに乗って、タワー最上階(30階)にある展望室へ上がります。地上からの高さは143mです。球形で総ガラス張りの展望室からは、関門海峡はもちろん、関門橋、巌流島、下関市や北九州市の町並みまで360度を見渡すことができます。

海峡ゆめタワー 3

海峡ゆめタワー 4

また、28階にも展望室があり、360度のパノラミックな景色を眺められます。ここには、関門海峡にまつわる歴史を展示パネルで紹介したコーナーもあります。

海峡ゆめタワー 5

毎日午後9時30分まで営業しているため、ライトアップされる関門橋など、夜景も楽しめます。ロマンチックな雰囲気があることから、海峡ゆめタワーは、2006(平成18)年に山口県で初めて「恋人の聖地」に選定されました。28階の展望室には、「縁結び神社」もあります。

海峡ゆめタワー 6

夜になると、タワー全体がライトアップ。使われているライトは、611個に上ります。点灯開始時間は、1月~4月・9月~12月が午後7時から、5月~8月は午後7時30分からとなっています。終了は、1年を通して午後9時30分です。

海峡ゆめタワー 7

月曜日はホワイト、火曜日はグリーン、水曜日はブルー、木曜日はイエロー、金曜日はレッドブルー、土曜日はブルーグリーン、日曜日はレッドとライトの色が変わり、曜日によって違ったイメージのタワーを楽しめます。さらに金曜日と土曜日は、毎正時(午後7時・8時・9時)に7色を1分間隔で点灯。このほか、行事などの日に合わせた「特別ライトアップ」も実施しています。

海峡ゆめタワー 8

詳細情報

名称 海峡ゆめタワー
住所 山口県下関市豊前田町3丁目3-1
電話 083-231-5877(受付時間 平日午前1時~午後5時/土日祝日午前9時30分~午後5時)
営業時間 午前9時30分~午後9時30分 ※最終入館は午後9時
定休日 1月第4土曜日のみ
入場料 大人:600円、小学生~高校生・65歳以上:300円 ※高校生と65歳以上は年齢証明が必要
駐車場 第1駐車場150台(午前7時30分~午後11時/最終入庫は午後9時)、第2駐車場31台(24時間営業)※いずれも30分100円
アクセス 中国自動車道下関ICから約15分
ホームページ https://www.yumetower.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 和の甘味を代表する『ぜんざい』を発祥の地・出雲でいただくなら、地元素材にこだわった『出雲ぜんざい餅』

    ロータスな旅 > 中国

    和の甘味を代表する『ぜんざい』を発祥の地…

    小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、あるいは栗の甘露煮などを入れた『ぜんざい』。和の甘味の代表格ともいえる存在です。この『ぜんざい』、実は出雲大社で知られる出…

    2017.12.26更新

  • 『TKG』の元祖と言われる明治時代のジャーナリスト・岸田吟香の出身地岡山県美咲町にある『たまごかけごはんの店 食堂かめっち。』

    ロータスな旅 > 中国

    『TKG』の元祖と言われる明治時代のジャ…

    その頭文字をとって『TKG』と呼ばれるなど、近年、ちょっとしたブームになっている『卵かけご飯』。シンプルだからこそ、一つ一つの素材に徹底的にこだわった卵かけご飯…

    2019.07.09更新

  • トリップアドバイザー「行ってよかった!道の駅ランキング2016」で全国1位に選ばれた『道の駅 北浦街道ほうほく』(山口県)

    ロータスな旅 > 中国

    トリップアドバイザー「行ってよかった!道…

    山口県下関市にある『道の駅北浦街道ほうほく』は本州最西端の道の駅です。北長門海岸国定公園に指定された美しい景観の北浦街道191号線沿いの和久港を眼下にする丘の…

    2017.02.13更新

  • 「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯一「砂」を素材にした砂像を展示する烏取砂丘の『砂の美術館』

    ロータスな旅 > 中国

    「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯…

    鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる『烏取砂丘』。その広さは南北2.4キロメートル、東西キロメートルにもなります。日本三大砂丘の1つで、山陰海岸国立公園の特別保護地…

    2018.05.15更新

  • 松江藩代々の藩主の菩提寺で、アジサイ寺としても有名。大亀伝説も伝わる古刹『月照寺』

    ロータスな旅 > 中国

    松江藩代々の藩主の菩提寺で、アジサイ寺と…

    松江城にほど近い『月照寺』は、松江藩初代藩主から九代藩主までの廟所(びょうしょ)がある寺。もともとは、洞雲寺という名の禅寺で長く荒れ果てていましたが、初代松江藩…

    2020.07.07更新

  • 日本海に向かって立ち並ぶ123基の真っ赤な鳥居は、まさにフォトジェニック!アメリカの放送局CNNが「日本の最も美しい場所31選」の一つに選出した山口県長門市にある『元乃隅神社』

    ロータスな旅 > 中国

    日本海に向かって立ち並ぶ123基の真っ赤…

    山口県長門市にある『元乃隅(もとのすみ)神社』は、日本海に向かって123基もの鳥居が立ち並ぶシーンで有名です。全長100メートル以上にわたって並ぶ朱塗りの鳥居、…

    2019.10.24更新

< 前のページへ戻る