ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

宮島観光に欠かせないご当地グルメ『あなごめし』。100年以上も守り続ける元祖の味を堪能する!『あなごめしうえの』

2019年7月23日更新

広島県の観光スポットとして知られる『宮島』。世界遺産『嚴島神社』をはじめとする神社仏閣や、300種類の生き物を展示している『宮島水族館(みやじマリン)』、絶景を堪能できる『宮島ロープウェイ』など楽しめる場所がたくさんあります。

もちろん、グルメも充実。新鮮な牡蠣や、郷土菓子『もみじ饅頭』『太閤の力餅』など多くの名物がそろう中、注目したいのは『あなごめし(または、あなご飯)』です。もともとあなごが獲れた宮島周辺では、昔から郷土料理として穴子どんぶりがあったと言います(江戸時代の藩の資料に記載あり)。これを原型として、『あなごめし』は、明治時代に誕生しました。

あなごめしうえの



明治時代中期、宮島で米の商いをしていた上野他人吉(うえの たにきち)は、1897(明治30)年、山陽鉄道が開通し、宮島駅(現在の宮島口駅)が開業したのをきっかけに、1901(明治34)年に宮島口の駅前参道に茶店を開業します。この茶屋のメニューとして、穴子どんぶりに工夫を加え、白飯ではなく穴子のアラで炊き込んだ醤油味飯を用いることを考案。これが評判となりました。



開通したばかりの宮島駅で駅弁を販売することを考えていた他人吉は、早速この醤油味飯に穴子をびっしりと敷き詰めた『あなごめし』を名物として販売。以来、百年を超える今日まで多くの人に親しまれてきました。



上野他人吉が開いた茶屋は、『あなごめしうえの』として宮島に渡る手前の本土側に本店を構え、こだわりの『あなごめし』を現在も提供し続けています。



食堂で食べられる『あなごめし』は、3種類(小1950円/上2250/特上2750円、税込、以下同様)。出来たては、より旨味があり、ジューシーです。また、『あなごの白焼き』(1296円)や『あなごの蒲焼き』(1296円)も用意されています。人気店である上、席の予約ができないため、行列は必至。どうしても入店までに時間がかかりますが、「並んででも食べる価値あり」との声が多数です。



並ぶ時間のない方は、『あなごめし弁当』がおすすめです。4種類(ミニ1512円/小1890円/レギュラー2160円/特上2700円)あり、電話やメール、店頭で予約を受け付けています。冷めてもおいしい工夫がされているので、宮島観光のお供にしても良いでしょう。



『あなごめしうえの』の2階には、懐石料理を提供する『他人吉』(火・水曜定休)があります。『穴子飯御膳』(月・木曜日限定)や、『穴子尽くしコース』(金・土・日曜限定)、『月替わりコース』などを味わうことができ、こちらは席の予約ができます。

白焼き



世界に知られた宮島観光の、もう一つの思い出に『あなごめしうえの』でのグルメ体験は欠かせません。

あなごの笹めし



あなごの黒米寿司



あなごの切り落とし



あなご茶漬け

詳細情報

名称 あなごめしうえの 宮島口本店
住所 広島県廿日市市宮島口1-5-11
電話 0829-56-0006
営業時間 弁当:午前9時~午後7時、食堂:午前10時~午後7時 ※水曜日は弁当のみの提供で午後6時まで ※いずれも売切れ次第終了
定休日 年中無休
アクセス 【車】広島岩国道路廿日市ICから約5km【電車】JR山陽本線宮島口駅 正面口 徒歩1分/広電宮島線 広電宮島口駅 徒歩1分
駐車場 10台
ホームページ https://www.anagomeshi.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 戦国時代の城の姿を今に残し、「現存する城の中で唯一の正統天守閣」と言われる、国宝『松江城』

    ロータスな旅 > 中国

    戦国時代の城の姿を今に残し、「現存する城…

    島根県松江市は、江戸期には松江藩の城下町として発展し、現在も山陰最大の人口を擁する都市です。島根半島と宍道湖・中海に挟まれた地域に広がり、宍道湖から中海に注ぐ大…

    2017.07.25更新

  • 寿司やフグがお手頃価格で楽しめる!目にも舌にも楽しい山口県の「唐戸市場」

    ロータスな旅 > 中国

    寿司やフグがお手頃価格で楽しめる!目にも…

    フグで有名な山口県下関。フグを専門とし、タイやハマチの市場としても有名なのが、唐戸市場です。ここは、業者向けの卸売市場の機能と市民向けの小売市場の機能が共存する…

    2016.09.16更新

  • 角島大橋

    ロータスな旅 > 中国

    角島大橋

    かつては連絡船によって行き来していた角島(つのしま)と山口県下関市豊北町神田を結び、コバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)をまたいで架けられた角島大橋。2000年…

    2016.04.08更新

  • 山陰ドライブに欠かせない!“一期一会”の夕日に出会える「宍道湖の夕日スポット」

    ロータスな旅 > 中国

    山陰ドライブに欠かせない!“一期一会”の…

    島根県北東部、出雲市と松江市にかけて広がる「宍道湖(しんじこ)」。周囲47㎞、国内で7番目という大きさにも注目ですが、この地を訪れたら見逃せないのは、夕景です。…

    2021.07.27更新

  • 伝統の神楽を軸に、ラドン温泉と門前町を合体させたユニークなテーマパーク村『神楽門前湯治村』(かぐらもんぜんとうじむら)

    ロータスな旅 > 中国

    伝統の神楽を軸に、ラドン温泉と門前町を合…

    広島県北部は伝統芸能の神楽が盛んな地域です。特に、安芸高田市には22もの神楽団が存在し、芸北神楽のメッカとなっています。しかし、日本各地のローカルと同様に人口流…

    2016.07.15更新

  • 松江藩代々の藩主の菩提寺で、アジサイ寺としても有名。大亀伝説も伝わる古刹『月照寺』

    ロータスな旅 > 中国

    松江藩代々の藩主の菩提寺で、アジサイ寺と…

    松江城にほど近い『月照寺』は、松江藩初代藩主から九代藩主までの廟所(びょうしょ)がある寺。もともとは、洞雲寺という名の禅寺で長く荒れ果てていましたが、初代松江藩…

    2020.07.07更新

< 前のページへ戻る