ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

『第11回オートモーティブワールド』ルポ(前編)「中国のEVは数はすごいけれども質はまだまだなんですよ」

2019年2月12日更新

前編トップ_web

東京ビッグサイトで2019年1月16日から18日に開催された『第11回オートモーティブワールド』。この会場で、次世代自動車の分野で躍進が著しいといわれる中国の現状および日中の差異などを探るべく、多くのブースを訪れ、中国の自動車関係者をはじめとした人たちにインタビューを行った!

出展・来場者数は微減も
展示内容は充実の一途

『オートモーティブワールド』は、年に1度開かれる未来のクルマの技術展示展だ。

11回目を数える今回は、『国際カーエレクトロニクス展』『EV・HEV駆動システム技術展』『クルマの軽量化 技術展』『コネクティッド・カー EXPO』『自動車部品 加工EXPO』『自動運転EXPO』といった六つの展示コーナーが設けられ、それぞれの分野における大小さまざまな企業が自社の先端技術を披露していた。

主催者の発表によると、出展社数は1,002社で、来場者は37,657人。昨年の出展社数1,063社、来場者数39,922人と比べるといずれも微減となっていて、過熱気味だった昨今の次世代自動車ブームが多少落ち着いたかに思えた。だが、実際に会場を歩いてみると、展示内容はこれまでよりは数段リアリティあるものとなっていた上に、観る人たちの本気度も高く、次世代自動車づくりの世界が確実に進化・発展していることがわかった。

ワイヤレス充電_web

モーター_web

エヌビディア_web

ライダー_web

ホライゾン_web_censored

中国のEVの台数の多さは
今後のリスクともなり得る

われわれ取材班は、今回、この『オートモーティブワールド』の会場で、EVや自動運転、コネクテッドカーの分野で躍進が著しいといわれている中国の現状および日中との差などを探ることを考えた。27ヵ国からの出展の中で目立って多い中国企業のブースはもちろん、中国と取引のある企業のブースの担当者などから、きっとかなりリアルな話が聞けるだろうと踏んだからだ。

デルタ_web_censored

最初のチャンスは、台湾のデルタ電子のブースで話を聞いていたときに訪れた。

デルタ電子はEV用の急速充電器や家庭用充電器を製造しているメーカーで、日本そして中国の自動車メーカーに製品を卸している。ここの担当者なら、中国のEV事情はもちろん、日本と中国のEV普及の差がよくわかるだろうと思い、その旨の質問を投げかけてみた。ところが、その担当者はあくまで日本マーケットの担当で、中国のマーケットについてはよくわからないとの答えだった。
「わかるのは、中国での家庭用充電器の販売数はとてつもなく多くなっているということぐらいです。ちなみに、日本での販売台数は、多いときで月に100台以上、普通のときで月数十台程度……。オリンピックイヤー前後にさまざまなEVが発売されるというウワサがあるので、日本のマーケットへの期待はそれからになりますね」

そんな短いやりとりを終えて次のブースに移ろうとしたとき、そばにいた一人の中国人男性が達者な日本語で話しかけてきた。

「あの、中国のEVの数はすごく多いですけれど、質は日本のほうがずっと上ですよ」

聞けば、この男性、とある中国企業のブース担当者とのこと。インタビューを受けるには、中国の本社に許可を得なければならないとのことであったが、匿名という条件付きで話を続けてくれた。

「日本の自動車メーカーは、優れた部品を搭載した完成度の高いEVを世に出しています。わかりやすいところではバッテリー。日本のEVが積んでいるリチウムイオン電池は、負極材とかに非常に優れた素材を採用していて、たくさん電気を蓄えられ、たくさん出力ができ、かつ寿命も長くなるようにしています」

「中国のメーカーがつくるEVの多くは、そうした高品質なバッテリーを積んでいません。航続距離が300~400㎞あるといっても、それは理論的な数字に過ぎず、実際に走った場合、とくに冬のシーズンとかの走行時には大幅に性能が落ちてしまいます。日本製のバッテリーでも同じことが起きますが、中国製のバッテリーは、その下げ幅がかなり大きかったりするのです」

「つまり、中国製のEVは価格は安いけれど、質もほどほどのバッテリーを積んだEVが多いということ。近い将来、日本をはじめとした世界の自動車先進諸国でより高品質なバッテリーが開発されて、EVがもっと普及していくことになれば、いま走っている中国のEVのほとんどがあまり価値のないものになってしまう恐れがあります。政府主導で急いで台数を増やしているということは、すなわち、そうしたリスクを負っているということでもあるのです」

匿名男性は、日本のマーケットに自社の製品を売り込む立場であるため、その語り口には多分にリップサービスのきらいはあったのだが、現時点でEVが急速な進化途中にあることを考えれば、ただただ急いで台数を増やすというのは必ずしもいいことばかりではないという論には深く納得がいった。

はてさて、ほかのブースの人たちは、いったいどんな意見をもっているのだろうか?(中編に続く、文:みらいのくるま取材班)

『第11回オートモーティブワールド』ルポ

(前編)「中国のEVは、数はすごいけれども質はまだまだなんですよ」

(中編)「インテリジェントカー分野は中国が一歩リードしてますかね」

(後編)「日中それぞれのやり方で次世代自動車をつくりましょう」

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 次世代エコカー勉強会〈16時限目〉国土交通省が『自動運転車の安全技術ガイドライン』を策定 – 日本は世界最高峰の安全性を誇る自動運転車を登場させる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈16時限目〉国土交…

    レベル3~4の自動運転車に 10の安全要件を求める 国土交通省は、9月12日に『自動運転車の安全技術ガイドライン』を公開した。 これは、「自動運転システムが引き…

    2018.10.09更新

  • BookReview⑭『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』‐MaaSが導入されれば、みんながフェラーリに乗れるかも?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑭『MaaS モビリ…

    スマホのアプリではじまる 移動のための便利なサービス 『MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)』とは、いったい何か? この本に書かれていることを元にして、で…

    2019.04.09更新

  • 2017年の注目ニュース② 自動運転の最高位が「レベル5」になるらしい。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース② 自動運転の最…

    このコーナーで昨年(2016年)の6月、「自動運転車は技術の度合いに応じて区分がレベル1からレベル4まである」と書いた。ところが、その半年後となる12月、その区…

    2017.03.13更新

  • みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:EV時代の刺激的アプローチ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:E…

    IT企業がEV開発に挑戦 いま、世界中で自動車メーカー以外の企業がEV(電気自動車)の開発・販売に積極的に乗りだしている。 それは日本においても同様。9月29日…

    2017.11.02更新

  • 閑話休題シリーズ「自動運転ってなに?〈レベル1編〉」①安全運転支援システムが単独で搭載されているクルマも自動運転車なのである。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    閑話休題シリーズ「自動運転ってなに?〈レ…

    夢のクルマであったはずの自動運転車が、現実のものとなる気配が濃厚になってきた。ということで取り急ぎ学習会をスタート。間欠的にではあるが「自動運転ってなに?」をシ…

    2016.06.14更新

  • Book Review⑥『2018年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)~ EVを販売台数で語るのではく、夢の実現度で語ろう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑥『2018年版 …

    出版3日前にトヨタが電動化施策を発表 2018年版の『間違いだらけのクルマ選び』が発売される3日前、2017年12月18日、トヨタ自動車株式会社が「電動車普及に…

    2018.01.17更新

< 前のページへ戻る