ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

「トラック隊列走行実証実験」ルポ~トラックの自動運転はなにをもたらすのか?(前編)

2018年7月5日更新

トラック隊列走行_1_web

CACCで繋がったトラック隊列が
極端に短い車間で新東名を走った!

「あと1分ほどでトラックがやってきます!」

寒風吹きすさぶ跨道橋で待機していた報道陣は、その声を合図に一斉にカメラを高速道路上に向けた。ゆるい右カーブを曲がりながら走行車線上に3台の大型トラックが姿を現した。

スピードはそれほどでてはいないが、3台の車間距離はかなり短かった。高速道路における車間距離は、時速100キロであれば100メートルが必要とされているが、わずか30~40メートルほどしかなかった。

事前に知らされていたところでは、先頭車両のドライバーは普通に運転操作をするものの、後続の2台のトラックはCACCというシステムで車間調整しているために、ドライバーはアクセルワークとブレーキングはまったく行わないとのことだった。つまり、極端に短い車間は自動制御の賜物だったのである。

レベル2とはいえ最新の自動運転技術で連なるトラックの隊列が、新東名高速道路という公道をほかの一般車両とともに走っている。この事実を目の当たりにし、われわれ取材班は驚きに近い感動を覚えた。遂にこういうことが現実に行われる時代になったのか、と。



経済産業省と国土交通省の主導の元、
4つのトラックメーカーが実験に参加

2018年の1月23日から25日まで、経済産業省と国土交通省の主導による「トラック隊列走行実証実験」という公道実験が実施された。

この実験は、CACC(コーペラティブ・アダプティブ・クルーズ・コントロール)という協調型車間距離維持支援システムで繋がった3台のトラックを、新東名高速道路の浜松サービスエリアと遠州森町パーキングエリアのあいだ約15㎞を隊列を組ませて往復させるというもの。三菱ふそうトラック・バス、いすゞ自動車、日野自動車、UDトラックスの4メーカーのトラックが使用車両となっていた。

トラック隊列走行_2_web

「2020年度に無人の隊列を実現し、
2022年度には商業化をめざす」

1月23日午前11時、実験に先立って行われた現地説明会では3名の関係者が実験の概要について語った。
まず、経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室の垣見直彦室長が全体像を説明した。

トラック隊列走行_3_web

「(既に欧州などでは同メーカーのトラックがCACCを搭載して隊列を組んで公道を走る実験が行われているが)異なるトラックメーカーが製造したトラックを用いてCACCによる実験を行うというのは、公道では世界初となる」

「(今回はハンドリングは有人で行うが)2019年の1月に無人で走ることができる隊列走行を、安全保安要員を乗せる形で高速道路上で実証実験する。その後は、2020年度に新東名で無人の隊列を実現させる。その上で、早ければ2022年度に商業化をめざす」

「なお、今回の実証については、特段の法規制の緩和などは必要なかった。ただ、来年の1月の実証実験をするためには、車間距離とか全体の長さの問題(全長規制25メートル)とか、いくつか法規制があり、それを国土交通省や警察庁のほうに今年の10月までに緩和をしていただくということになっている」

「実用化された暁には
ドライバー不足の問題などが解消できる」

実験を経たのちの将来的に実用化されたときのメリットについては、国土交通省 自動車局 技術政策課 国際業務室の佐橋真人室長が次のように述べた。

トラック隊列走行_4_web

「現在のトラック業界はドライバー不足という問題を抱えている。(今回は有人で実験を行うが)後続車両が無人のトラックの隊列走行というのは、この問題を解消し、トラック業界の生産性向上に繋がるものと考えている」
(経産省の垣見直彦室長の追加発言:トラックが車間距離が短い状態で隊列をつくって走ると空気抵抗が減るので燃費低減が期待できるし、道路が効率的に使えるというメリットもある」)

「ACCに通信機能を付加したCACCは
変動の少ない車間距離維持が可能」

実験に使用するトラックに搭載したシステムについての説明は、日野自動車株式会社 技術研究所の榎本英彦所長が行った。

トラック隊列走行_5_web

「すでに各社のトラックにはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)と呼ばれる装備がされている。これはミリ波レーダーやカメラを用いて車間距離を一定に保ち、アクセルやブレーキの操作をすることなく追従走行できるものとなっている」

「今回、4社で共同開発したシステムはCACCといい、ACCの頭にC(コーポラティブ:協調型)がつくものとなっている。すなわち、通信で先行車の制御情報を受信して、加減速を自動に行えるようにするシステムで、従来のレーダーやカメラだけの車間距離維持機能よりも変動を少なくして制御が行うことができ、多少、クルマが混雑した状態になっても制御をつづけることができる」

CACCのシステム概要web

※経済産業省資料『CACC技術を活用した後続車有人によるトラック隊列走行の実証実験 』をもとに作成



さらに、榎本所長は、実験における課題や調査の内容についても言及した。

「今回の隊列走行は、テストコース上では十分に評価をやったうえで公道の実験に臨んでいる。そういった意味で、基本的な機能についての懸念はない」

「しかし、公道ではいろんなことが起こり得る。今回は、そういったことを抽出して、解決していくことが課題になると考えている」

「また、今回は周囲を走る一般のドライバーの受容性(反応や意識など)の調査も行なう。3台の隊列の後方の観測車から撮影する映像などで、それを確認していきたい」

説明会が終わったあとの午後12時、CACCで連なる3台の異なるメーカーのトラックの隊列(実験走行では4台のうちの3台のみをCACCで繋げて隊列化していた)が、公道である新東名高速道路の上り方向の車線に入った。

それこそは、われわれ取材班に驚きに近い感動を覚えさせた世界初の実験がスタートした瞬間だった。
(後編につづく、文:みらいのくるま取材班)

トラックの自動運転はなにをもたらすのか?(前編)

トラックの自動運転はなにをもたらすのか?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview⑮『CASE革命 2030年の自動車産業』- CASEは、たった一字違いのCAFEで推進力が増している。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑮『CASE革命 2…

    トヨタが電動車550万台販売を5年ほど前倒ししたワケとは?トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2015年に公表した『トヨタ環境チャレンジ2050』を、2…

    2019.07.09更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(5) 新エコタイヤはEVのよさを加速させる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(5)…

    第45回東京モーターショー2017の最後のルポとして、ロータスの提携企業であるブリヂストンと横浜ゴムのブースに展示されていた最新のエコタイヤについて紹介したい。…

    2017.11.09更新

  • 電気自動車はエコなうえに、走りもすごい!〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    電気自動車はエコなうえに、走りもすごい!…

    『みらいのクルマLAB』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。2時限目は「電気自動車(EV)」にスポットを当てる。まずは、一見シンプルなようで、…

    2016.03.04更新

  • 【NEWS】ロータスクラブが日本EVクラブに加盟 ~ 全国1,000以上の整備会社がEVシフトを支援

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【NEWS】ロータスクラブが日本EVクラ…

    5月22日に宮城県で加盟発表会を開催自動車整備業界をけん引する全日本ロータス同友会(通称:ロータスクラブ)は、EV(電気自動車)を中心にエコカーの普及活動を…

    2018.05.29更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』④・・・「EVで旅すると電気エネルギーのありがたさが身に染みる」(寄本好則)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    EVはエコではあるがゼロエミッションではない走るときも給電するときも、EVから排気ガスはでない。しかし、完全なるゼロエミッションを達成しているのかというと…

    2018.06.26更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

< 前のページへ戻る