ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(21) 『電気自動車メカニズムの基礎知識』 – 文系だって大丈夫。EVへの誤った理解を正してくれる貴重な一冊!

2020年10月13日更新



機械に疎いヒトでも
EVのメカニズムが理解できる

この本は、電気自動車すなわちEVのことを歴史、種類、部品、充電システムごとに概説してくれている。

いわばEVの教科書。読めば、これまで何となくしか理解していなかったEVのメカニズムのことがよくわかるようになるし、「へえ、そうだったんだ」という気付きがいっぱいもらえるようになっている。しかも、基礎的な内容なのだが、突っこむところはしっかりと突っこんでいる。

例えば、「EVとはどんなクルマ?」と問われると、だいたいのヒトは「バッテリーとモーターで走るクルマ」と答えるわけだが、この本を読み進めていくと「EVはバッテリーとモーター、それにインバーターで走るクルマ」と答えたほうがより適切だということが見えてくる。

以下は、その理解を促す記述の要約である(加筆あり)。

・モーターには直流モーターと交流モーターがある。

・EVのモーターは当初から近年に至るまで直流モーターが採用されてきた。

・その理由は、交流モーターは同じ出力を出すのに軽量小型化できる利点があるにしても、回転数を細かく制御するときに周波数の制御も行う必要があり、それがなかなかうまくいかなかったからだ。

・そのため交流モーターは、基本的に水汲みポンプや電気カミソリなどの回転数の変化が不要な機器に使われるものに限定されてきた。

・ところが、発達したIC技術を使ったインバーターが登場して周波数が自在に仕業できるようになると、がぜん交流モーターが動力源として注目されだした。

・最初は鉄道用として使われだし、その応用で電動のクルマにも使用が広がった。

・いまや、市販のEVのモーターのほぼ100%がこの交流モーター。そこにはインバーターが不可欠なものとして搭載されている――。

CO₂の排出ゼロが必要なのは
クリーンが目的ではない

さらにこの本は、EVに関して持ちがちな誤解の是正もしてくれる。

われわれはよく「EVはCO₂を排出しないからクリーンなクルマ」という言い方をするが、これは厳密にいうと間違った表現となるらしい。

どうしてか?

以下は、それに関する記述の要約である(加筆あり)。

・自動車の排ガスで問題になるのは、ガソリンエンジンならCO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)で、ディーゼルエンジンならPM(粒子状物質:スス)、NOxが主なところである。

・現在、これらは有害な成分として世界中で排出量が厳しく制限されるようになっている。

・しかし、CO₂はこれらと同列ではない。なぜなら人間も酸素(空気)を吸ってCO₂を吐き出すなどしており、決して有毒とは言えないからだ。

・CO₂排出ゼロはクリーンを目指すためということではなく、温暖化を食い止めるためなのである(そこを取り違えてはいけない)。

この本は、ことほどさように専門的なことをとても平易に解説してくれながら、われわれの大ざっぱすぎる理解を少し深めてくれ、かつ正しい方向へと導いてくれる。これからのEV時代を生きていくためには必読の書といっても過言ではないのである。

260万円のEVが出る前に
EVの基礎を学んでおこう

ところで最近、欧州のメーカー勢のEV発売ラッシュの中、ホンダ初のEVであるHONDA-eが発売されたり、日産の新しいEVのアリアが発表されたりと、久々に国産EV関連のニュースが続いている。

ついにEV時代の本格化か、という感じになってきているわけだが、コロナ禍で消費が冷え込んでいるのに加えて、価格が高いという事実もあり、世間はいまいち盛り上がりに欠けている。逆に「まだまだEV時代の本格化とはいえないよ」という声が聞こえてくるほどだ。

となると、この本も必読とするには時期尚早と見られる可能性がなくもないわけだが……。

皆さんは9月22日にテスラのイーロン・マスクCEOが、3年後をメドに2万5000ドル(約260万円)の新型車を発売する意思があることを表明したのはご存じだろか。

「えっ、マジ?」と驚くような内容。でも、これまでのテスラの革命的な動きの数々を振り返ると、決して“ふかし”ではないような感じが強くしてくる。

はたして結果はどうなのか?

確かなことは言えないにしても、本当にそうなるのだとすれば、EVはいきなりクルマ市場のど真ん中にくるはずだ。そして、他メーカーも廉価なEVの開発・発売に懸命となるに違いない。たぶん、それは価格面からくるEV時代の本格化の真の夜明けということになるだろう(性能面では既にガソリンエンジン車と対抗し得るポテンシャルを持ちつつあるので)。

3年後なんてすぐだ。今のうちからこの本でEVの基礎をしっかり学んでおいて決してソンはないと思う。(文:みらいのくるま取材班)



『電気自動車メカニズムの基礎知識』
・2019年9月13日発行
・著者:飯塚昭三
・発行:日刊工業新聞社
・価格:2,200円+税

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview⑰『2020年版 間違いだらけのクルマ選び』 – 史上初めてEVが[今期のベスト3台]に選ばれた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑰『2020年版 間…

    テスラ・モデル3は本物2019年は、新しいEVの発表や発売が相次いだ。特に欧米のメーカーからのEVラッシュがすごかった。著者・島下泰久氏は自動車ジャーナリス…

    2020.01.23更新

  • 次世代エコカー勉強会〈17時限目〉EVの駆動用バッテリー(前編)ノーベル賞に輝いたリチウムイオン電池だが2025年に進化の限界がやってくる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈17時限目〉EVの…

    EV(電気自動車)の心臓とも例えられる駆動用バッテリー。現在、ほとんどのEVが駆動用バッテリーとして、リチウムイオン電池を搭載している。実は、「リチウムイオン電…

    2020.07.07更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 前編】「27万7000㎞を乗り続けるほどに惚れ込んでいる一台です」(金倉弘樹さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    i-MiEV発表10周年を記念した三連続インタビューの最後を飾るのは、一般向け発売が始まってすぐに購入し、今も乗り続けているユーザーの金倉弘樹さん。いいところだ…

    2019.12.19更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    トコトンむずかしいが第1章はわかりやすいさて、ようやく書評である。この『トコトンやさしい電気自動車の本』は、いわゆるロングセラー本である。2009年に初版…

    2017.02.13更新

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険(後編)「月額100円の特約保険料でテレマティクス自動車保険に加入できるようになります」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス…

    月額850円のドラレコ設置でテレマティクス化する保険あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)の『タフ・見守るクルマの保険プラス…

    2020.10.13更新

< 前のページへ戻る