ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈13時限目〉EVの電池の大容量化に対応するCHAdeMOの急速充電器(後編)

2017年10月6日更新

13時限目web日本発の規格であるCHAdeMO方式の急速充電器は、世界に先行した試みであったが、まだ世界標準になっているとは言えない。EV・PHEVの重要なインフラである急速充電器の世界地図を見ていこう。

CHAdeMOの好敵手は「コンボ」

世界中で設置を進めている急速充電器は、CHAdeMO方式のものだけではなく、いろいろとある。そのなかでも、欧米を中心として展開されているCombined Charging System(通称コンボ)という方式の急速充電器の存在感は大きい。

このコンボ規格が発表されたのは2012年のことで、実際の開発と設置はそのあとからはじまっている。CHAdeMOよりずいぶんと遅いスタートだった。

ところが、それに準拠することを表明した自動車メーカーがすごかった。GM、フォード、クライスラー、BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェといった欧米の錚々たる大手自動車メーカー8社が名を連ねた。その結果、欧米のマーケットではコンボ方式が浸透している。

しかも、このコンボ方式、性能もなかなか優れており、普通充電と急速充電の両方を1つの充電コネクターでできるようになっていた。そして、もっとも大きい出力の急速充電器は200KWという設定で、CHAdeMOが今回設定した150KW(未設置もしくは設置開始準備中)を既に凌いでいた。

《急速充電器の規格》

 急速充電器の規格

※CHAdeMO協議会の2014年の資料より



さらに、行政側の動きも大きな脅威となっていた。2013年頃にEUが、出自が身近なコンボ方式を地域の公的な急速充電器として指名しようとしていたのである。

世界を制覇するという観点からいうと、CHAdeMO側の形勢は非常に不利な状況といえた。一部では、「CHAdeMOは、いまのところ設置実績は上だが、いずれ日本を中心としたガラパゴス規格となる怖れがある」と囁かれもした。

デュアル方式の登場で大団円?

では現在、その競争状況はどうなっているのか?

前編で紹介したとおり、CHAdeMOの急速充電器は世界各地で設置実績を順調に伸ばしている。そして、一方のコンボの設置も同様に伸長をつづけている。

どういうことなのか?

じつは急転直下の状況変化があった。EUは一時期、「公共の急速充電器はコンボ方式に限定する」という内容の法案を採択する方向であったが、2014年に修正が加えられ、コンボ方式とCHAdeMO方式の併存を正式に認めた。それによって、欧州においてはCHAdeMOとコンボの両方が使えるデュアル方式の急速充電器(マルチ充電器)の開発と設置が進むようになった。競争は、そこで自然と霧散する形となったのである。

EUが態度を変えたのは、既に欧州での設置実績をもっていることを背景としたCHAdeMO側のロビー活動が功を奏したといわれている。その詳しい内容は知る由もないが、おそらく、「主役は、あくまでクルマであり、ユーザーである」という当たり前のことが再認知された結果であろうと考える。そして、急速充電器のコネクターの違いを争そうよりも、EV・PHEVの普及を促進することに主眼が置き替えられたということではないだろうか。

ということで、今後は、日本においてもデュアル方式の急速充電器が多く登場することを待ちたいところだ。CHAdeMO方式が150KWの大出力となっていくなかで、それが進んでいけば、われわれユーザーは、いま以上に自分好みのEVが選びやすくなる。もし、それができないようであれば、ガラパゴスならぬ鎖国となり、日本のEV文化の先行きが危ぶまれる。そんなことはだれも望んでいないだろう。これからの急速充電器のフェアな開発および設置の推移を見守っていきたい。(文:みらいのくるま取材班)

画像提供:CHAdeMO協議会

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 『CEATEC JAPAN 2018』ルポ(前編)‐スマホ化したクルマはとても楽しいのである。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『CEATEC JAPAN 2018』ル…

    『CEATECJAPAN2018』が2018年10月16日~19日、千葉県にある幕張メッセで開催された。会場には「インターネットにつながるクルマ」が多数展示…

    2018.11.12更新

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第4戦レポート③ EVレースを盛りあげるのは、やっぱり熱いレース魂なのである!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第4…

    目指すは3年連続の年間チャンピオンいろんな意味で熱いレースが終わった直後、エアコンがしっかりと効いたサーキットの管制塔内の一室で表彰式が行われた。全クラス総…

    2020.08.25更新

  • BookReview ⑦『自動車会社が消える日』~日本のメーカーのEV化はまあまあだが、自動運転化はイマイチ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑦『自動車会社が消…

    刺激的なタイトルには裏づけがある『自動車会社が消える日』とは、なかなか刺激的なタイトルだ。いったい、どういうつもりでこんなタイトルをつけたのだろうか?著者…

    2018.02.28更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 後編】「大ヒットはしなかったけれど、世界にEV化の波を起こした功績は絶大でしょう」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    かつて三菱自動車に在籍していた堤健一さん(株式会社LTE代表)は、マーケティングやインフラ整備支援などを通してi-MiEV(アイ・ミーブ)の販売をサポートした。…

    2019.11.21更新

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

< 前のページへ戻る