ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

Book Review②クルマ愛に溢れた未来予測『2017年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)

2017年4月5日更新

間違いだらけ_web

ご存じ『間違いだらけのクルマ選び』は、直近に発売されたクルマへの論評・採点で人気の本なわけだが、この2017年版には、みらいのクルマに関する情報もいっぱい詰まっている!

こだわりの徳大寺氏から
柔軟思考の島下氏へ

最初の『間違いだらけのクルマ選び』は、41年前の1976年に出版された。
故・徳大寺有恒氏による的確かつ辛口の論評・採点が受けて大ヒットした。以降、中断はあったものの、いまに至るまで毎年の出版がつづいている。

徳大寺氏亡きあとの2014年版からは、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務める自動車ジャーナリストの島下泰久氏が執筆を担当している。

「なんだ、徳大寺さんじゃないのか」という声が聞こえてきそうだが、心配はいらない。氏は2011年版から徳大寺氏とともに執筆をしていたこともあって、本の基本的な構成・トーンはあまり変わっていない。そして、決してメーカー側の太鼓持ちとならず、読者の正しいクルマ選びに役立つことを一番に考えて書く姿勢も相変わらずだ。

あえて変わったところを挙げるとすれば、氏の筆が少し軽いことだろうか。徳大寺氏のようなスノッブで頑迷な印象がない。これは、悪くいえばこだわりが薄いということになるが、よくいえば柔軟に思考を展開させているとなる。いまという時代は、ユーザーの嗜好が多様化していて、かつクルマの技術革新のスピードが著しい。それを考えれば、この軽い筆致、そう悪くはない。いや、むしろフィットしているといえる。つまり、島下版の『間違いだらけのクルマ選び』は、いい伝統を引き継ぎながらも、時代に即した形でまとまっている本なのである。

だから、「徳大寺さんじゃないから、もう読みたくない」というのは、非常に損な話となるわけだ。

クルマの未来を照らすエッセイ

この本の売りは、なんといっても直近に発売されたクルマへの論評・採点のページだろう。だが、じつは読み応えという点で、前半に収められているエッセイのページの読書もはずせない。筆者が考えるいいクルマ選びのコツはもちろん、クルマやクルマ文化のあるべき姿についての真摯な考察・提言は、読み飛ばすにはあまりにもったいないほど充実している。これは、第一弾からずうっとつづく、この本独自の伝統となっている。

では、そのエッセイ、どれくらい読み応えがあるのかということだが、2017年版について触れる前に、第一弾の『間違いだらけのクルマ選び』のエッセイをちょっと振り返っておこう。
当時、エコや安全性は、クルマの魅力を語るうえにおいては二の次のもので、ユーザーもメーカーもあまり重要視していない節があった。そんななか、徳大寺氏はこんなことを書いていた。
(草思社webサイトの特設ページで第一弾と第二弾の『間違いだらけのクルマ選び』が無料で公開されてる。http://www.soshisha.com/book_wadai/42car/index.html

〈クルマというヤツ、やたらと資源を食う代物だ。人類共有の財産である自然資源には限りがあり、このままでいけば、いずれ資源はゼロになってしまうと言われている。クルマのユーザーも、そろそろグローバルな視点から資源問題を考えるべき時ではないだろうか〉
(エッセイ「省資源を忘れた時代遅れの排ガス規制」より)

〈安全上不可欠なこのシートベルトのシステムが、高級車と大衆車で違うというのは、いったいどうしたことだろう。(中略)高価格車だと、使い勝手のよい三点式ベルトを採用している。これは、ワンタッチで三点式ベルトが締められ、しかも緊急時以外はドライバーの行動はかなり自由という便利なものなのだ。少々高価かもしれないが、(中略)すべてのクラスの車種にぜひとりつけてもらいたいベルトシステムである。それでこそ、安全第一というメーカーの看板に偽りがないということになるのではなかろうか〉
(エッセイ「国産車の安全対策はどこまで信頼できるか?」より)

〈安全性でいつも世界の見本となるのが、西ドイツのメルツェデス・ベンツ。この会社の特徴は、安いクルマ(中略)から高級車(中略)まで、安全性に対するポリシーが一貫しており、装備がまったく変わらないということだ。さらに、この会社の安全性に対するポリシーは、能動的、つまり事故を起こさないようにすることと、受動的、つまり事故が起きた時の対策という、二つの視点から迫っている。(中略)国産車メーカーは、メルツェデスから学ばねばならぬことがたくさんありそうだ。まず安全性については、安いクルマも、高いクルマも同じだというポリシーの確立。それに能動的安全、つまり事故を起こさないことへの配慮だ。とくにこの二点については、日本のメーカーははなはだしく立ち遅れているのではないか〉
(エッセイ「事故を起こさない装備こそ本当の安全対策だ」より)

いずれも、先見の明がありすぎる記述といえる。
みらいのクルマのことを知る上において、『間違いだらけのクルマ選び』のエッセイは見落とせないのである。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview ⑨『小説EV大戦争』~勧善懲悪を楽しみながらEVのことが学べる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑨『小説EV大戦争…

    中国はEV大国をめざしているいま中国は、EV化路線をひた走っている。近年は、「NEV(NewEnergyVehicle=新エネルギー車)購入者への補助金…

    2018.05.29更新

  • 2016後半の注目ニュース① 歩行者にはうれしい。HVなどの車両接近通報装置搭載の義務化〈後編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース① 歩行者には…

    2018年から音が大きくなって消せなくなる前編で述べたように、ハイブリッド(HV)車などの静音問題は対応したようで対応していない状態が続いてきた。それに対し…

    2016.11.14更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 前編】「世界初の量産型EVの普及を支える仕事に使命感を持って取り組んだ」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返っておきたいと思う。それは、この先10年、20年に展開するであろう電気自動車(EV)の普及に、何が…

    2019.11.21更新

  • JEVRAに聞いた「EVレースの楽しみ方」(前編)世界に先駆けてはじまった全日本電気自動車グランプリシリーズ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    JEVRAに聞いた「EVレースの楽しみ方…

    あまり広くは知られていないが、日本では全日本電気自動車グランプリシリーズという本格的なEVレースが開催されている。これは、いったいどんなレースなのか?今回われ…

    2020.05.22更新

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第4戦レポート② テスラモデル3の強さが際立つなか、驚きのバトルも目撃できたぞ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第4…

    疾風のようなホールショット全日本EVグランプリシリーズ第4戦の決勝レースが始まる午後3時過ぎ。気温は36℃に上昇し、湿度は80%を優に超えていた。真夏の27…

    2020.08.25更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ① アクセル全開で楽しみながらCO₂の削減を!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    天高くEV駆ける秋。よく晴れた11月3日土曜日、一般社団法人日本EVクラブが主催する『日本EVフェスティバル』が筑波サーキット・コース1000で開催された。…

    2018.11.22更新

< 前のページへ戻る