ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(52)『日本メーカー超進化論』―充電インフラが不十分にもかかわらずEV化が進むタイ。日本車の牙城は崩壊必至!?

2024年5月29日更新

BookReview_52_1

近ごろ、世界各所でEVの普及が鈍化している。逆に、HVやPHEVの売れ行きが好調だ。

これを受け、「やはりEVは時期尚早」「使い勝手がよく環境性能もいいHVとPHEVを選ぶのが合理的」「エネルギー事情や市場のニーズに見合った電動車の投入を決めるマルチパスウェイ路線が正しい」などの声が多く聞かれるようになっている。

それらは一面の真理をついている。だが、全面の真理ではないだろう。

現在、世界は間違いなくカーボンニュートラルへと向かっている。いずれ世界中でCO2を排出するガソリンエンジン搭載車がなくなるのは自明のこととなっている。それを考えれば、HVやPHEVの隆盛が一時的な揺り戻し現象に過ぎないとすぐに理解ができる。今後、EV普及が徐々にではあっても加速し続けていくことは明らかだ。実際、2026年前後をピークにハイブリッド車が減少に転じ、再びEV普及が加速するとの予想を立てる専門家は少なくない。

好調だからといっていつまでもHVやPHEVにこだわり続けると、近い将来、痛い目に遭う可能性が大きいのである。

タイを席巻しつつある中国EV

本書の著者も同じような考えを持っている。

この本は日本の製造業全般の衰退を嘆き、復活への提言を行う1冊なのだが、その中で大部を割いて日本の自動車メーカーのEV化への取り組みの遅さとそれによる悪影響に言及し、早く取り組みを強化しないと大変なことになると訴えている。

著者が自身の目で見てきたタイの現状報告はかなりショッキングだ。

元来、タイは日本車メーカーの一大製造拠点だった。タイ国内を走るクルマの多くも日本のエンジン車ならびにHV・PHEVであった。

ところが近年、中国メーカー、特にBYDとNETAによるEVの製造・販売面の躍進が著しくなっている。例えば、2023年12月の同国でのEV販売シェアは補助金の効果もあって20%と高くなっているが、そのほとんどを中国メーカーのEVが占めていた。日本メーカーのEVはベスト10にも入っていない。今後、中国メーカーがタイでのEV製造と販売を本格化させていけば、やがてタイが中国車メインの市場に変貌することは避けられない。

日本のメーカーは、なぜこうした劣勢の到来を指をくわえて眺めていたのか。おそらく、マルチパスウェイの考えに基づき、充電インフラの整っていないタイをエンジン車ならびにHV・PHEV市場と見て、EV普及は当分ないと捉えていたためだろう。そんな市場に、中国のメーカーがまさか本気で乗り出すとは思ってもみなかったに違いない。著者にいわせれば、日本メーカーはEVに関しては鈍感過ぎる状態にあったのである。

〈この章で、どうしてタイの現況を扱ったかといえば、EV市場の動向を知るにはうってつけだということがまず一点です。もう一点は日本の製造業の足下がいかに危うくなっているかがわかりやすいということ。日本にとって中国企業が大変な脅威になっているにもかかわらず、そのことに対して日本企業が鈍感すぎることがさらに問題を大きくしている……。そういう構図がハッキリと示されているのがタイだからです。日本の自動車業界だけでなく、製造業全体、そして政府や経済界が切迫感を醸成していくことが喫緊の課題になっています〉

現時点のHV、PHEV隆盛は日本メーカーにとっては甘いうたかたの夢。早く目を覚まして厳しい現実を直視し、しっかり対峙・対応していかなくてはならないのである。

BookReview_52_2

『日本メーカー超進化論 ~デジタル統合で製造業は生まれ変わる』
・2024年4月1日発行
・著者:ものづくり太郎
・発行:KADOKAWA
・価格:1,760円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本EVクラブ『SDGs Urban Electric Four-Wheeled Ice Sports』プレゼンテーションイベント ルポ② 氷上のドリフトに氷の粒が舞い、スケートリンクに笑顔があふれた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ『SDGs Urban E…

    多士済々のドライバーが走行『SDGsUrbanElectricFour-WheeledIceSports』プレゼンテーションイベントの氷上走行は、…

    2019.08.06更新

  • 『第11回オートモーティブワールド』ルポ(中編)「インテリジェントカー分野は中国が一歩リードしてますかね」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第11回オートモーティブワールド』ルポ…

    深セン市にある企業のCEOに直接インタビューを敢行!前編では、匿名希望の中国人男性の「中国のEVの数はすごく多いが、質は日本が上」という意見を紹介した。し…

    2019.02.12更新

  • 第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート②―2日間のトレーニングで「交通事故」への向き合い方が変わった!(寄稿 橋本愛喜)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレー…

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」に参加した、フリーライターの橋本愛喜さんに体験記を寄稿してもらった。橋本さんは、自身がトラックドライバーであった…

    2021.12.09更新

  • 2021全日本EVグランプリシリーズ 第5戦 レポート②―序盤に展開あるも、チャンピオンは嫌みなほどに強かった!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2021全日本EVグランプリシリーズ 第…

    予選時ほどではないが、雨は依然としてポツポツと降っていた。コース上は全面にわたって黒く濡れ、場所によっては水たまりもできていた。2021全日本EVグランプリシ…

    2021.08.27更新

  • 東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート②―秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にと  って再び軽EV元年になる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    東京オートサロン2022[三菱自動車]レ…

    時代の風に乗った朗報東京オートサロンの三菱自動車ブースには、軽EVのコンセプトカー「K-EVconceptXStyle」だけでなく、新型アウトランダーP…

    2022.01.27更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ② 青年はEVマシンを駆るプロレーサーの夢を見る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ②…

    電気カート(ERK)やコンバートEVでレースに挑む人たちの中には、エンジンが載ったマシンでもレースに参戦しているという人もいる。彼らの胸中には、「EVは好きだけ…

    2019.12.05更新

< 前のページへ戻る