ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第2戦レポート(前編)―予選のタイム争いは、プラッドのKIMI選手がレベチの速さでポールを獲得!

2024年5月15日更新

EV-GP 2024 Rd.2 1-1

新しいドライバー、新しいクルマ、新しいチーム、そして未曽有のレース展開。

曇天の4月27日(土)、筑波サーキットで開催されたALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第2戦「全日本 筑波 EV55㎞レース大会」は注目の初参戦がめじろ押し。想像を超えた劇的なトップ争いも加わり、大いに盛り上がりを見せた。

“筑波1分切り”間近のタイム

午前11時から全15台で争われた予選。EV-1クラス(モーター出力250kW以上)にエントリーした「筑波1分切り」の実力を持つテスラ モデルSプラッドの2台が異次元の速さを見せつけた。

開始早々にコースインしたKIMI選手(#35 GULF RACING)は、他の車両で混み合う中で1分2秒418のトップタイムを記録。その後すぐにピットインし、ライバル余郷敦選手(#100 Team TAISAN)の出方を待つ。

EV-GP 2024 Rd.2 1-2

余郷選手はコースが空くのを待って残り数分のタイミングでコースイン。高い集中力を持ってタイムアタック。わずか2周目で筑波におけるEVレースの最速タイム1分01秒308を刻み、KIMI選手を上回る。

EV-GP 2024 Rd.2 1-3

それを見たKIMI選手はすかさず再度のコースイン。クリアとなったコースを全力で疾走。最後の一発で1分00秒995という1分切り間近のタイムを叩き出し、最速タイムをさらに更新。

異次元のタイム争いはKIMI選手に軍配。KIMI選手は開幕から2戦連続のポールポジション獲得となった。

EV-GP 2024 Rd.2 1-4

ただ、すごいのはプラッドだけではなかった。

昨シーズンまで最速を誇ったテスラ モデル3パフォーマンス勢(EV-1クラス)もさすがの走りを見せた。

かつての年間総合チャンピオン地頭所光選手(#0 Team TAISAN)は1分01秒804というプラッド勢に肉薄するタイムで3番手につけた。また、今戦が初参戦となったドリフトキングこと土屋圭市選手(#1 TeamTAISAN)は初EVレースにもかかわらず1分03秒123の好タイムを出し4番手につけた。

筑波サーキットは比較的ストレートが短くコーナーが多いコース。レース展開とドライビング次第では500馬力のモデル3勢にも大いに勝つチャンスありと思わせた。

EV-GP 2024 Rd.2 1-5
EV-GP 2024 Rd.2 1-6

混戦かワンサイドか

決勝前、上位4名のドライバーに予選の手応えと決勝への意気込みを聞いた。

EV-GP 2024 Rd.2 1-7

ポールポジション獲得となったKIMI選手は「前回の予選は抑え気味だったが今回の予選は全開で走った」と言いつつ次のように語った。

「全開で走るとノーマルのエアサスペンションがぐにゃぐにゃして、非常に走りにくかった。ただ、決勝ではバッテリーの持ちを考えて、7割のアクセル踏み加減で走るから、きっとそんな悩みも減るはず。できれば2連勝を狙いたい」

EV-GP 2024 Rd.2 1-8

2番手の余郷選手は、今回がモデルSプラッドでの初レース。「速すぎて怖かった」と苦笑しながら、勝利への決意を語った。

「このクルマ、前戦は早々に熱ダレして戦闘力を失ったが、それはすでに改善されている。僕がプラッドの異次元の速さに慣れさえすれば、きっといい勝負ができる。頑張って優勝を狙いたい」

EV-GP 2024 Rd.2 1-9

3番手の地頭所選手は、今季初レース。「今戦はTeam TAISANの千葉常泰代表が不在なため、僕がレーサーと現場監督の両方を兼ねることになった」とチーム事情を明かしつつ、決勝で敢行しようとする作戦を教えてくれた。

「チームは余郷選手に2年連続の年間総合チャンピオンを獲らせたい考えを持っている。なので、決勝は余郷選手が早い段階でKIMI選手の前に出て、僕がそれを全力でサポートする形に持っていきたい。今回、自分の勝利は二の次になると思う」

EV-GP 2024 Rd.2 1-10

4番手の土屋選手は、モデル3での初のタイムアタックについて「車重1900㎏のモデル3は、ボトムスピードでの コーナリングはクリップまではそこそこいけるが、その後がやっぱり重かった。あとブレーキがONかOFFかのガッコンブレーキで、理想のブレーキコントロールがなかなかできない悩みもあった。こうした特性がわかって走っていれば、あとコンマ5秒は縮められたかなと思う」と冷静に分析しつつ、決勝でどう戦うかを語ってくれた。

「チームからは『決勝はアクセル50%ぐらいで走れ』と言われている。だけど、何をどうすれば50%になるのかがまったくわかっていない(苦笑)。だから、序盤は周りを見ながら走る感じになると思う。そこから感覚をつかんで自分なりの走りをし、最後は表彰台を目指したい」

漂う混戦必至の予感。

レースを主催するJEVRA(日本電気自動車レース協会)の富沢久哉事務局長は、しかし、こんなワンサイドの予想を語ってくれた。

「予選ではモデル3もいい線いったが、やはりプラッドの強さが際立った。特にグリップのいい21インチタイヤを履いているKIMI選手のプラッドの速さは尋常ではなかった。ノーマルのエアサスがぐにゃぐにゃするらしいが、決勝もあのタイヤがあればなんとかなるだろう。よほどのことがない限り、KIMI選手が勝つような気がする」

結果やいかに!?

EV-GP 2024 Rd.2 1-11

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第2戦レポート

(前編)予選のタイム争いは、プラッドのKIMI選手がレベチの速さでポールを獲得!

(後編)スタートで大失敗も、KIMI選手が全開ごぼう抜きで2戦連続のWin!

(付編)EVレースがより面白く華やかに。時代の風に乗ったニューカマーが続々参戦!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビニエンスな燃料電池車〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビ…

    コンビニエンスストアで水素の素が買えるようになる!?次世代エコカーの代表といえば電気自動車と燃料電池車だが、普及の可能性においては、いまのところ電気自動車の…

    2016.09.16更新

  • EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 舘内端 ④「街の整備工場はEVサービスの発信基地になるべきです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 …

    次世代車取扱いを目に見えるように―EV時代の到来する中で、ロータスクラブも、2016年から「次世代車取扱認定店制度」を進めています。これは全国で1600社を…

    2018.12.20更新

  • 次世代エコカー勉強会〈16時限目〉MaaS―スマホひとつでさまざまな交通手段・各種サービスが利用できるようになる(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈16時限目〉Maa…

    MaaS(マース)は、MobilityasaService(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略である。直訳すると「サービスとしての移動」となり、意訳する…

    2021.08.11更新

  • 第3回 SDGs ERK on ICE レポート②―10歳の少女ドライバーが、大人にまじって氷上を果敢に走った!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第3回 SDGs ERK on ICE …

    参加者の広がりがあっただけではない。今年の「SDGsERKonICE」は、競技としての深みも増していた。今回、エキスパートクラスとマスタークラスには、さ…

    2022.10.12更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 プレビュー(前編) 絶対的な強さを誇るTeam TAISANのモデル3を打ち負かすモデル3はいるのか!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    世界で初めて年間シリーズで行うEV(基本的にモーターだけで駆動する市販の電動車)レースとして、2010年に始まったALLJAPANEV-GPSERIES(…

    2023.04.14更新

< 前のページへ戻る