ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 プレビュー(前編)―世界初のシリーズ制EVレースが、ついに15シーズン目に突入!

2024年3月5日更新

EV-GP2024 preview 1-1

2024シーズンのALL JAPAN EV-GP SERIES (全日本電気自動車グランプリシリーズ)が、3月10日(日)、「モビリティリゾートもてぎ」(栃木県茂木町)で開幕する。

同シリーズがどのようなレースなのかを改めて確認しつつ、第1戦、そして今シーズンの見どころをプレビューする!

レジェンドが運営する
脱炭素時代の新レース

ALL JAPAN EV-GP SERIESは、世界初の年間シリーズのEVレースとして2010年にはじまった。2024年で15シーズン目を迎える。

主催するのは日本電気自動車レース協会(JEVRA:JAPAN ELECTRIC VEHICLE RACE ASSOCIATION)。モータースポーツ界のレジェンドたちが主要メンバーとなり、新しい時代のレースの醍醐味と安全性を両立させながらレースを主催し、運営している。

《JEVRA理事長/理事》(敬称略)
理事長:関谷正徳
理事:舘信秀
理事:藤本康孝
理事:柳田真孝
理事/事務局長:富沢久哉

関谷理事長は、ALL JAPAN EV-GP SERIES開催の意義について、かねてからこう語っている。

「JEVRAのEVレースはカーボンニュートラル時代に相応しいレース。開催し続けることで、今後の新しい自動車産業の発展と人材育成に貢献したい」

EV-GP2024 preview 1-2

関谷正徳理事長



参加できるのは
モーター駆動車のみ

LL JAPAN EV-GP SERIESの参加条件はシンプルだ。

基本的に、モーターで駆動する電動車だけが参加できる。エンジン駆動を伴うハイブリッド車やPHEVは参加が認められない。

この条件を満たしてエントリーした車両は、モーター出力の大小あるいは車種によってクラス分けがなされ、それぞれレースを戦う。

ALL JAPAN EV-GP SERIESのクラス区分
EV-1クラス : 市販車クラス、モーター最大出力250kW以上
EV-2クラス : 市販車クラス、モーター最大出力150kW以上250kW未満
EV-3クラス : 市販車クラス、モーター最大出力150kW未満
EV-Sクラス : 市販車クラス、SUV(スポーツユーティリティビークル)、モーター出力自由
EV-Cクラス : コンバートEV(エンジンをモーターとバッテリーに変換した車両)
EV-Fクラス : 市販車クラス、FCV(燃料電池車両)
EV-Rクラス : 市販車クラス、レンジエクステンダー(発電をエンジンで行う車両)
EV-Pクラス : プロトタイプクラス、開発車両/レース専用車両

これらクラス分けの一部を昨シーズンの参戦車両に当てはめると、以下のようになる。

モーター出力360kWのテスラ モデル3は、EV-1クラスに該当する。

EV-GP2024 preview 1-3

モーター出力160kWの日産リーフe+は、EV-2クラスに該当する。

EV-GP2024 preview 1-4

FCVのトヨタMIRAI(モーター出力:134kW)は、EV-Fクラスに該当する。

EV-GP2024 preview 1-5

コンバートEVのシビック(モーター出力:110kW)は、EV-Cクラスに該当する。



レンジエクステンダーの日産ノートのオーラニスモ(モーター出力:100kW)は、EV-Rクラスに該当する。

EV-GP2024 preview 1-7

なお、こうした車両を駆って参加するチームは多種多様。プロのレーシングチーム、自動車メーカーや部品メーカーの社員によるチーム、自動車学校の関係者チーム、一般個人のチームなどなど……。EVを所有し、JEVRAが定めた規定に則ってサーキットを走らせる技量があれば、基本的にどのようなチームでも参加することができる。

下剋上も起こり得る
全クラス混走のレース

関東圏を主に各地のサーキットで行われるレースは、すべてのクラスの車両が混走する形式で実施される。

各レースごとにクラス別順位と総合順位を競うとともに、順位に応じたポイントが与えられ、年間を通したクラス別順位と総合順位のタイトルが設定されているのはシリーズ戦ならではといえる。

混走であるため、レースによっては、モーター出力が小さい車両のドライバーが、モーター出力が大きい車両を打ち負かす下剋上が起こり得る。これはJEVRAのEVレースの醍醐味のひとつとなっている。

実際、ここ数年、4位争いにおいて下剋上がたびたび起こっており、観客を多いに沸かせている。

ただし、1位~3位の表彰台争いにおいてはモーター出力360kWのテスラ モデル3の強さが突出し、下剋上を許さない状況が続いている。

なかでも名門レーシングチームであるTeam TAISAN(代表・千葉泰常氏)が送り出すテスラ モデル3&プロドライバーたちの速さ・強さは圧倒的。各レースにおける表彰台ゲットの確率は非常に高く、昨シーズンまで6シーズン連続で年間総合チャンピオンの座を獲得している。

今季はこの状況に変化が起こるのか否か、そこに注目が集まっている。



ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024プレビュー

(前編)世界初のシリーズ制EVレースが、ついに15シーズン目に突入!

(後編)爆速モデルSプラッドは、モデル3の牙城を打ち崩せるか!?

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ②大人だけでなく小中学生も楽しくタイヤのことが学べる展示の数々!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『ブリヂストンイノベーションギャラリー』…

    先に紹介した〈エントランスホール〉に続いて、『ブリヂストンイノベーションギャラリー』残り4つの常設展示エリアについて紹介していこう。〈WHOWEARE挑…

    2021.04.13更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート② – エクリプスクロスPHEVは、エンジン車から乗り換える電動車として“賢い選択”といえそう。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    Hondaeに続いて試乗したのは、日本EVフェスティバルが開催された前日の12月4日に発売されたばかりの三菱自動車のエクリプスクロスPHEVだ。この一台、エ…

    2021.01.14更新

  • CQ EVミニカート・レース レポート(後編)―福岡工大の学生は時代の風に乗ってとことんレースを楽しんだ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    CQ EVミニカート・レース レポート(…

    今回の「CQEVミニカート・レース」には8つの学生チーム(15台)が参戦していた。その中で、福岡工業大学工学部電気工学科の「エンジニアリングデザインⅡ」チー…

    2022.10.27更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート(1)―王者TAISANがモデル3を3台投入し、ガチで逆転チャンピオンを狙いにきた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    ついに王者がガチで勝ちにきた。8月11日(金・祝)、袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されたALLJAPANEV-GPSERIES2023の第4戦「全…

    2023.08.31更新

  • EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会 姉川尚史会長 ④「わがままでもいい、子や孫のことを想って積極的にEVに乗り換えてほしいです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会…

    CHAdeMO協議会の姉川会長へのインタビューの第4話は、電動車の普及に欠かせない人々の環境意識の持ち方について。「人間は自分の楽や得しか考えないわがままな生き…

    2020.03.19更新

< 前のページへ戻る