ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(45)『交通安全大王』―いつも自由に遊びたい子どもにとって、自由を奪う交通事故は最大の敵なのである!

2023年10月12日更新

交通安全大王_1

交通安全の指導は、だいたいが面白くない。

「■■してはいけません」「●●しないとダメです」と禁止のオンパレード。

自由を愛する子どもは、すぐに退屈してしまう。

今回紹介する『交通安全大王』は、この問題を解決すべくつくられている。

説得力がある
交通安全の教えとは

この絵本は、小学生に大人気の「給食番長シリーズ」の第七弾。

毎巻、番長というあだ名の自由奔放な主人公の小学生が登場する。

どの巻でも、番長は仲間とともに大人がつくったルールからはみだす。その様子は実に朗らかで、悪さをしていても、とてもチャーミングに映る。大胆な絵のタッチや色合いがその印象を倍加させている。なるほど、読者=自由を愛する小学生たちに受けるわけだ。

しかし、そんな番長も、自らの行動が招いた厄災で必ず痛い目にあう。そこで初めて「ああ、ルールを守っておけばよかったな」と、ルールやモラルの大切さに気づく。このとき、番長が大好きな読者も、自然と同じ感情を抱く。

今回の『交通安全大王』も同じ構図だ。

番長と仲間たちは、交通ルールを守れとうるさい緑のおじさんたちを自分たちの自由を奪う交通安全大王として嫌い、隠れて道路上でとんでもない行動を繰り返すようになる。

ところがある日、そんな行動の最中に番長が猛スピードで走るクルマにひかれそうになる。危機一髪のところで謎の人物に救われるも、そのときに足をひねってしまい、当分のあいだ遊べなくなる。

ここで、番長と彼にシンパシーを覚える読者は気づくのだ。

「いつも自由に楽しく遊ぶためには、自由を奪う恐れがある交通事故を避けることが大事なんだ。これからは交通安全大王がうるさくいう交通ルールを守るようにしよう」

この絵本は、小学生にとって大切な自由が基軸となっており、交通ルール遵守への説得力が抜群なのである。

低学年の小学生のお子さん、もしくはお孫さんをお持ちで子どもたちの交通安全を強く願う方は、この絵本のプレゼントを検討されたい。物語を楽しむだけでなく、積極的に交通ルールを守ってくれるようになるはずだ。

交通安全大王_2

『交通安全大王』
・2022年11月13日発行
・作者:よしながこうたく
・発行:好学社
・価格:1,650円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview(38)『EVショック』―CHAdeMOが頑張れば、日本のEV化はもっとスムーズに進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(38)『EVショッ…

    著者の高橋優氏は日本初のEV専門自動車ジャーナリスト。日本で発売されているEVの性能を徹底検証するYouTubeチャンネル『EVネイティブ【日本一わかりやすい電…

    2023.04.11更新

  • 【自動運転EXPO ルポ】自動運転はもはや身近かな技術!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【自動運転EXPO ルポ】自動運転はもは…

    世界最大の自動車技術展『オートモーティブワールド2018』が、1月17日~19日の3日間、東京ビックサイトで開催された。注目はなんといっても今回はじめて加わった…

    2018.01.31更新

  • EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナリスト まるも亜希子 ③「EV/電動車で真に豊かなカーライフ、始めてみませんか?」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナ…

    カーライフ・ジャーナリストのまるも亜希子さんは、EVをはじめとする電動車が、これまで一律だった日本人のカーライフを多様化し、より豊かにするチカラがあることに注目…

    2019.07.23更新

  • Book Review②クルマ愛に溢れた未来予測『2017年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review②クルマ愛に溢れた…

    ご存じ『間違いだらけのクルマ選び』は、直近に発売されたクルマへの論評・採点で人気の本なわけだが、この2017年版には、みらいのクルマに関する情報もいっぱい詰まっ…

    2017.01.30更新

  • 軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ②エアバッグはないがドライバーを守る工  夫がいっぱい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    軽EV『FOMM ONE』の可能性(第1…

    社長は一人乗りEVのコムスを開発した技術者FOMMONEの広報担当者へのインタビュー内容の前に、FOMMがどういう企業なのかを見ておこう。先述のとおりF…

    2021.02.12更新

  • BookReview(27)『田舎のポルシェ』―長距離ドライブへの思いが募る滋味深いロードノベル

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(27)『田舎のポル…

    コロナ禍による巣ごもり生活が続き、誰かと長距離ドライブをすることなんてほとんどなくなった。そして、ドライブがどれほど心動かす体験であるのか、すっかり忘れてしまっ…

    2021.06.24更新

< 前のページへ戻る