ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

EVキーマンに聞く/電力シェアリングCEO 酒井直樹さん ③「EV+太陽光パネル+蓄電池で、居ながらにして儲けられる時代がやってきます」

2024年2月27日更新

EVキーマン_酒井直樹さん_3-1

インタビューの終盤において、酒井さんは電力とEVの関係だけでなく、それとつながって人の暮らしや経済活動が大きく変わっていくというイメージを披露してくれた。

さらには、「電力業界に黒船襲来」との予言も飛び出した。

いったい、この先にはどんな変化がやってくるのか。

酒井さんの話を最後まで聞いてみよう。

夜充電もOKとなる日

——EVへの昼充電が重要ということはよくわかりましたが、これが常態化するのは、いつごろと予想されていますか?

酒井 今後、EV利用者が増えていくでしょうが、おそらく最低でも3~5年はかかると思います。

——最低3~5年ですか。

酒井 はい。ただ、そのころになると、昼充電を基本としつつも、夜充電もOKという状況が生まれている可能性が高いですけどね。

——それは、どういうことですか?

酒井 今後、EVの普及とともに太陽光発電システムと蓄電池を設置する企業や家庭が増えていきます。それとともに再エネを中心としたマイクログリッド(小規模電力網)も多くできていくでしょう。そうなれば、多くの人が、昼に太陽光発電でつくった電力を蓄電池にためて、それを夜に充電できるようになるわけです。

——なるほど。

EVキーマン_酒井直樹さん_3-2

アプリで電力取引

——そのほかにも変化が起きるでしょうか?

酒井 現在、各企業・各家庭の電気設備には、個々の電力データをインターネットでやり取りできるスマートメーターが付いています。そして、その電力データは、同意があれば誰でも閲覧できる仕組みになっています。今後、EVの普及とともに太陽光発電システムと蓄電池を設置する企業や家庭が増えていけば、スマートメーターのデータを活用した個別の電力取引が活性化することが考えられます。

——太陽光発電の電力を電力会社に売る売電を多くの人がするようになるということですか?

酒井 いえ、それとは違う形の小口の電力取引です。具体的には、海外のGAFAなどITの雄が、各企業、各家庭の電力データを把握し、電気をためているところから電気が欲しいところにダイレクトで売るための橋渡しビジネスを展開していくでしょう。しかも、それはメルカリのように双方がアプリを通して価格マッチングさせながら行うジャストタイミングの取引なので、従来の売電よりもいい価格で取引される可能性が大きくなります。

——そういう取引はいつごろからはじまりそうですか?

酒井 私は、2年以内にスタートするだろうとみています。

——2年以内ですか!? ずいぶんと急ですね。

酒井 ええ。電力業界内では黒船襲来という感じになるでしょうね。でも、それは一般の個人や民間企業にとっては決して悪い話ではありません。自宅に太陽光発電システムを導入して、上手に電力を活用し、まめに余った電力を取引すれば、居ながらにして収益が得られるようになるわけですから。

——EVと太陽光発電パネルと蓄電池は、ある意味、新しい時代の三種の神器といえそうですね。

酒井 この取引を実現させる主要部は太陽光発電パネルと蓄電池の設置ですが、それを行うのはEV所有者が多いということを考えれば、まあ、そういえないこともないですね(笑)。いずれにせよ、このことを含めて、今、電力業界は周辺を含め大きな変革の時期を迎えつつあります。これまで消費者の皆さんは、電力に関しては自分が支払う電気代のことが最大の関心事だったと思いますが、これからはぜひ、こうした電力関連事情の動きも注視してそれに対応し、環境と家計にいい電力ライフを送っていただければなによりです。

——一人の消費者として、ぜひそう努めたいと思います。本日は、大変にためになるお話を、どうもありがとうございました。

EVキーマンに聞く/電力シェアリングCEO 酒井直樹さん
①「冒険心があったお陰で、世界最大のメガソーラーづくりに関われました」
②「EVへの充電を夜から昼に変えれば、CO2の排出量が半分にできるんです」
③「EV+太陽光パネル+蓄電池で、居ながらにして儲けられる時代がやってきます」

酒井直樹(さかい・なおき)
1963年神奈川県生まれ。1987年に東京大学経済学部を卒業し、東京電力株式会社に入社、人事部にて人事戦略策定を担当。1996年から2年間シカゴ大学経営大学院に留学しMBAを取得。2000年にアジア開発銀行(本店:マニラ)に転籍し、2017年までアジアの発展途上国向けのインフラファイナンスを手掛ける。2017年同行を退職し、2人のチームメンバーとともに株式会社電力シェアリングを起業。電力に関するアドバイザリーサービスなどを展開している。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 『e-Mobility World 2022』レポート(後編)―「普通の軽EV」を標榜するeKクロス EV。走りと価格は超スペシャル!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『e-Mobility World 20…

    『e-MobilityWorld2022~湘南発e-Mobilityのある暮らし』に展示されていた三菱自動車のeKクロスEVは、いったいどんな軽EVなのか…

    2022.06.23更新

  • 2017年の注目ニュース② 自動運転の最高位が「レベル5」になるらしい。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース② 自動運転の最…

    このコーナーで昨年(2016年)の6月、「自動運転車は技術の度合いに応じて区分がレベル1からレベル4まである」と書いた。ところが、その半年後となる12月、その区…

    2017.03.13更新

  • BookReview⑱『トヨトミの逆襲』 – 次世代車の時代、最後に克つのはやっぱり「○○」である!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑱『トヨトミの逆襲』…

    経済記者が書いた超リアル小説「99%実話」の噂で書店から消えた超問題作、待望の新刊!!これは、小説『トヨトミの逆襲』の帯に書き付けられている惹句だ。99%…

    2020.04.07更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート(3)―久保選手の巧妙なブロックが効き、余郷選手が今季初優勝を遂げる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    スタート直後に大渋滞が発生暑い西日が射す午後3時45分、コース2.436キロを25周して順位を争うALLJAPANEV-GPSERIES2023第…

    2023.08.31更新

  • EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手 ⑦「トップレーサーになって、EVのワールドカップに挑戦したい」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭…

    ロングインタビューの最後は地頭所選手が見据える未来について。大学時代に起業した会社で開発したいレース用ソフトとは?エンジン車レースに参戦してどんな夢を…

    2022.04.28更新

  • BookReview(21)  『電気自動車メカニズムの基礎知識』 – 文系だって大丈夫。EVへの誤った理解を正してくれる貴重な一冊!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(21) 『電気自…

    機械に疎いヒトでもEVのメカニズムが理解できるこの本は、電気自動車すなわちEVのことを歴史、種類、部品、充電システムごとに概説してくれている。いわばEVの…

    2020.10.13更新

< 前のページへ戻る