ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(46)『なぜ世界はEVを選ぶのか 最強トヨタへの警鐘』―EVシフト見聞録。世界はすでに巨大な規模でEVの産業化に取り組んでいる!

2023年12月26日更新

BookReview46_1

世界的なEVシフトの急速な進行は、環境意識よりも新産業を育成しようとの意志が強く働いている結果だ――。

日経BPのロンドン支局長である著者は、EUの公的機関や、フォルクスワーゲンをはじめとした欧州の各自動車メーカー、さらには米国のテスラ、中国のBYDなどを取材する中で、こうした実感を得た。

事実、先進各国・地域は厳しいエンジン車規制を発動しようとしている。それを前提に各メーカーはEV工場の建設やバッテリー開発、ソフトウェア開発などに数千億円から数兆円の投資を行い、積極的にEVの開発・製造・販売に取り組みはじめている。

これは、巨大な規模の産業化への取り組みとその既成事実の積み重ねであり、政策においてもビジネスにおいても、後戻りできない状況が生じつつある。かつて日本国内で「海外のEVシフトは日本が得意とするハイブリッド車をつぶそうとする公的機関、メーカーの陰謀である」との言説が駆け巡ったが、そうした議論はほとんど意味をなさなくなってきているのである。

そんな中、著者が心配するのは日本のトヨタの行く末だ。

マルチパスウェイ路線はいいにしても、その一角を占めるEVの分野がいまだに不完全なまま。本気で取り組めばすぐに他社に追いつけると考えている節があるが、これから2~3年後に高性能なEVを出したところで、それが売れる保証はない。エンジン車の製造を続ける傍ら何年も前からEV化に本気で取り組んでいるあのフォルクスワーゲンでさえ苦戦を強いられているのだ。

そうした事実、そして世界がこれほどまでにEVに乗り出している現状を考えれば、慎重に事を進める時間はもうないはず。今は、王者ではなくチャレンジャーとして、もっとがむしゃらにEVという新しい産業の育成に取り組むべきだろう……。

本書で世界のEVシフトの現状を知った読者も、おのずとこの意見に深くうなずかされるのではないか。

ちなみに、本書が書き上げられた7月以降、イギリスが内燃機関車の新車販売の禁止年を2030年から2035年に延期することを決めたり、ドイツのフォルクスワーゲンがEV工場の人員削減に動いたり、アメリカのGMがホンダとのEV共同開発を撤回したりといった、反EVシフト的な“事件”が相次いだ。

しかし、著者にとってこれらの事件の発生はおそらく想定内。政策やビジネスによくある一時的な揺り戻し現象ぐらいに映っていたに違いない。著者には、世界のEVシフト=産業化が、それほどまでに動かしがたい大きな潮流という実感があるのだ。

百聞は一見に如かずというが、この本はまさにそれを体現した1冊。世界のEVシフトの現場を渡り歩いた著者のリアルな報告と意見は傾聴に値する。

BookReview46_2

『なぜ世界はEVを選ぶのか 最強トヨタへの警鐘』
・2023年9月4日発行
・著者:大西孝弘
・発行:日経BP
・価格:1,980円(税込)

 

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 次世代エコカー勉強会〈1時限目〉人類は200年近くも前からモーターで走ることを夢みていた。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈1時限目〉人類は2…

    ここは、未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。できるだけわかりやすく、そのヒミツや魅力を解き明かしていく。まずは、最近話題の次世代エコカーについての…

    2015.10.16更新

  • 第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート①―交通事故の解析に一役!CDRテクニシャン育成が本格化

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレー…

    2021年11月18日(木)と19日(金)の2日間、東京都渋谷区にあるボッシュ株式会社(以下、ボッシュ)で第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」が実施…

    2021.12.09更新

  • EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナリスト まるも亜希子 ③「EV/電動車で真に豊かなカーライフ、始めてみませんか?」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナ…

    カーライフ・ジャーナリストのまるも亜希子さんは、EVをはじめとする電動車が、これまで一律だった日本人のカーライフを多様化し、より豊かにするチカラがあることに注目…

    2019.07.23更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第1戦レポート②―EVレース史に残る大激戦。1位と2位のタイム差は0.00秒!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第1…

    筑波サーキット(コース2000)27周55㎞で競う、2022全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPSERIES)第1戦。決勝は、想像以…

    2022.05.12更新

  • 次世代エコカー勉強会〈4時限目〉プラグインハイブリッド車には、EVにプラスαした魅力がある!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈4時限目〉プラグイ…

    『次世代エコカー勉強会』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。4時限目のテーマは「プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)」。その電気自動車…

    2016.03.30更新

  • 第3回 SDGs ERK on ICE レポート③―トップレベルの若手レーサーたちは、EVレースの夢も見る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第3回 SDGs ERK on ICE …

    「SDGsERKonICE」の最後に開催されたのは、マスタークラスのレースである。競技方法は、ドライバー2名のチーム同士によるトーナメント形式のパシュー…

    2022.10.12更新

< 前のページへ戻る