ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(46)『なぜ世界はEVを選ぶのか 最強トヨタへの警鐘』―EVシフト見聞録。世界はすでに巨大な規模でEVの産業化に取り組んでいる!

2023年12月26日更新

BookReview46_1

世界的なEVシフトの急速な進行は、環境意識よりも新産業を育成しようとの意志が強く働いている結果だ――。

日経BPのロンドン支局長である著者は、EUの公的機関や、フォルクスワーゲンをはじめとした欧州の各自動車メーカー、さらには米国のテスラ、中国のBYDなどを取材する中で、こうした実感を得た。

事実、先進各国・地域は厳しいエンジン車規制を発動しようとしている。それを前提に各メーカーはEV工場の建設やバッテリー開発、ソフトウェア開発などに数千億円から数兆円の投資を行い、積極的にEVの開発・製造・販売に取り組みはじめている。

これは、巨大な規模の産業化への取り組みとその既成事実の積み重ねであり、政策においてもビジネスにおいても、後戻りできない状況が生じつつある。かつて日本国内で「海外のEVシフトは日本が得意とするハイブリッド車をつぶそうとする公的機関、メーカーの陰謀である」との言説が駆け巡ったが、そうした議論はほとんど意味をなさなくなってきているのである。

そんな中、著者が心配するのは日本のトヨタの行く末だ。

マルチパスウェイ路線はいいにしても、その一角を占めるEVの分野がいまだに不完全なまま。本気で取り組めばすぐに他社に追いつけると考えている節があるが、これから2~3年後に高性能なEVを出したところで、それが売れる保証はない。エンジン車の製造を続ける傍ら何年も前からEV化に本気で取り組んでいるあのフォルクスワーゲンでさえ苦戦を強いられているのだ。

そうした事実、そして世界がこれほどまでにEVに乗り出している現状を考えれば、慎重に事を進める時間はもうないはず。今は、王者ではなくチャレンジャーとして、もっとがむしゃらにEVという新しい産業の育成に取り組むべきだろう……。

本書で世界のEVシフトの現状を知った読者も、おのずとこの意見に深くうなずかされるのではないか。

ちなみに、本書が書き上げられた7月以降、イギリスが内燃機関車の新車販売の禁止年を2030年から2035年に延期することを決めたり、ドイツのフォルクスワーゲンがEV工場の人員削減に動いたり、アメリカのGMがホンダとのEV共同開発を撤回したりといった、反EVシフト的な“事件”が相次いだ。

しかし、著者にとってこれらの事件の発生はおそらく想定内。政策やビジネスによくある一時的な揺り戻し現象ぐらいに映っていたに違いない。著者には、世界のEVシフト=産業化が、それほどまでに動かしがたい大きな潮流という実感があるのだ。

百聞は一見に如かずというが、この本はまさにそれを体現した1冊。世界のEVシフトの現場を渡り歩いた著者のリアルな報告と意見は傾聴に値する。

BookReview46_2

『なぜ世界はEVを選ぶのか 最強トヨタへの警鐘』
・2023年9月4日発行
・著者:大西孝弘
・発行:日経BP
・価格:1,980円(税込)

 

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第1戦 レポート(2)―新王者へまっしぐら。TAKAさん選手がポールトゥウィンで優勝!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    ALLJAPANEV-GPSERIES 2023(全日本電気自動車グランプリシリーズ2023)の第1戦「全日本筑波EV55㎞レース大会」27周の決勝は、…

    2023.05.11更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第1戦レポート(後編)―KIMI選手がポールトゥウインで初優勝。遂にモデル3一強時代に終止符を打つ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    4.8キロを11周するALLJAPANEV-GPSERIES2024第1戦「全日本もてぎEV55㎞レース大会」の決勝。観衆はグリッド最前列に並ぶ2台の…

    2024.03.26更新

  • 『EVOCカンファレンス2019 in HAKONE』レポート(後編)ちゃんとした大人たちのノブレスオブリージュこそEV普及のカギである

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『EVOCカンファレンス2019 in …

    『EVOCカンファレンス2019inHAKONE』で行われた講演の多くは、各団体・企業が現在取り組んでいる電動車普及のための最新の施策などを紹介していたのだ…

    2019.10.10更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第3戦レポート(1)―“第三の男”アニー@ニキ選手が最速記録でポールポジションを獲得!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    準備を怠りなく行えば、勝率は自ずと高まる――。6月18日(日)に袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されたALLJAPANEV-GPSERIES2023…

    2023.07.06更新

  • 日本EVクラブ『SDGs Urban Electric Four-Wheeled Ice Sports』プレゼンテーションイベント ルポ② 氷上のドリフトに氷の粒が舞い、スケートリンクに笑顔があふれた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ『SDGs Urban E…

    多士済々のドライバーが走行『SDGsUrbanElectricFour-WheeledIceSports』プレゼンテーションイベントの氷上走行は、…

    2019.08.06更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ① 「若い人のために」伝説のEVフォーミュラが復活ラン!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ①…

    「僕を含む団塊の世代はしっかりと反省しなくてはいけません」EV普及のためのモータースポーツ・イベントとして1995年に始まった日本EVフェスティバルは、201…

    2019.12.05更新

< 前のページへ戻る