ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

Book Review④ 楽しくエコカーの基礎が学べる『エコカー技術の最前線』(前編)

2017年10月6日更新

エコカー_トップ_web

表紙のイメージからは想像できないわかりやすさと面白さ。最近出会ったエコカー本のなかでは出色の一冊!

中学生でもスイスイと読めるかも

『エコカー技術の最前線』という堅いタイトルを目にして、一瞬、身構えた。もしかして、工学系バリバリの難しい本なのではないか、と。

だが、ページを捲るうちに、それは大いなる誤解とわかった。
たしかに技術に関する記述はふんだんにでてくるものの、どれもかみ砕かれて非常にわかりやすい。しかも、各頁にクルマやエンジン、モーターなどのカラー写真がふんだんに掲載されていて、エコカー図鑑的な楽しみ方もできるようになっている。クルマ好きなら、中学生でもスイスイと読み進められるように思われる。

結論から先にいうと、工学系の知識には疎いけれどエコカーのことを基本から学びたいという人にうってつけの一冊となっているのである。

一般ユーザー寄りの視点に好感

『エコカー技術の最前線』の構成は以下となっている。表紙のタイトルと同じで、各章のタイトルもずいぶんとぶっきらぼうだ。

Chapter1「エコカー」とは何か?
Chapter2 ハイブリッド車(HV、PHV)の最前線
Chapter3 電気自動車(EV)の最前線
Chapter4 燃料電池車(FCV)の最前線
Chapter5 低燃費ガソリン車の最前線
Chapter6 クリーンディーゼル車の最前線

しかし、内容はやさしく丁寧。前編で述べたとおり、どれも基礎的な技術の話がかみ砕いて書かれているので、とてもわかりやすい。どのエコカーについても、ABCレベルから理解を進めることができる。

そうしたなか、好感を覚えるのは、以下のような視点からの記述だ。

①バイヤーズガイド的な情報を開陳してくれている
②「いまさら聞けないギモン」にズバリ回答してくれている
③エコカーに関する意外な豆知識を披露してくれている

どの記述においても、一般ユーザーのタメになることや興味をそそることを紹介してくれており、それが読書の理解をいっそう高める効果を生んでいる。面白いとさえ思う。

後編では、具体的にどんなことが書かれているのか、それぞれの例を順次紹介しよう。

(文:みらいのくるま取材班)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(4) スズキは現実路線のなかでEV開発を進める!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(4)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第四弾では、ロータスクラブの提携企業であるスズキのEVコンセプトカーについて見ていきたい。いきなりEVのコンパクトS…

    2017.11.09更新

  • 次世代エコカー勉強会〈13時限目〉EVの電池の大容量化に対応するCHAdeMOの急速充電器(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈13時限目〉EVの…

    日本発の規格であるCHAdeMO方式の急速充電器は、世界に先行した試みであったが、まだ世界標準になっているとは言えない。EV・PHEVの重要なインフラである急速…

    2017.06.27更新

  • Book Review① みらいをクールに予測する『モビリティー革命2030』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review① みらいをクール…

    2017年の幕開けに、「みらいのくるま」のことを考えるヒントがつまった本を読むというのはどうだろうか?今回、ロータスタウン編集部がオススメしたいのは『モビリテ…

    2017.01.16更新

  • 次世代エコカー勉強会〈17時限目〉EVの駆動用バッテリー(前編)ノーベル賞に輝いたリチウムイオン電池だが2025年に進化の限界がやってくる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈17時限目〉EVの…

    EV(電気自動車)の心臓とも例えられる駆動用バッテリー。現在、ほとんどのEVが駆動用バッテリーとして、リチウムイオン電池を搭載している。実は、「リチウムイオン電…

    2020.07.07更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ② 青年はEVマシンを駆るプロレーサーの夢を見る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ②…

    電気カート(ERK)やコンバートEVでレースに挑む人たちの中には、エンジンが載ったマシンでもレースに参戦しているという人もいる。彼らの胸中には、「EVは好きだけ…

    2019.12.05更新

  • BookReview(23)『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』 – コロナ禍の影響? 「走り一辺倒」だった著者がスズキのハスラーを高く評価!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(23)『2021年…

    エクリプスクロスPHEVが試乗なしで紹介されている毎年恒例の一冊の2021年版。今回は著者・島下泰久氏も書き上げるのが大変だったようだ。なにせコロナ禍であ…

    2021.01.28更新

< 前のページへ戻る