ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第5戦レポート(2)―余郷選手がポールトゥウィン。年間チャンピオン争いでも逆転リード!

2023年11月8日更新

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-1

ようやく秋めいた9月23日の午後2時15分。スポーツランドSUGOで16周55㎞の順位を競うALL JAPAN EV-GP SERIES 2023の第5戦の決勝がはじまった。

レースを決した
スタート後の攻防

スターティンググリッド最前列には、ポールの余郷敦選手(#2 Team TAISAN)と2番手の地頭所光選手(#1 Team TAISAN)がいた。

2列目イン側には4番手の密山祥吾選手(#0 Team TAISAN)。

2列目アウト側のポジションにいる3番手のTAKAさん選手(#35 スエヒロ自動車商会)にとっては、前門の虎、後門の狼状態だった。

早い段階で前に出なければ、前戦同様にTAISAN勢のブロックに遭い、やすやすと余郷選手に優勝を許すことになる。そうなれば、リードしている年間総合チャンピオンのポイントも僅差ながら逆転されてしまう。

なんとかしなくてはならない。

おそらくTAKAさん選手は、そう考えていたに違いない。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-2

レッドシグナルがオールクリアになると、TAKAさん選手はいつも以上に猛ダッシュした。

その勢いのまま、第1コーナーの手前で、インに入りながら2番手の地頭所選手の前に出る動きを見せた。そのラインは、うまくいけばそのままトップの余郷選手のインを刺せるラインでもあった。

狙いはよかった。

が、紙一重でその狙いはついえてしまう。地頭所選手がわずかに前に残ったノーズを寄せてTAKAさん選手の先行を阻んだのだ。

行き場をなくしたTAKAさん選手は少しアウト側に膨らみ、イン側にわずかな隙間をつくった。いつもなら問題のない隙間だ。

しかし、この日は後ろに百戦錬磨の密山選手がいた。

第1コーナーに進入したあたりで、密山選手はそのわずかな隙間をズバッと突いてきた。

気がつけば、TAKAさん選手は4位のポジションでコーナーを回っていた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-3

超高速の中での数秒間の攻防。

レースの行方は、これでほぼ決したといってよかった。

密山選手の
鉄壁ブロック

その後10周目で、スピードが上がらない状態の地頭所選手を、密山選手が抜いて2位に浮上した。

TAKAさん選手も同じ周で地頭所選手を抜き、3位にポジションを上げた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-4

以降は、密山選手とTAKAさん選手の2位争いが延々と繰り広げられることになった。

だが、密山選手のアクセルを緩めたり強めたりしながらのブロックは鉄壁。TAKAさん選手のチャレンジはことごとく退けられた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-5

その間、トップの余郷選手はSUGOマイスターの走りを淡々と続け、後続との距離を徐々に広げていった。

ファイナルラップに入ったときには余郷選手は一人旅状態。すでにTAKAさん選手に為す術はなくなっていた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-6ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-7

結局、前戦に続き余郷選手が優勝チェッカーを受けることに。TAKAさん選手はやはり前戦と同じく3位に終わった。

これで年間総合チャンピオンのポイントは余郷選手が82点でTAKAさん選手が79点に。最終戦を前に余郷選手がついに逆転でトップに立ったのである。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-8

JEVRAの第6戦パンフレットから転載



見逃せない
カオスな最終戦

ピットに戻った余郷選手に勝因を聞いた。

返ってきたのは、以下のような謙虚なコメントだった。

「優勝できたのは得意のコースだったこととチームの援護があったことが大きい。自身のコンディションについては、予選も決勝も高い緊張感を持って走れたのがよかったかなと思っている」

「今戦でようやく年間総合チャンピオンのポイントでトップに立てはした。だけど、TAKAさん選手との差はわずか3ポイント。しかも最終戦の筑波はTAKAさん選手が得意なコースときている。気を緩めるわけにはいかない。最終戦も今戦のように緊張感を持って臨みたい」

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-9

10月9日(月・祝)に筑波サーキットで開催される最終戦は、話題が盛りだくさんのレースになる。

近年では最多となる18台の参戦が予定されているのだが、その中にはGulf Racing Japanによる、モデル3の倍のモーター出力を誇るテスラ モデルSプラッドの投入がある。また、ホンダの子会社であるホンダアクセスが初参戦し、Honda eを走らせる。さらには、個人所有のモデル3の2台(1台はシングルモーター)が出走する……。

きらびやかなカオスとでもいうべきか、この中で余郷選手とTAKAさん選手が年間総合チャンピオンの座を争うのである。

電動化時代の今を象徴するEVレース。必見である。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-5_2-10

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第5戦レポート

(1)「下積み時代から慣れ親しんできたSUGO」。余郷選手がイケイケの走りでポールを獲得!

(2)余郷選手がポールトゥウィン。年間チャンピオン争いでも逆転リード!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(2)  リアルさ満点のEVコンセプトカーたち!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(2)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第二弾では、すでにEVを発売済みの日産自動車と、二つの海外主要メーカーのEVコンセプトカーの概要について見ていきたい。…

    2017.11.09更新

  • 次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を破るテレマティクス自動車保険(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を…

    この時代にフィットした自動車保険であるテレマティクス自動車保険。その普及は、世界的に進んでいるようだ。ただし、欧米と日本では多少温度差があるようだ。これまでの歴…

    2021.03.25更新

  • BookReview(47)『2024年版 間違いだらけのクルマ選び』―絶好調のデリカミニ。その魅力はデザインだけじゃない!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(47)『2024年…

    ロータスクラブの提携企業である三菱自動車は、2023年5月に軽スーパーハイトワゴンのデリカミニを発売した。このデリカミニ、前身とされるeKクロススペースからデ…

    2024.01.11更新

  • 次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ・サイクル・アセスメントとウェル・トゥ・ホイール(中編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ…

    自動車のエネルギー効率を測るにあたっては、ウェル・トゥ・ホイールという指標がある。今回はこの指標について見ていこう。EVもCO2を排出している?自動車のCO…

    2022.04.21更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第3戦レポート(3)―次回第4戦、元チャンピオン地頭所光選手が電撃復帰か!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    今戦はALLJAPANEV-GPSERIES2023のシリーズ前半を締めくくるレースとなっていたが、出走車両が8台にとどまった。もし、初の兄弟ワンツー…

    2023.07.06更新

  • CQ EVミニカート・レース レポート(前編)―EVの基礎技術を学び究める学生&研究者たちが大挙して参戦!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    CQ EVミニカート・レース レポート(…

    晴天の10月2日(日曜日)、筑波サーキットで年に一度の「CQEVミニカート・レース」が開催された。レースは今回で9回目。山形、福島、茨城、群馬、埼玉、東京、…

    2022.10.27更新

< 前のページへ戻る