ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

第3回 SDGs ERK on ICE レポート②―10歳の少女ドライバーが、大人にまじって氷上を果敢に走った!

2022年10月12日更新

ERK on ICE 2-1

参加者の広がりがあっただけではない。今年の「SDGs ERK on ICE」は、競技としての深みも増していた。

今回、エキスパートクラスとマスタークラスには、さまざまなレースでトップクラスの成績を残している選手たちが複数名参加していた。彼らの走りのレベルは非常に高く、レースは例年以上に見応えがあるものとなっていた。

例えば、エキスパートクラス(カートコースでの走行経験者または公式カートレースの出場経験者対象)には、2022キッズカート全国大会のカデットクラスで1位に輝いた小学5年生の高橋佳音選手(10歳)、2022全日本EVグランプリシリーズに参戦していて9月時点でランキング1位の松波太郎選手(37歳)が出場していた。

両者は共に初の電気カート搭乗であり、初の氷上走行だったが、「さすが」とうならせるほどのマシンさばきを見せてくれた。やはり本物は違う。

彼らは電気カートによる氷上レースに、どんな感想を持ったのか。レース後に話を聞いてみた。

初めての電気カートで
加速のよさにビックリ!

まずは、お母さんと一緒に名古屋から来ていた高橋佳音選手へのインタビュー。

彼女は、1歳のときにレースカーが主人公のアニメ映画『カーズ』を観て、レースの魅力に目覚めたとのこと。その興味は長じても続き、3年前、ついに自分でもカートのハンドルを握るようになった。以降、今に至るまで、数々のレースで勝利を収めている。

ERK on ICE 2-2

今回のレースでは、同組で先行スタートしたおじさん選手たちの大人げないブロック(?)に阻まれ最終的に4位に沈んだ。だが、密集の中の走行を物ともせずトップを狙い続ける、果敢かつ精緻な走りは素晴らしく、観客の心をわしづかみにした。

ERK on ICE 2-3

——初めての氷上での電気カートのレース、どうでしたか?

高橋 楽しかったけど、思ってた以上に難しかったです。

——どういう点が難しかったのですか?

高橋 電気カートはトルクがあってすぐ加速するし、氷はよく滑る。いつものエンジンカートのレースとは違うコントロールをしなければいけないのが、すごく大変でした。

——ぜんぜん苦労しているようには見えなかったですが、やっぱり普段乗っているエンジンカートとは勝手が違うんですね。

高橋 はい。今のところはやっぱりエンジンカートのほうが運転しやすいです。でも、今回、電気カートの一瞬でトップスピードまでいってくれる加速のよさには驚いたし、面白いなって感じました。ちゃんと練習をすれば、たぶんもっとうまく走れて楽しめるようになると思います。

——今は、二酸化炭素の排出を抑えなければいけない時代。将来的に、クルマはエンジン車から電動車へと変わっていくと思います。おそらくレースの世界も同様でしょう。そのことについてはどう考えていますか?

高橋 うーん、楽しみかな。好きなエンジン車がなくなるのは寂しいけど、そういう(環境にいい)新しいクルマがいっぱい走るようになるのはとてもいいことだと思います。

——若いだけに頭が柔軟ですね(笑)。では、将来の夢は?

高橋 そのときにどんなクルマに乗っているかはわかりませんが、プロのレースドライバーになりたいです。

氷上レースを楽しめば
運転技量がアップする

続いて、単身でふらりと会場にやってきていた神奈川県在住の松波太郎選手へのインタビュー。

彼は、エンジン車の耐久レースをはじめとするさまざまなレースを戦ってきたキャリアの持ち主。今年のはじめからJEVRA主催の全日本EVグランプリシリーズにテスラ・モデル3で参戦しており、9月現在でシリーズランキング1位のポジションに立っている。

ERK on ICE 2-4

今回の「SDGs ERK on ICE」には「なんだか面白そう」と思って気軽に参加したという。レースは、気負いなく走って他を圧倒。なんなく同組の1位となった。

ERK on ICE 2-5

——「なんだか面白そう」と思って参加したレース。実際に走ってみた感想を聞かせてください。

松波 想像以上に面白かったです。マシンがスパイクタイヤを履いているので、思ったよりグリップした。コントロールがしやすく、気持ちよく走れましたね。

——ほかの出場者は結構テールを滑らせながらコーナリングしていました。でも、松波さんはマシンコントロールが的確で、普通にアウトからインに入る形でコーナリングしていましたね。

松波 いや、あれでも結構滑らせてたんですよ(笑)。ただ、あまり滑らせるとコントロールしにくくなるので、ほどよく滑らせた、という感じですかね。ちなみに、誰でも簡単かつ安全にテールを滑らせながらコーナリングできるというのは、氷上電気カートの大きな魅力のひとつだなと思いました。アスファルト上のエンジンカートだと、よほど技量がないと、ああはなりませんから。

——この斬新なレース、将来性はありそうですか?

松波 大いにあると思います。例えば、普段レンタルカートのレースをやっている人とか、僕らみたいなレーシングドライバーにとっては、相当ありがたい場になりますから。

——レーサーにとってありがたいとは?

松波 レーシングドライバーは、上達練習のために山奥の雪道など、低ミューの道(滑りやすい路面)に走りに行ったりするんですが、氷上なら近場でレースを楽しみながらそれができてしまう。こんないいことはないでしょう。年に1回といわず、シーズン制にして定期的に開催してほしいくらいです。

——普通のドライバーにとってはどうですか?

松波 もちろん普通のドライバーも一度走るとハマるはず。とにかく楽しい。そして、楽しんでいるうちに運転が上達している。そのことが知れ渡れば、どんどん人がやってくるんじゃないでしょうか。

——なるほど。では、最後にお聞きします。モデル3でのレースとこの電気カートのレース、松波さんにとってはどっちが面白いですか?

松波 困った質問ですね(苦笑)。同じ電動車とはいえ、まったく条件が違うので比べようがないです。ただ、モデル3はクルマの制御がバリバリに効いて、わりと何もしなくても走ってくれるところがあるけど、こっちのカートはすごくアナログで、しかも氷上なので、速く走れるかどうかはドライ
バーの腕次第というところが多分にあります。なので、運転する面白さという点ではこちらに軍配が上がるかもしれません。さっきお話ししたことと同じになりますが、楽しくドライビングの上達を目指す人たちには、この「SDGs ERK on ICE」は最適といえるんですよね。

さまざまなレースを戦い、EVレースの戦いを知るレーサーにとっても、この「SDGs ERK on ICE」は希少価値の体験といえるようだ。

なお、エキスパートクラスは4名対抗戦の周回レースが6戦行われ、各レース1位の選手が優勝者として表彰された。以下は、その表彰者の面々である。みんな、本当に運転が上手だった。

ERK on ICE 2-6

エキスパートクラス優勝者:向かって右から、野口隆利選手、木村順選手、土志田洸彰選手、松波太郎選手、町田拓巳選手、藤田光選手



ERK on ICE 2-7

第3回 SDGs ERK on ICE レポート

①氷上電気カート競技の楽しさは、環境と安全に裏打ちされている!

②10歳の少女ドライバーが、大人にまじって氷上を果敢に走った!

③トップレベルの若手レーサーたちは、EVレースの夢も見る!

 

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview ⑨『小説EV大戦争』~勧善懲悪を楽しみながらEVのことが学べる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑨『小説EV大戦争…

    中国はEV大国をめざしているいま中国は、EV化路線をひた走っている。近年は、「NEV(NewEnergyVehicle=新エネルギー車)購入者への補助金…

    2018.05.29更新

  • BookReview(29)『2035年「ガソリン車」消滅』―EV派vs.反EV派の論争は2050年の脱炭素実現を見据えて行うべし!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(29)『2035年…

    衝撃的なタイトルは事実を端的に表しただけ『2035年「ガソリン車」消滅』というタイトルは、一見すると危機感を煽っているように思える。だが、これは煽りでも何…

    2021.09.08更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(5) 新エコタイヤはEVのよさを加速させる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(5)…

    第45回東京モーターショー2017の最後のルポとして、ロータスの提携企業であるブリヂストンと横浜ゴムのブースに展示されていた最新のエコタイヤについて紹介したい。…

    2017.11.09更新

  • Book Review⑤ 自動運転のあらましがわかる『自動運転のすべて』

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑤ 自動運転のあら…

    メイン執筆者は自動車ジャーナリストの清水和夫氏。自動運転のあらましが学べるまじめな一冊なのだが、氏の素朴なギモンをベースにした対談がかなり面白くて刺激的!自動…

    2017.09.26更新

  • BookReview⑩『EVと自動運転』‐ EVの普及は、テレビのブラウン管が液晶に変わったときのように進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑩『EVと自動運転』…

    「100年に一度の変換期」の真の意味いまの自動車産業界は「100年に一度の転換期」にあり、そのキーワードは「電動化」「自動化」「コネクテッド化」「サービス化」…

    2018.08.07更新

  • 2016後半の注目ニュース① 歩行者にはうれしい。HVなどの車両接近通報装置搭載の義務化〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース① 歩行者には…

    この秋、「みらいのくるま」関連の注目のニュースが立てつづけに飛び込んできた。なかでも大きなインパクトがあったのは、「2018年3月から音が消せない車両接近通報装…

    2016.11.14更新

< 前のページへ戻る