ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

第3回 SDGs ERK on ICE レポート①―氷上電気カート競技の楽しさは、環境と安全に裏打ちされている!

2022年10月12日更新

ERK on ICE 1-1

つるつる滑る氷の上で電気カートによるレースを楽しもう――。

日本EVクラブが毎年実施している「SDGs ERK on ICE~氷上電気カート競技会」。その第3回目が、9月23日、新横浜スケートセンターで開催された。

氷の上でレースをするというユニークなイベントなのだが、名称からわかるように、開催当初からSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)への取り組みを標榜している。

ERK (Electric Racing Kart=電気カート)は、CO2をはじめとする排気ガスがまったく出ない。それが、SDGsの達成目標の「7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「13 気候変動に具体的な対策を」につながるとしているのである。

今でこそ、数多くの団体・企業がSDGsへの取り組みを表明するようになっている。日本のモータースポーツ界でも、その動きは見える。だが、この「SDGs ERK on ICE」よりも早く具体的に動き出したものはそう多くないだろう。

主催の日本EVクラブは、1994年からいち早く地球温暖化防止のためのEV普及活動を続けてきた。SDGsへの取り組みにも、そうした先見性が強く感じられる。

SDGs_7、13

「SDGs ERK on ICE」は、環境への配慮だけでなく、安全への配慮も怠りない。

レース中はマーシャル(係員)たちによる安全管理と指導が徹底されている。また、スケートリンクで周回レースを行うため、コースアウトしてもクッション性がある壁とエアクッションがドライバーと観客をしっかり守ってくれるようになっている。

ERK on ICE 1-2

日本EVクラブ代表の舘内端氏は、開会式における挨拶で安全性の確保に触れ、次のように語っている。

「プロのモータースポーツ界では、長きにわたり速さ楽しさを追求する一方で、安全性もしっかりと追求してきた。エンジニアとしてF1も経験した私としては、このイベントもそうした姿勢に基づいて開催していこうと思っている。参加者のみなさんは、安心して氷の上でのレースを思い切り楽しんでいただきたい」

ERK on ICE 1-3

女性そして10代も多数参加

コロナ禍が一段落したことに加え、環境と安全に裏打ちされた楽しいイベントであることが広まったのも影響したのだろう。今年の「SDGs ERK on ICE」の参加者希望者は例年以上に多かった。レース運営の関係上、参加者を絞らざるを得ず、全員が参加することはできないが、定員を超える応募があったという。

参加者の多様性も目を引いた。今回は女性と10代の若者の参加が増えていた。ビギナークラス、エキスパートクラス、マスタークラスに分けてレースが行われるのだが、特に初心者対象のビギナークラスにおいてその傾向は顕著で、参加選手24名(当日棄権者を含む)中5名が女性で、年齢も10代から70代までの広がりがあった。

ERK on ICE 1-4

以下は、ビギナークラスのレースの1シーンである。老若男女が、くるくるとスピンしたりコースアウトしたりして、みんな楽しそう。1年に1回、この日、ここでしか体験することのできない新しいモータースポーツに、心の底から興じていた。

ERK on ICE 1-5

ERK on ICE 1-6

なお、ビギナークラスは4名による周回レースが6戦行われ、各レース1位の選手が優勝者として表彰されていた。そこには女性の姿もしっかりあった。

ERK on ICE 1-7

ビギナークラス優勝者:向かって右から、鈴木和宏選手、黒沢昌生選手、六藤雄一選手、増田典恵選手、町田壮吾選手、鈴木尚司選手



ERK on ICE 1-8

第3回 SDGs ERK on ICE レポート

①氷上電気カート競技の楽しさは、環境と安全に裏打ちされている!

②10歳の少女ドライバーが、大人にまじって氷上を果敢に走った!

③トップレベルの若手レーサーたちは、EVレースの夢も見る!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第3戦レポート(1)―“第三の男”アニー@ニキ選手が最速記録でポールポジションを獲得!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    準備を怠りなく行えば、勝率は自ずと高まる――。6月18日(日)に袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されたALLJAPANEV-GPSERIES2023…

    2023.07.06更新

  • みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:EV時代の刺激的アプローチ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:E…

    IT企業がEV開発に挑戦いま、世界中で自動車メーカー以外の企業がEV(電気自動車)の開発・販売に積極的に乗りだしている。それは日本においても同様。9月29日…

    2017.11.02更新

  • BookReview⑪『図解EV革命』‐ EVの基礎知識がわかり、コンバートEVへの興味も湧く!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑪『図解EV革命』‐…

    一見開きワンテーマの図鑑的EV本この本は、2017年12月に出版され、わずか半年後の2018年7月に第2刷がでている。ベストセラーとまではいかなくても、EVに…

    2018.09.25更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ④ エンジン車とEVの両方を愛する新人類の登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    ルポの最後に、フェスティバルに参加した若い人たちの声を載せておきたい。興味深かったのは、みんな、口を揃えて「エンジン車もEVも両方大好き」と語っていたことだ。…

    2018.11.22更新

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • BookReview(47)『2024年版 間違いだらけのクルマ選び』―絶好調のデリカミニ。その魅力はデザインだけじゃない!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(47)『2024年…

    ロータスクラブの提携企業である三菱自動車は、2023年5月に軽スーパーハイトワゴンのデリカミニを発売した。このデリカミニ、前身とされるeKクロススペースからデ…

    2024.01.11更新

< 前のページへ戻る