ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(31)『2022年版 間違いだらけのクルマ選び』―モーター走行の楽しさを、そろそろ本気で語りはじめよう!

2022年1月27日更新

2022年版 間違いだらけのクルマ選び

2021年12月14日、トヨタは今後のEV戦略に関する説明会を行った。

演壇に立った豊田章男社長は、以下のような発言をしている。

「トヨタグループは2030年までに30車種のBEV(バッテリーEV)を展開。グローバルに乗用・商用各セグメントにおいてフルラインでBEVをそろえる」

「トヨタグループは2030年にBEVのグローバル販売台数で年間350万台を目指す。その中でレクサスはすべてのカテゴリーでBEVのフルラインナップを実現し、欧州、北米、中国でBEV100%、グローバルで100万台の販売を目指す」

大変な数字の羅列である。350万台といえば、現在のトヨタグループの年間販売台数約1,000万台の3分の1以上に当たる。

ただ、これらはあくまでグローバル企業としてのトヨタが世界市場において目指す数字。業界人ならともかく、日本の一般ユーザーはそこまで驚く必要はないのかもしれない。

今後トヨタは、エンジンを搭載したHEV(ハイブリッド車)の販売が規制される国や、脱炭素効果が大きい再生可能エネルギーによる発電が盛んな国ではBEVをたくさん販売していくにしても、そうでない国、例えば日本では、これまでどおり、しばらくはHEVを中心とした多様な電動車両を販売するつもりだからだ。

事実、豊田社長は、こんなことを言っている。

「現時点では、地域によってエネルギー事情は大きく異なる。トヨタは各地域の、いかなる状況、いかなるニーズにも対応し、カーボンニュートラルの多様な選択肢をご提供したい」

EV戦略を発表する場だったこともあり、ダイレクトには言明していないが、規制が緩くて再エネ発電率が低い日本などでは、HEVを主力とした電動化を進めていくことをほのめかしているのである。

実は、今回紹介する『2022年版 間違いだらけのクルマ選び』内のクルマの電動化問題に関する記述も、基本的にトヨタの方針に準じたものになっていた。

「現実派」も「理想派」も
電動車の魅力に目を向けよう

本書の発行は2021年12月29日。さすがに12月14日に行われたトヨタのEV戦略の発表についての言及はないのだが、随所でEV戦略を発表する前から豊田社長が盛んに言っていた言葉をトレースしたかのような記述が並んでいる。

〈目的は電動化ではなくカーボンニュートラル〉

〈日本の自動車はどのようにカーボンニュートラルを目指すべきか。まずハイブリッドを中心に据えるのは不変〉

〈多様な選択肢を楽しめる未来に期待したい〉

〈乗用車はHEV、PHEV、BEVにFCEVを重量やサイズなどで使い分け、大型トラックやバスはFCEVに。趣味性の高いスポーツカーは内燃エンジンをeフューエルで動かし、レースは水素。そんな使い分けがいいのではないかというが今の私の見立て〉 etc.

トヨタの考え、すなわち環境問題と経済問題をうまくバランスさせた中での電動化あるいは脱炭素をよしとする、いわゆる「現実派」の考えを理解するにはいいまとめにはなっているものの、目新しさはない。「これで最新の2022年版といえるのか」「先を見越す自動車ジャーナリストの書としてはどうなのか」と文句のひとつも言いたくなる。

だが、ここで投げ出してはいけない。読み進めていくと、自動車ジャーナリストらしい記述の数々が新たな気づきを与えてくれる。

例年好評の車種別徹底批評が充実しているのはもちろんだが、電動車関連でいえば、著者が2021年9月にドイツ・ミュンヘンで開催されたIAA(ドイツ国際モーターショー)の取材に出かけた際の考察には、かなりハッとさせられる。
〈特に強く印象に残っているのがメルセデス・ベンツのブースである。並んでいたのはほとんどがBEV、あるいはPHEVだったのだが、決して退屈なんかではなく、むしろクルマ好きとしては興味が募るモデルばかりだった〉

〈その内の1台、メルセデスAMG GT63S EパフォーマンスはV型8気筒4.0Lツインターボエンジンを積むPHEVで、システム最高出力は843ps、最大トルクは実に142.9㎏mにも達する。一方、バッテリー容量は6.1kWhと小さく、EV航続距離はたったの12㎞だという〉

〈メルセデスAMGのTEAM・テクノロジー・オフィサーに訊くと「EV航続距離を求めるユーザーにはメルセデス・ベンツに多くの選択肢があります。メルセデスAMGはあくまで高性能車のブランドなのです」という答が返ってきた。実際、出力とレスポンスが得られる電動化は、メルセデスAMGのようなブランドにとってピンチではなくチャンスだとも氏は話していた。何とも痛快な答えではないだろうか?〉

〈出展の多くが電動化車両だったのは、必ずしもIAAが変質したからというだけではない。ヨーロッパでは電動化はいつか来る恐るべきものではなく、今そこにある現実。未来の夢のクルマは、その先にある。そんなマインドシフトが彼の地のプレミアムメーカーの間ではすでに起きていて、電動化も新しいクルマの楽しみに変えようとしているのだ〉

最近の日本国内の電動化問題に関する言説は、環境と経済をバランスさせた電動化を推奨する「現実派」と、環境重視でEV普及を第一とする「理想派」との論戦に終始している感がある。それはそれで意義があるだろうが、そこにはモーター走行の気持ちよさや楽しさといったクルマの本質についての言及が欠けているように思えてならない。

今後、どんな経緯をたどるにせよ、いずれモーターで駆動するクルマがほとんどになるのは間違いない。だとすれば、そろそろモーター走行の楽しみに言及してもいいのではないか。それこそが、さまざまな選択肢の中から1台を選ぶユーザーにとって役に立つ情報となるはずだ。

著者は、直接書いてはいないが、自動車ジャーナリストとして明らかにそういう視点の大切さを示唆している。これには「現実派」も「理想派」も同感だろうし、きっと、そこからより建設的な議論がはじまるに違いない。

今年の1冊には、その萌芽が見て取れた。来年版以降の『間違いだらけのクルマ選び』には、そうした論評の増大を期待したい。

31_書影

『2022年版 間違いだらけのクルマ選び』
・2021年12月29日発行
・著者:島下泰久
・発行:草思社
・価格:1,650円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート②―2日間のトレーニングで「交通事故」への向き合い方が変わった!(寄稿 橋本愛喜)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレー…

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」に参加した、フリーライターの橋本愛喜さんに体験記を寄稿してもらった。橋本さんは、自身がトラックドライバーであった…

    2021.12.09更新

  • 次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を破るテレマティクス自動車保険(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を…

    この時代にフィットした自動車保険であるテレマティクス自動車保険。その普及は、世界的に進んでいるようだ。ただし、欧米と日本では多少温度差があるようだ。これまでの歴…

    2021.03.25更新

  • 次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと走るよ、燃料電池自動車【前編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと…

    燃料電池自動車(FCV)は遠い未来のクルマだとばかり思っていたら、トヨタとホンダが発売に踏みきった。本格的な普及はまだまだだろうけれど、これは見過ごせない状況。…

    2016.04.08更新

  • 『第12回オートモーティブワールド』ルポ(後編) – 「MaaSは便利な移動アプリとして日常に浸透していく」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第12回オートモーティブワールド』ルポ…

    日本においてMaaSは、どのように実現するのか。後編では、『第12回オートモーティブワールド』(2020年1月15日~17日、東京ビッグサイトにて開催)に出展し…

    2020.02.06更新

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第4戦レポート② テスラモデル3の強さが際立つなか、驚きのバトルも目撃できたぞ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第4…

    疾風のようなホールショット全日本EVグランプリシリーズ第4戦の決勝レースが始まる午後3時過ぎ。気温は36℃に上昇し、湿度は80%を優に超えていた。真夏の27…

    2020.08.25更新

  • BookReview(41)『半導体戦争』―ポテトチップよりも小さいチップが自動車業界を含めた世界の行方を左右する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(41)『半導体戦争…

    「ポテトチップとコンピュータチップはどう違うんだ?」これは1980年代のアメリカ・レーガン政権にいたある経済学者の言葉。自国の半導体産業が政府の支援を訴えるの…

    2023.06.08更新

< 前のページへ戻る