ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第3戦レポート(3)―次回第4戦、元チャンピオン地頭所光選手が電撃復帰か!?

2023年11月8日更新

2023 ALL JAPAN EV-GP SERIES Rd.3_3-1

第3戦のTEAM TAISANのピットで談笑する地頭所光選手



今戦はALL JAPAN EV-GP SERIES 2023のシリーズ前半を締めくくるレースとなっていたが、出走車両が8台にとどまった。

もし、初の兄弟ワンツーフィニッシュという話題がなければ、観客にとってはいささか盛り上がりに欠けたものになっていたかもしれない。

こうした傾向はシリーズ後半もつづくのだろうか?

答は、否。

実は、シリーズ後半に注目すべき参戦者ならびに参戦車が続くという情報が届いている。それらが実現すれば、レースはにぎやかで活力あるものになるに違いない。

そう、お楽しみはこれからなのである。

メーカー系チームなど
続々と参戦を計画中

以下は、サーキットなど各所でわれわれが耳にした情報である。それぞれのチームの事情・事前の動きまではわからないが、煙のごとき情報ではなく、いずれも火ダネのある情報である。

8月11日の第4戦から元年間総合チャンピオンである地頭所光選手(Team TAISAN)がレースに復帰予定。王者TAISANは再び2台体制とし、スエヒロ自動車商会の連勝阻止を狙う。

9月23日の第5戦、KIMI(八代公博)選手がモデル3の牙城を崩すべく爆速のモデルSプラッドをひっさげて参戦してくる可能性あり。

10月9日の最終戦までに、電動車開発に熱心な日本のメーカー系チームがレース用に改良した自社EVで参戦予定。モーター出力が小さいながらも上位入賞を目指す。

今シーズンもしくは来シーズン中に、日本のトップメーカー系のワークスチームがバリバリに仕上げたコンバートEVをレースに投入する予定。モデル3を倒しての優勝を狙う。

海外のメーカー系チームが大容量バッテリーを積んだ新型EVのプロトタイプで近々参戦することを計画中。目指すは打倒モデル3……。

どれも実現すれば興奮すること必至である。

「Take me out to the EV race(私をEVレースに連れてって)」の気分で、8月からのALL JAPAN EV-GP 2023のシリーズ後半戦を楽しみたい。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第3戦レポート

(1)“第三の男”アニー@ニキ選手が最速記録でポールポジションを獲得!

(2)初の兄弟ワンツーフィニッシュ。アニー@ニキ選手の優勝でスエヒロ3連勝!

(3)次回第4戦、元チャンピオン地頭所光選手が電撃復帰か!?

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 次世代エコカー勉強会〈16時限目〉MaaS―スマホひとつでさまざまな交通手段・各種サービスが利用できるようになる(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈16時限目〉Maa…

    MaaS(マース)は、MobilityasaService(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略である。直訳すると「サービスとしての移動」となり、意訳する…

    2021.08.11更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』②・・・「世界初の外部給電器を生む契機となった中学校に感謝」(堤健一)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    給電には外部給電器が必須EVには、給電ができるという便利な機能がある。しかし、たとえばキャンプなどでV2Lとして給電を行う場合、充電口からそのまま家電に使え…

    2018.06.26更新

  • BookReview(39)『クラシックカー屋一代記』―クラシックカーを愛するが故にクルマのCASE化を歓迎する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(39)『クラシック…

    クラシックカーは20世紀の機械遺産涌井清春氏は、日本を代表する“クラシックカー屋”。長年にわたり、古いロールスロイスとベントレーの販売を行う中で、日本にお…

    2023.05.30更新

  • 2021全日本EVグランプリシリーズ 第5戦 レポート①―雨の予選、実力派の女性ドライバーがトップタイムを叩き出した!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2021全日本EVグランプリシリーズ 第…

    ポールポジションを獲得したのは、スポット参戦中の女性ドライバーだった――。8月8日にツインリンクもてぎで開催された2021全日本EVグランプリシリーズ(ALL…

    2021.08.27更新

  • Book Review⑥『2018年版 間違いだらけのクルマ選び』(後編)~ 自動運転車は個人、メーカー、国の三位一体で走る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑥『2018年版 …

    日産の最新自動運転実験車が公道走行を開始日産自動車株式会社は、2017年の秋に、最新の自動運転実験車両の公道テストをスタートさせた。その実験車両の概要はこう…

    2018.01.17更新

< 前のページへ戻る