ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を破るテレマティクス自動車保険(前編)

2021年3月25日更新



このごろ「テレマティクス自動車保険」という言葉を耳にするようになった。しかも、従来型の自動車保険から切り替える人がかなりいるという。これはどんな仕組みの、どのようなメリットがある保険なのか? ……さっそく勉強会を開催しよう。

テレマティクスは
コネクテッドの技術の一つ

テレマティクス自動車保険の「テレマティクス」は、CASE(コネクテッド、自動運転、シェリング&サービス、電気自動車)の中のコネクテッドにあたる技術(情報システム)の一つだ。

具体的にどのようなものかについては、テレマティクスが扱う情報(データ)の流れを追って見ていくとわかりやすい。

①クルマに「位置が把握できるGPS」や「クルマの挙動や運転状況などが感知できる各種センサー」が組み込まれた機器を搭載。

②それらから得られたデータを、やはりクルマに搭載した「通信モジュールが組み込まれた機器」もしくはドライバー所有のスマートフォンでつないだインターネットによって遠隔地にある情報センターへと送信。

③情報センターは、受け取ったデータを元にクルマの位置・状態やドライバーの運転状況などを分析(分析データを作成)。

④情報センターから分析データを得た自動車関連企業などが、個々のドライバーに役立つ情報やサービスをインターネットを通して提供。



そう、テレマティクスはクルマをセンサー化・IT化させることで、ドライバーに有益な情報やサービスをタイミングよくもたらす技術(情報システム)なのである。

ちなみに、このテレマティクスの原型は、1980年代にF1の世界においてホンダが無線を通して走行中のマシンのエンジンの状態を把握・共有できるように開発した「テレメトリーシステム」だという説がある。

当初のテレメトリーシステムはインターネットではなく無線を使っていたので、その点は違うものの、その後にインターネットを使うようになったことや、テレマティクスが「テレコミュニケーション(遠距離電気通信)」と「インフォマティクス(情報処理・情報科学)」を組み合わせた造語であることなどを考えれば、確かに原型的なところがあると言えそうだ。

テレマティクス自動車保険は
安全運転で保険料が割引される

こうした便利なテレマティクスの技術を活用して商品化されているのがテレマティクス自動車保険だ。

その概要は、国土交通省の資料にある表現を一部借りながら述べれば以下のようになる。

◎テレマティクス自動車保険は、クルマなどの移動体にGPSや各種センサーならびにインターネットの通信システムを組み合わせ搭載することで、保険会社が自社の保険契約者であるドライバーにサービスや情報などを提供することができる自動車保険である。

◎クルマに設置した端末機からインターネット経由で送られた走行距離や運転速度・急ブレーキなどの運転情報(データ)を保険会社が取得・分析し、その事故リスクの度合いに応じて保険料率を算定。例えば、事故リスクの少ない運転が一定期間継続されていると認定されれば、そのリスクの少なさに応じた割引がされる(等級による割引とは別の割引がされる)。

◎取得した情報を元に、ドライバーに対して安全運転アドバイスなどの情報サービスを提供することが可能。

◎さらに事故時には、衝撃を感知したデータで事故の発生がすぐに確認できるため、迅速な事故対応サービスが行われる。

◎現在、商品化されているテレマティクス自動車保険は、走行距離連動型(PAYD:Pay As You Drive)と運転挙動連動型(PHYD:Pay How You Drive)の2種類に分かれている。ただし、中には両方の特性を備えた商品もある。

 





繰り返しになるが、テレマティクス自動車保険は、クルマがセンシング機能を持ち、インターネットにつながることで可能になった革新的な自動車保険である。ドライバーにとっての主なメリットは、個々の運転距離もしくは運転行動に応じた保険料の割引があり、タイムリーで的確な安全運転アドバイスが提供され、迅速な事故対応サービスを受けられるというものだ。

常識を破るテレマティクス自動車保険(前編)

常識を破るテレマティクス自動車保険(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第7戦 レポート① – 晴天の霹靂。初参戦の八代選手が予選でいきなり2位に躍り出た!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第7…

    未曾有の3連覇か逆転チャンピオンかクリアな大気に、でっかい富士山――。見事な日本晴れとなった11月14日、富士スピードウェイで2020全日本EVグランプリ…

    2020.12.10更新

  • 次世代エコカー勉強会〈6時限目〉「自動運転のただいまのところ」①安全運転支援システム

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈6時限目〉「自動運…

    夢のクルマであったはずの自動運転車が、現実のものとなる気配が濃厚になってきた。ということで取り急ぎ勉強会をスタート。自動運転の「ただいまのところ」をシリーズで追…

    2016.06.14更新

  • 【i-MiEVの10年 / 販売店社長の目線 後編】「販売する側にi-MiEVを売っていこうという真剣度が足りなかった」(新城浩司さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 販売店社長の…

    他の地域の販売店が驚くようなi-MiEVの販売実績を達成した新城さん。けれども、この10年の国内マーケットで、i-MiEVは「ヒット」と呼べる勢いを見せること…

    2019.12.05更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』③・・・「東北の人たちがEVに乗れば震災支援の恩返しができる」(柴山明寛)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    災害大国にはEVが不可欠日本は災害大国だ。頻発する地震だけでなく、近年は異常気象の影響で台風や集中豪雨といった災害も増えている。国連大学が、世界171ヵ国…

    2018.06.26更新

  • 2017年の注目ニュース① 「自動走行システムによる事故」に対応する自動車保険の無料特約がスタート!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース① 「自動走行シ…

    ロータスクラブの提携企業である東京海上日動火災保険株式会社。その東京海上日動火災が、日本ではじめてとなる「自動走行システムによる事故」に対応する自動車保険の無料…

    2017.01.16更新

  • 次世代エコカー勉強会〈7時限目〉「自動運転のただいまのところ」②自動ブレーキの進化は日進月歩【前編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈7時限目〉「自動運…

    自動運転の技術のなかでも、もっとも身近なものになりつつある自動ブレーキ。自動で止まるなんてまるでマジックだが、そのシステムの概要を知れば、案外わかりやすいものだ…

    2016.06.28更新

< 前のページへ戻る