ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を破るテレマティクス自動車保険(前編)

2021年3月25日更新



このごろ「テレマティクス自動車保険」という言葉を耳にするようになった。しかも、従来型の自動車保険から切り替える人がかなりいるという。これはどんな仕組みの、どのようなメリットがある保険なのか? ……さっそく勉強会を開催しよう。

テレマティクスは
コネクテッドの技術の一つ

テレマティクス自動車保険の「テレマティクス」は、CASE(コネクテッド、自動運転、シェリング&サービス、電気自動車)の中のコネクテッドにあたる技術(情報システム)の一つだ。

具体的にどのようなものかについては、テレマティクスが扱う情報(データ)の流れを追って見ていくとわかりやすい。

①クルマに「位置が把握できるGPS」や「クルマの挙動や運転状況などが感知できる各種センサー」が組み込まれた機器を搭載。

②それらから得られたデータを、やはりクルマに搭載した「通信モジュールが組み込まれた機器」もしくはドライバー所有のスマートフォンでつないだインターネットによって遠隔地にある情報センターへと送信。

③情報センターは、受け取ったデータを元にクルマの位置・状態やドライバーの運転状況などを分析(分析データを作成)。

④情報センターから分析データを得た自動車関連企業などが、個々のドライバーに役立つ情報やサービスをインターネットを通して提供。



そう、テレマティクスはクルマをセンサー化・IT化させることで、ドライバーに有益な情報やサービスをタイミングよくもたらす技術(情報システム)なのである。

ちなみに、このテレマティクスの原型は、1980年代にF1の世界においてホンダが無線を通して走行中のマシンのエンジンの状態を把握・共有できるように開発した「テレメトリーシステム」だという説がある。

当初のテレメトリーシステムはインターネットではなく無線を使っていたので、その点は違うものの、その後にインターネットを使うようになったことや、テレマティクスが「テレコミュニケーション(遠距離電気通信)」と「インフォマティクス(情報処理・情報科学)」を組み合わせた造語であることなどを考えれば、確かに原型的なところがあると言えそうだ。

テレマティクス自動車保険は
安全運転で保険料が割引される

こうした便利なテレマティクスの技術を活用して商品化されているのがテレマティクス自動車保険だ。

その概要は、国土交通省の資料にある表現を一部借りながら述べれば以下のようになる。

◎テレマティクス自動車保険は、クルマなどの移動体にGPSや各種センサーならびにインターネットの通信システムを組み合わせ搭載することで、保険会社が自社の保険契約者であるドライバーにサービスや情報などを提供することができる自動車保険である。

◎クルマに設置した端末機からインターネット経由で送られた走行距離や運転速度・急ブレーキなどの運転情報(データ)を保険会社が取得・分析し、その事故リスクの度合いに応じて保険料率を算定。例えば、事故リスクの少ない運転が一定期間継続されていると認定されれば、そのリスクの少なさに応じた割引がされる(等級による割引とは別の割引がされる)。

◎取得した情報を元に、ドライバーに対して安全運転アドバイスなどの情報サービスを提供することが可能。

◎さらに事故時には、衝撃を感知したデータで事故の発生がすぐに確認できるため、迅速な事故対応サービスが行われる。

◎現在、商品化されているテレマティクス自動車保険は、走行距離連動型(PAYD:Pay As You Drive)と運転挙動連動型(PHYD:Pay How You Drive)の2種類に分かれている。ただし、中には両方の特性を備えた商品もある。

 





繰り返しになるが、テレマティクス自動車保険は、クルマがセンシング機能を持ち、インターネットにつながることで可能になった革新的な自動車保険である。ドライバーにとっての主なメリットは、個々の運転距離もしくは運転行動に応じた保険料の割引があり、タイムリーで的確な安全運転アドバイスが提供され、迅速な事故対応サービスを受けられるというものだ。

常識を破るテレマティクス自動車保険(前編)

常識を破るテレマティクス自動車保険(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 契約台数100万台突破!ドライブエージェント パーソナルの実力と魅力(後編)―「自動車事故の予兆通知」「ドクターヘリ出動要請」といったサービスも!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    契約台数100万台突破!ドライブエージェ…

    事故の予兆を検知しドライバー側に警告――最後に今後の展開についてお聞きします。将来、ドライブエージェントパーソナルに新しいサービスを付加する予定はあります…

    2023.08.17更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 後編】「大ヒットはしなかったけれど、世界にEV化の波を起こした功績は絶大でしょう」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    かつて三菱自動車に在籍していた堤健一さん(株式会社LTE代表)は、マーケティングやインフラ整備支援などを通してi-MiEV(アイ・ミーブ)の販売をサポートした。…

    2019.11.21更新

  • 『CEATEC JAPAN 2018』ルポ(後編)‐V2Xするクルマはかなり安全なのである。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『CEATEC JAPAN 2018』ル…

    「協調型」の自動運転技術にスポットが当たりはじめたいま、巷でスポットを浴びているクルマの安全支援技術や自動運転技術は主に「自律型」だ。道路上の状況を読み取…

    2018.11.12更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』①・・・「全国にEV給電ネットワークをつくるのが僕の夢」(舘内端)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    一般社団法人日本EVクラブ(以下、日本EVクラブ)は、2018年5月17日から31日まで『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅~元気と電気を届け…

    2018.06.26更新

  • BookReview⑭『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』‐MaaSが導入されれば、みんながフェラーリに乗れるかも?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑭『MaaS モビリ…

    スマホのアプリではじまる移動のための便利なサービス『MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)』とは、いったい何か?この本に書かれていることを元にして、で…

    2019.04.09更新

  • EVキーマンに聞く/電力シェアリングCEO 酒井直樹さん ③「EV+太陽光パネル+蓄電池で、居ながらにして儲けられる時代がやってきます」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/電力シェアリングCE…

    インタビューの終盤において、酒井さんは電力とEVの関係だけでなく、それとつながって人の暮らしや経済活動が大きく変わっていくというイメージを披露してくれた。さら…

    2024.02.22更新

< 前のページへ戻る