ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(23)『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』 – コロナ禍の影響? 「走り一辺倒」だった著者がスズキのハスラーを高く評価!

2021年1月28日更新



エクリプスクロスPHEVが
試乗なしで紹介されている

毎年恒例の一冊の2021年版。今回は著者・島下泰久氏も書き上げるのが大変だったようだ。

なにせコロナ禍である。

2020年中は、海外でのモーターショーや試乗会にほとんど参加できなかった。国内においても各メーカーからの新車のリリースが予定より遅れ遅れとなり、試乗および執筆の時間が大幅に削られた。

結果、本の発売が年末ギリギリの12月23日にまでずれ込んだ。いや、それどころではない。本の中には試乗しないまま、あるいは車両の吟味が十分といえないままにまとめられたインプレッション記事が掲載される事態まで起きている。

例えば、12月4日に発表となった三菱のエクリプスクロスPHEVに関する記事はその一つ。

何と言っても目が向くのはアウトランダー譲りのPHEV、プラグインハイブリッド車の追加だろう。--中略-- 定評のツインモーター4WDが搭載されたのだ。残念ながらステアリングを握る機会は訪れなかったが、サイズアップしたとはいえコンパクトな車体との組み合わせとなるだけに、走りは期待できそう。(『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』より)

乗らなくても批評眼が発揮されているところはさすがといえばさすがだが、長らく続くシリーズ発行の中でも、時代を象徴するような注目すべき一台を自身のインプレッションなしに紹介するというのは異例中の異例と言えるだろう。

ユーザー目線のつくりで
10点満点中9点の高評価

だが、こうした致し方ない事態を理由に本書に失望するなかれ、だ。

実はコロナ禍は島下氏のクルマ観をも大きく変えており、それが逆に読みでのある記事の生成につながっていたりするからだ。

本の「はじめに」で島下氏はこう述べている。
今までの私の興味は、走り一辺倒のクルマにばかり向いていた。しかし、さすがにこのコロナ禍で、日々の用達すらも心地良いものにしてくれるクルマで、移動という“贅沢”をもっと謳歌したいという思いが頭をもたげてきたのだ。自分の中ではこれ、とても大きな変化と感じている。(『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』より)

最初の特集のテーマを実用的なコンパクトSUVにしたのは、おそらくこのクルマ観の変化ゆえのものだろう。多くの読者が、高価でレアなスポーツカーよりも廉価ながらも便利かつ楽しい移動を可能にするクルマを欲している現実を考えれば、当を得た企図ということができる。
もはやSUV/クロスオーバーはブームではなく、クルマ選びの中心的な存在となっている--中略--。そうした流れが、いよいよコンパクトカーにまで波及してきた--中略--。(実際、ユーザーが)ちょっと楽しげなものを……と欲したり、あるいは子育ての時期に乗ってきたミニバンの“次”を考えた時に、シートの数はそんなに要らないけれど何でも放り込んでおけるスペースと見晴らしの良さは欲しいと思ったり、というのは多いんじゃないかと思う。(『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』より)

特集のイントロでこうした「なるほど」という納得を誘った後、まず2020年の代表的なコンパクトSUVといえるトヨタのヤリスクロスとホンダのフィットクロスターの二台の魅力を紹介している。そして、それに続く項ではスズキのハスラーとダイハツのタフトという二台の軽自動車SUVを比較しながらそれぞれの“買い”のポイントを紹介している。後者の比較は、より現実的なクルマ選びを志向する人たちにかなり参考になるのではないだろうか。

両車の外観、内装、走りなどに関する詳しい評価については本書で確かめてもらいたいのだが、巻末の「車種別採点簿」ではハスラーが10点満点中9点、タフトが6点となっていて、明らかにハスラーのほうが高評価に。以下の本文中にあるまとめの言葉からは、その優劣の判断を下した奥深い理由が見えてくる。
両車を比較すると、「どんな風にでも好きに使って楽しんでください」というハスラーに対して、タフトは「こうやって使ってください」とお節介な感じがしなくはない。--中略-- ハスラーの開発責任者は自身も先代を買って楽しんでいたという方で、クルマで遊んでいるユーザーのことを、よく見ているなと思わせる。それと較べるとタフトは、何とか同じカテゴリーに、正面からぶつかっても勝てないから少し違ったものを……というマーケティン
グ的な匂いがする。もちろん、そこにドンピシャでハマる人にとっては、コレしかないということになるのだろうけど。(『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』より)

いま現在、便利で楽しい移動が実現でき、コスパもいいクルマを選びたいと考えている人にとっては、この一冊は相当にいい参考書になるはず。気になる向きは、いますぐリアルな書店、もしくはネット上の書店へと急がれたし!(文:みらいのくるま取材班)



『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』
・2020年12月28日発行
・著者:島下泰久
・発行:草思社
・価格:1,500円+税

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第28回 日本EVフェスティバル レポート①―カーオブザイヤーに輝いたeKクロスEVの魅力を試乗会で実感!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第28回 日本EVフェスティバル レポー…

    「つながろうみんなでCO2削減」をテーマにした、日本EVクラブ主催の日本EVフェスティバル。その第28回が、2022年11月26日(土)、雨模様の東京国際交流…

    2022.12.23更新

  • 2021全日本EVグランプリシリーズ 第5戦 レポート③―「私が勝つことでレース界が盛り上がっていけばうれしい」(今橋彩佳選手)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2021全日本EVグランプリシリーズ 第…

    今季スポット参戦ながら、その速さで周囲をざわつかせている女性ドライバーの今橋彩佳選手。なぜ、そんなに速いのか?いったいどんな経歴の選手なのか?レースが終わっ…

    2021.08.27更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

  • BookReview ⑦『自動車会社が消える日』~日本のメーカーのEV化はまあまあだが、自動運転化はイマイチ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑦『自動車会社が消…

    刺激的なタイトルには裏づけがある『自動車会社が消える日』とは、なかなか刺激的なタイトルだ。いったい、どういうつもりでこんなタイトルをつけたのだろうか?著者…

    2018.02.28更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ②EVスーパーカーGLM G4開発コンセプト~「あえてタブーに挑戦しています!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    GLMは現在、日本初のEVスーパーカーであるGLMG4(以下、G4)を2019年にローンチすべく、鋭意開発に取り組んでいる。社長の小間裕康氏は、詳細はまだ明か…

    2018.01.17更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    トコトンむずかしいが第1章はわかりやすいさて、ようやく書評である。この『トコトンやさしい電気自動車の本』は、いわゆるロングセラー本である。2009年に初版…

    2017.02.13更新

< 前のページへ戻る