ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

2020年1月17日更新



日本にはEVライフ情報が足りない

「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」

エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これはぜひとも知りたいところだ。だが、残念ながら、いまの日本には、こうしたギモンに応えるような情報が極めて少ない。

書籍だろうと、ネットメディアだろうと、EV関連の情報はビジネス系か技術系のものばかり。EVによってもたらされる魅力的なカーライフに関するものはほんの一握りなのが現状となっている。

世界各国でEV化が劇的に進むなか、日本におけるEVの新車販売台数の実績が1%に満たないことを考えれば、仕方がないことなのかも知れない。しかし、それにしたって淋しい話。これじゃあ、EVへの乗り替えを考えている人たちも、どうするかの踏ん切りがなかなかつかないだろう……。

EVなら1歳半の子を乗せて
2600㎞の長距離運転も可能

そんなEVライフ情報の不足のなか、ぜひ手にとって読みみたいのがネコ・パブリッシングが「100%電気自動車専門誌」と謳って不定期で刊行している雑誌(ムック本)『E MAGAZINE』だ。

2018年11月にVol.1が出て、2019年3月にVol.2が出ているのだが、雑誌が売れない時代に、一冊まるごとわずかな市場しかないEVのことを扱っていて、ある意味、かなり勇気のある(度胸のある)媒体としてキリリと存在している。

この雑誌で注目すべきは、EVオーナーたちのカーライフを追った複数の取材記事だ。内容は十人十色なのだが、どれも読めば「へえ、実際のEVライフって、こんな感じになるんだ」となり、冒頭にあげたギモン「EVに乗り替えたら、どんないいことがあるんだろう?」に対するそれなりの解を示すものとなっている。

記事に登場するEVオーナーたちは、市場を反映して、ノルウェー在住だったり、オーストラリア在住だったり、ハワイ在住だったりして、日本在住のオーナーはごくわずか。また、どのオーナーも、富裕層であったり、意識高い系であったりして、一般とは少し遠い存在だったりする。だけど、クルマの使い方はさほど大きなちがいがないため、彼らの言動はEVの購入を検討するためのいい参考になることはまちがいない。

例えば、Vol.2で紹介されているテスラXに乗るオーストラリア在住の子育て真っ最中の日本人のEVオーナーは、こんなことをいっている。

(電気自動車に)実際に乗り始めてみると快適のそのもの。自宅で充電できるので毎朝満充電、ガソリンスタンドに行く手間やガソリン代を気にすることもありません。そして子育て世代にありがたいのは、停車時にバッテリー上がりを気にせず、エアコンをつかっぱなしに出来ること。真夏日でも真冬日でも、排気ガスを気にせず車内で快適に過ごすことができるんですよ。

テスラに乗っていて良く聞かれるのは「ロングドライブは出来ますか?」ということ。もちろん問題なくできますし、むしろ燃料費が格安の電気自動車こそ、長距離運転にもってこいだと思っています。実際に私も、週末の度にガソリン代を気にすることなく色んな観光地へ出かけています。今年のお正月にはメルボルンからシドニーへ、合計2600㎞走行の旅を敢行。ーー中略ーー 45度超えの真夏日でも、離れた場所からアプリ経由で冷房をオンで、テスラ車内は常に快適。1歳半の子供と一緒でも、テスラならこんな長距離ドライブが問題なく出来てしまいます。私にとってテスラを持つということは移動の自由を手に入れたということでした。(『E MAGAZINE』より)

このオーナーをはじめ、雑誌に紹介されている人たちが共通して口するのは、「EVに乗ると、もうエンジン車にはもどれない(もどりたくない)」ということ。それほどEVへの乗り替えはカーライフにプラス面での劇的な変化(進化)をもたらすようだ。

なお、この雑誌、EVの弱点などについてもしっかりと紹介している。
警報が出るほどの大雪に遭遇したことで、意外な「弱点」も発見できた。それは「タイヤハウスに凍結する雪」である。エンジン車ならエンジンの熱で走っているうちに落ちるが、熱のない電気自動車ではがっちりと凍り付いたままになる。そのまま朝を迎えると「凍結した雪に邪魔されてまともにハンドルが切れなくなることもある」(白馬村内在住のEVユーザー)そうだ。(『E MAGAZINE』より)

けっしていいことばかりに終始しないところが雑誌らしくていい。とても役に立つ。EVに乗り替えるか否かで迷っている人は、ぜひこの雑誌を購入し、どうするかを決めるための参考材料にすることをオススメしたい。

編集部に問い合わせたところ、続くVol.3は、当初は2019年の夏ごろに発刊予定だったところ、秋に新しいEVの発表、発売ラッシュがあるため、それをカバーし、誌面を充実させるために2019年末に発刊をずれこませているとのこと。なんとも待ち遠しいが仕方がない。

そこまで待てない人は、まだ少々在庫がありそうなVol.1、Vol.2で間をつなごう。そこに載っている新車情報などは少々古いが、EVオーナーたちのEVライフに関する声は普遍的で、今も新鮮なままだ。(文:みらいのくるま取材班)

 

『E MAGAZINE』
・VOL.1 2018年12月20日発行 722円+税
・VOL.2 2019年3月30日発行 815円+税
・VOL.3 2019年の年末に発行予定 価格未定
・発行:ネコ・パブリッシング

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第4戦レポート② テスラモデル3の強さが際立つなか、驚きのバトルも目撃できたぞ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第4…

    疾風のようなホールショット全日本EVグランプリシリーズ第4戦の決勝レースが始まる午後3時過ぎ。気温は36℃に上昇し、湿度は80%を優に超えていた。真夏の27…

    2020.08.25更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む超コンビニエンスな燃料電池車〈中編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む超コンビニ…

    アメリカで頓挫した水素化ホウ素ナトリウムの利用前編では、水素化ホウ素ナトリウムの粉を使った燃料電池車(STEPS-FCV)が、いいことずくめであることを知っ…

    2016.09.16更新

  • Book Review⑥『2018年版 間違いだらけのクルマ選び』(後編)~ 自動運転車は個人、メーカー、国の三位一体で走る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑥『2018年版 …

    日産の最新自動運転実験車が公道走行を開始日産自動車株式会社は、2017年の秋に、最新の自動運転実験車両の公道テストをスタートさせた。その実験車両の概要はこう…

    2018.01.17更新

  • 第1回 SDGs ERK on ICEレポート(後編)EVの楽しさが体感できる駅近モータースポーツこそが、これからの自動車市場を刺激する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回 SDGs ERK on ICEレ…

    親子レースになるはずが急きょメディア対抗に変更日本EVクラブは当初、SDGsERKonICE『氷上の電気レーシングカートの祭典』のメインイベントを一般…

    2020.10.29更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 後編】「大ヒットはしなかったけれど、世界にEV化の波を起こした功績は絶大でしょう」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    かつて三菱自動車に在籍していた堤健一さん(株式会社LTE代表)は、マーケティングやインフラ整備支援などを通してi-MiEV(アイ・ミーブ)の販売をサポートした。…

    2019.11.21更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート① – Honda eも「みんなでCO₂削減!!」へ向けたさまざまなる意匠の一つ。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    2020年10月26日、日本の政府が「2050年までにCO₂などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」との表明を行った。そして12月3日、大手新聞社が「政府…

    2021.01.14更新

< 前のページへ戻る