ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.4 ネットで保険を契約したら、事故後に「そんなはずじゃなかった」が多発?オーマイゴッド!【後編】

2019年3月26日更新

もしも4-2

修理代を甘く考えるのは禁物

手軽さや割安感を求めてネットで自動車保険の契約をするドライバーへのアドバイス、後編です。たぶんネットを利用する理由のひとつは、「保険代理店の担当者などに会わず、自分だけで契約を進められる」ということではないでしょうか。でも、そこに落とし穴が・・・。なぜなら、事故の程度と修理の金額について精通しているドライバーは少ないからです。

「Dくんのように、もし自損事故を起こして保険がおりないとしても、修理代はそんなにかからないだろうと甘く考えている人もかなり多いです。まあ、軽微な事故での損傷は、大したことのないように見えることがほとんどなので、その気持ちわからないでもありません。でも、まさにDくんの例のように、じつは損傷がバンパーだけでなく、フェンダーや内骨格にまで及び、修理に数十万円もかかるといったことは非常によくある話(最近のクルマが精巧につくられていることも、そこに影響してきます)。ゆめゆめ修理代を侮るなかれです」

一見、簡単な板金で直りそうなドアのキズ。じつはドアパネル全体を交換する必要があったりする

一見、簡単な板金で直りそうなドアのキズ。じつはドアパネル全体を交換する必要があったりする



任意保険の契約には、客観的なアドバイスが不可欠

事故対応と修理の専門家であるロータス店店長の結論は以下のようなものでした。

「結局、任意保険とそれにまつわる事故のもろもろは、一般の人にとっては理解が非常に難しいのです。だから、自分ですべてを判断して契約に至らなければならないネットでのダイレクト保険は、よほど保険や事故に詳しくない限り避けたほうが得策であろうと私は考えています」

「自分が代理店をやっているからいうわけではありませんが、私たちは、保険と事故に関する詳しい知識を元に、運転する人の特性、クルマの使い方などを総合的かつ客観的に判断し、もっともふさわしい契約内容をオススメすることができます。そして、もし事故に遭われた場合は、近くであれば現場に駆けつけることができるし、そうでなくても、たびたび顔を合わせての現実的な相談に乗れたりします。こうした納得と安心の態勢は、ネットのダイレクト保険には望めないものです。ぜひ、私たち代理店のもつメリットの大きさに注目いただきたいですね」

「ちなみに、代理店を通すと、すごく料金が高くなると誤解されているみたいですが、じつはダイレクト保険と比べて、そんなに大きな差があるわけではありません。そのちょっとだけ高くなる分については、より納得・安心するための対価の部分と捉えていただければ幸いです」

いかがでしたか。けっこう考えさせられる内容ではなかったでしょうか?

いまやほとんどのことがネットで済ませられる時代。だけど、生身の人間に係わる複雑極まりない問題を適正に処理できるまでにはシステムが充分に発達していないというのも事実。たとえば自動車保険という商品は、その代表的なものの一つということができそうです。

この難しい保険を契約する際には、ぜひ一度、保険代理店ともなっているロータス店で相談されることをオススメします。事前に、ネットのダイレクト保険で見積もりをだしておき、それと比較しながら話を聞くという手もあるでしょう。どちらで契約するにせよ、そうすることによって一人で決めるよりもより納得できる結論がだせ、より安心できるカーライフが送れるようになるはずです。

ネットで保険を契約したら、事故後に「そんなはずじゃなかった」が多発?オーマイゴッド!【前編】
ネットで保険を契約したら、事故後に「そんなはずじゃなかった」が多発?オーマイゴッド!【後編】

クルマのことならなんでもロータスクラブへ ~ ロータスクラブは日本全国1,600社がつくる自動車整備業のネットワークです。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.73(後編)「非接触系の当たり屋」にご用心!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.73(後編)「非接触系の当たり屋…

    前編のストーリーに出てきた男の手口は、典型的な非接触系の当たり屋のものといえます。Pさんは、そうと気づかず、男の演技と口車にまんまと乗せられ、示談金として1万円…

    2022.07.07更新

  • Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった。どんな場合もクルマ側の過失が大きいの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった…

    今回のやっちゃったストーリーEさん(50歳男性・会社員)は運転歴30年。これまで壁をこする小さな自損事故を起こすことはあったし、駐車違反やちょっとしたスピー…

    2016.06.14更新

  • Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなん…

    盗難車両が発見されても廃車同然の可能性が大「盗難車が発見される確率は1~2割程度らしい」と中編で書きました。そう、かなり希有とはいえ、ときどき盗難車両が見つ…

    2017.02.27更新

  • Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機に。どうすれば助かる?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機…

    豪雪となったときはどんなタイヤでも立ち往生!?豪雪による交通トラブルを避けるにはどうすればいいのか、Iさんのケースを元にして考察してみましょう。まずタイヤ…

    2019.01.29更新

  • Vol.75(後編)運転中に大地震に遭ったら、車検証を持って避難しよう!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.75(後編)運転中に大地震に遭っ…

    前編のストーリー中でふれているように、地震・噴火・津波による車両の損傷は、自動車保険(車両保険)の補償の対象になりません。ただし、「被災時にクルマを盗難された」…

    2022.09.22更新

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    【今回のやっちゃったストーリー】中学のサッカー部の顧問兼監督をしているMさん(29歳・教員)は、ある日曜日の昼近く、愛車の軽ワゴンを駆って隣町にある総合グラウ…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る