ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.93(前編)法定点検をサボると、メーカー保証が適用されなくなっちゃうかも!?

2024年6月13日更新

メーカー保証_1

【今回のやっちゃったストーリー】

「最近の家電は壊れないから助かるわ」

Jさん(28歳・会社員)は、常々そう思っている。

実際、独り暮らしをはじめた7年前から、使っている家電はひとつも壊れていなかった。冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、テレビ、エアコンなどなど、全部現役のままで活躍している。その間、身の回りの機械で壊れたものといえば、毎日SNSでハードに使っているスマホぐらいだった。

こんなJさんにとって、2年半前に新車で購入した軽自動車も壊れない機械のひとつとなっていた。毎日の通勤の足として使うほか、ロングドライブなどにもよく出かけるが、走りは快調だった。

購入の際、ディーラーの担当者から「半年ごとにエンジンオイルを交換してくださいね」「定期点検は必ず受けるようにしてくださいね」というようなことをいわれた記憶がうっすらあるし、ときどきそうしたことを知らせるハガキも届いていた。けれども、常にちゃんと走っていたし、仕事とプライベートで忙しくもあったので、すべてスルーしてきた。

「オイルを交換しなくたって、点検を受けなくったって、別に問題ないでしょ。うちの冷蔵庫や洗濯機なんて、なんにもしなくたって壊れないし」

だが、この判断が思わぬ出費を招くことに――。

ある日の夕刻、Jさんは会社から20㎞離れた自宅に帰るべく愛車を走らせた。ところが、途中で異変が起きた。ボンネットからガラガラという音が聞こえ、車内に焦げた臭いが強烈に漂ってきたのだ。慌てて減速して路肩に寄せたら、クルマはそこで急にストップしてしまった。

「なに、なに、なに?」

Jさんは、加入している保険会社にレッカー移動を頼み、クルマを購入したディーラーに持ち込んだ。診断の結果、エンジンが焼き付いているのがわかった。その報告にきた担当者は「対処としては、エンジンの載せ替えをおすすめいたします」と言った。そして、「修理代は、概算ですが20万円ほどになると思います」と言葉を継いだ。

それを聞いてJさんは、頭に血を上らせた。

「信じらんない! このクルマ、2年半前に新車で買ったばかりよ。なのに、もう壊れちゃうってどういうこと? それに20万円ってなによ!買ってからそんなに経ってないんだから、メーカー保証で無料で直してよ!」

怒気いっぱいの言葉を放つJさんにたじろぎつつ、担当者はこう応じた。

「今回の故障は、ご購入後にエンジンオイルの交換を一度もされておらず、法定点検などの点検も一切受けていらっしゃらなかったから起きたものと考えられます。メーカー保証については、まだご購入から2年半で走行距離も4万㎞なので保証の有効期限内ではありますが、点検・整備の経緯がメーカー保証の条件を満たしていないため、適用されない可能性が高いです。ちなみに、このことは取扱い説明書に書いてありますし、ご納車の際にもご説明させていただいたと思います」

その後もしばらく抗弁したJさんだったが、だんだん言葉をなくしていった。最後には、しおしおになり、有料になるかもしれないエンジン載せ替えの申し込みを行うに至った。うーん、残念だけど自業自得……。

一般保証と特別保証

新車を購入すると、もれなくメーカー保証がついてきます。

これは一定期間内にクルマに製造上の不具合や部品などの不具合が生じたときに、メーカーが責任をもって無料で修理・交換などを行うものです。部品でいえば、タイヤやチューブ、バッテリーなどの消耗品を除くすべての部品が対象となっています。

このメーカー保証は、「一般保証」と「特別保証」に分けられ、それぞれ対象となる部品と適用される期間が異なります。

一般保証は、基本的にクルマを構成する全部品(消耗品を除く)が対象。例えば電動ミラーやスマートキー、カーエアコン、ドリンクホルダー、シートヒーターなど多様なパーツがそれに当たります。保証期間は、多くのメーカーが新車登録の日から3年間または走行距離6万㎞と規定しています。

特別保証は、クルマを構成する部品のうち走行性能や安全性能などに関わる特に大切な部品が対象になります。例えばエンジン、動力伝達機構、電子制御部品などがそれに当たります。保証期間は、多くのメーカーが新車登録の日から5年間または走行距離10万㎞と規定しています。

一般保証と特別保証の保証期間

それぞれの保証期間を忘れないよう、「一般保証は初回の車検まで」「特別補償は2回目の車検まで」とおぼえておくといいかもしれません。

法定点検をサボると、メーカー保証が適用されなくなっちゃうかも!?(前編)

法定点検をサボると、メーカー保証が適用されなくなっちゃうかも!?(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.69(前編)新車特約の終了後に愛車が全損!……でも「車両全損時復旧費用補償特約」付帯なら時価を上回る補償が出る!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.69(前編)新車特約の終了後に愛…

    【今回の「なるほど!!」ストーリー】Lさん(30歳・会社員)は、約5年前にスポーツカーを買った。価格はそれなりに高かったが、小さいころから憧れていた1台なの…

    2022.02.10更新

  • Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水…

    【今回のやっちゃったストーリー】猛烈な台風が直撃して、ものすごい風雨。そんななかIさん(37歳男性・会社員)は、とくに不安を感じることなく、いつもどおり愛車の…

    2016.08.30更新

  • Vol.85(前編)ワインを飲んだ後にママチャリで走っていたら、警官に呼び止められて……えっ!?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.85(前編)ワインを飲んだ後にマ…

    【今回のやっちゃったストーリー】小学生の子を持つB子さん(36歳)にとって、月に一度のママ友たちとの食事会は最大の楽しみのひとつ。美味しい食事をいただきながら…

    2023.09.14更新

  • Vol.62 タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.62 タイヤ切り裂き事件勃発!な…

    【今回のやっちゃったストーリー】肉食系女子のEさん(32歳・自営業)は、つい最近、半年ほど付き合っていた7歳年下の男性を振った。もっと魅力的な同年代の男性が現…

    2021.05.27更新

  • Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに。ああ、オールリスクタイプの車両保険に入っておけばよかった……(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに…

    突然、カーブの向こうからセンターラインオーバーをしてきた対向車を避けようとして、愛車をガードレールにぶつけてしまったQくん。本来であれば、相手にもある程度の責任…

    2020.02.20更新

  • Vol.57 あなたの人身傷害保険は、クルマを降りたときの事故のケガも補償してくれますか?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.57 あなたの人身傷害保険は、ク…

    契約者が「自分自身を守る保険」として、自動車保険の重要な一角を担う人身傷害保険。いくつかの特徴があるので、それを知っておくことが大切です。前編のストーリーなども…

    2020.12.24更新

< 前のページへ戻る