ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

カーシェアの車両返却時にうっかりミス。高額なペナルティ料金にビックリ!(後編)

2022年11月24日更新

もしも_カーシェア_2

後編では、カーシェアリングサービス(カーシェア)において、「もしも」の事態への備えである自動車保険の扱いがどうなっているかを確認した上で、カーシェア利用で発生しがちなトラブルと、それに関連したペナルティについて述べていきます。

大手は自動車保険を付帯

まず、カーシェアの自動車保険がどうなっているか、そこから見ていきましょう。

前編で挙げたカーシェア会社5社のうち、タイムズカー、オリックスカーシェア、カリテコ、ホンダエブリゴー4社のサービスでは、料金内に対人補償、対物補償、人身傷害補償、車両補償のための自動車保険が付いています。

《例:タイムズカーの保険・補償》
●対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)
●対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)
●車両補償(タイムズカーの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)
●人身傷害補償(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)/1名につき 無制限

なお、カレコだけが車両保険による車両補償がない設定になっているのですが、代わりに1回目の利用時には車両の損傷の修理代が無料となる制度が設けられています(ただし、半年以内に起きた2回目以降の損傷の修理代は利用者が負担)。

万が一の事故などがあったとしても、損害をカバーする自動車保険について、大手のカーシェア会社のサービスはおおむね安心できそうです。

カーシェア特有のトラブル事例

さて、カーシェア利用で発生しがちなトラブルについて、どのようなものがあるか確認してみましょう。

前編でふれた国民生活センターの「レンタカー、カーシェアのトラブルに注意」と題したニュースリリースには、「無人ステーションに起因するカーシェア特有のトラブル」として、次のような事例が紹介されています。


【事例8】サイドブレーキの位置が分からなかった
いつも同じ車種をカーシェアで定期的に利用しているが、今回予約できなかったので、別の車種を利用した。ところが、エンジンをかけて、サイドブレーキを探したものの見当たらず、操作方法の動画を見ても分からなかった。事業者に電話をかけたがつながらなくて困った。(2020年8月受付 50歳代女性)
【事例9】返却翌日にバッテリーが上がっていたと指摘された
突然、カーシェア業者から連絡があり、「スモールランプがついたままになっていたためバッテリーが上がり交換したので、その費用1万8000円を請求する」と言われた。約2週間前に車を利用したが、その翌日に利用した人からエンジンがかからないとの連絡を受け、調べたという。借りた時刻はまだ明るい時間帯なのでスモールランプをつけた覚えはない。(2019年8月受付 30歳代 女性)
【事例10】返却手続きが完了していなかった
カーシェアを利用後に車を返したが、インターネット上の返却手続きをしていないとして延長料金を請求された。車は終了時刻の10分ほど前に返却した。手続きは車両の返却に加え、アプリ内の終了ボタンを押さなければならないが、手続きしたつもりだった。(2020年2月受付 30歳代 男性)
出典:国民生活センター「レンタカー、カーシェアのトラブルに注意」



無店舗・無人ゆえに
ペナルティ規定が多い

こうしたトラブルと関連するのが、カーシェアにおけるペナルティです。カーシェアでは多岐に渡るペナルティが規定されており、前出の事例の中には、利用者が自覚していないことでペナルティ料金を請求されたために、より大きなトラブルとなったというケースがありました。

レンタカーでも利用者が規則に反した行為(ミスを含む)をしたら、ペナルティが科せられて相応の費用が請求されますが、カーシェアの場合はペナルティの数がかなり多くなっています。

《カーシェアにおけるペナルティ規定の例》
※いずれもカーシェア会社が規定したペナルティ料金が発生
●忘れ物(カーシェア会社が忘れ物を回収する場合)
●嘔吐物・喫煙など車内の汚損(清掃の度合いに応じて、車内クリーニングなどは高額に)
●正しい場所に駐車されていない(駐車枠の間違えや駐車方法のミス)
●ライト類の消し忘れ(バッテリー交換の場合は高額に)
●備品紛失(車両のキー、定期駐車券や給油カードなどの紛失・破損)
●ガソリンの油種の間違い(間違った油種のガソリンを給油) など

上記以外にもまだまだあります。それにしても、どうしてカーシェアのペナルティは多岐に規定されているのでしょうか?

理由としては、「カーシェアサービスが無店舗・無人の運営になっている」ということが大きく係わっています。

レンタカーの場合は、スタート時と返却時のもろもろのケアはお店のスタッフがやってくれるため、そこでのミスは発生しません。例えば、前編のストーリーに出てくる返却時のルームライトの消し忘れによるバッテリー上がりなどは絶対に起こりません。

一方、無店舗・無人運営のカーシェアでは、スタート時から帰着後まで、ドライバー自身がやるべきことが数多くあります。それゆえ、うっかりミスなどが発生しがちです。カーシェア会社側はそれを防止する意味もあり、ペナルティを規定しているわけです。

さまざまなことを
自己責任で行う

では、利用者側はどうすればよいのでしょうか。

(1) ホームページをよく読み、確認する
まず、カーシェアを利用する前にホームページを精読し、書かれている規則に反した行為(ミスを含む)をしないように注意を払うことが大事です。「カーシェアは、利用時にスタッフに直接話を聞くことができない」ということを認識し、それを踏まえて自分自身でサービス内容や規則などを十分に理解する必要があります。

(2) 利用前後に、クルマなどについて必ず自分で確認する
カーシェアは、普段利用していないクルマを運転するので、操作方法が分からず確認もできないといったトラブルが発生しています。また、利用前に時間に余裕を持ってステーションに行き、内装も含めて車両の傷や汚れを確認しましょう。返却時には忘れ物やライトの消し忘れなどについてもしっかり確認し、返却手続きを確実に行いましょう。

カーシェアを利用する際は、さまざまなことが自己責任になるという思いを強く持ち、サービスを正しく利用することが大切です。

みなさんの、より安心で充実したカーシェアライフの実現を心よりお祈りします。

カーシェアの車両返却時にうっかりミス。高額なペナルティ料金にビックリ!(前編)

カーシェアの車両返却時にうっかりミス。高額なペナルティ料金にビックリ!(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.71(前編)“ヤドカリ型カーライフ”に便利な「ドライバー保険」。だけど、車両保険は付いていない!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.71(前編)“ヤドカリ型カーライ…

    【今回のやっちゃったストーリー】東京都内の有名私立大学に通うN君(21歳)は大の自動車好き。最低でも週に2回はクルマやバイクを運転している。週末のドライブデー…

    2022.04.07更新

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(中編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    ホンダとともに高いレベルの製品を開発日本で一番信頼できる緊急脱出支援用具と目されている「消棒RESCUE」をつくっているのは、埼玉県所沢市にある株式会社ワイピ…

    2018.04.25更新

  • Vol.52 フードデリバリーの自転車が増える中、「自転車の保険」の義務化が急!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.52 フードデリバリーの自転車が…

    【今回のやっちゃったストーリー】東京にある私立大学に通っている地方出身のUくん(大学2年生・20歳)。生活費や遊興費の足しにしようと、入学当初からフードデリバ…

    2020.07.21更新

  • Vol.3 高価なペットを轢いて弁償を求められた。 うーん、どう対処すればいい?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.3 高価なペットを轢いて弁償を求…

    【今回のやっちゃったストーリー】地方在住のサラリーマンCさん50歳。普段の足用として新しく軽自動車を購入しました。ほんとうは、それまでずっと乗ってきた普通のセ…

    2016.04.08更新

  • Vol.35 地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.35 地震・噴火・津波による被害…

    【今回のやっちゃったストーリー】ある日、海辺の街に住むFさん(24歳・看護師・独身)は、買ったばかりの愛車を駆って勤務先の病院へと向かっていた。「やっぱり新…

    2018.10.23更新

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    【今回のやっちゃったストーリー】中学のサッカー部の顧問兼監督をしているMさん(29歳・教員)は、ある日曜日の昼近く、愛車の軽ワゴンを駆って隣町にある総合グラウ…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る