ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

弘前を中心に昔から親しまれてきた「いがめんち」を老舗「菊富士 本店」でいただく!

2021年6月8日更新

「いがめんち」は、青森県弘前市を中心とした津軽地方で親しまれているご当地グルメです。「いが」は津軽弁で「イカ」を意味します。

「いがめんち」が誕生したのは、戦後まもなくのこと。食料が十分になく、また冷凍技術も乏しい時代、海から離れた内陸部において特に魚介類は貴重な食材でした。地域の人たちは、沿岸部から届いたイカの胴体部分を刺身や飯寿司、煮物などに調理。そして、最後に残った足(ゲソ)も無駄にせず、余り物の野菜とともに細かく刻んだ後、小麦粉を混ぜて平たく伸ばし、焼いたり、揚げたりして醤油などを付けて食べました。これが、「いがめんち」の始まりです。限られた食材を徹底的に使い切ろうとする人たちの知恵から生まれた料理だと言えます。

いがめんち焼(菊冨士 本店)



使う野菜や味付けが異なりながらも、各家庭の母の味として定着した「いがめんち」。2009(平成21)年には、独特の食文化を守り、普及していくため、市民による「弘前いがめんち食べるべ会」も発足しました。

現在、「いがめんち」は、惣菜店などで購入できるほか、飲食店でも味わうことができます。

いがめんち揚(菊冨士 本店)



「創作郷土料理の店 菊富士 本店」は、1927年創業の老舗。旬の食材を使ったメニューのほか、「貝焼き味噌」「けの汁」「若生おにぎり」など津軽の郷土料理も味わえます。その菊富士 本店では、「いがめんち焼」と「いがめんち揚」の2種類が用意されています。一品料理では、それぞれ一皿に3個盛られていて600円(税込、以下同様)。1個200円で追加もできます。



帆立の貝焼き味噌



けの汁



「いがめんち定食」は、小鉢やサラダなどが付いて1280円。「いがめんちカレー丼」(1100円)という、ちょっとユニークなメニューもあります。いずれも、「いがめんち」は、焼いたものか揚げものたかを選んで注文します。

いがめんち定食



いがめんちカレー丼



菊富士 本店は、二八そばも自慢。「比内地鶏鍋そば」(1400円)、「海老天せいろ」(1480円)、「野菜の天せいろ」(1180円)など豊富なメニューをそろえています。

また、ランチタイムには、コーヒーまたはアイスクリーム付きのお得なメニューが数多く登場。「週替わりおすすめ定食」(1000円)も人気です。

弘前を訪れたら、ぜひ味わいたい「いがめんち」。いろいろ食べて、焼くか、揚げるか、自分の好みの味を見つけてみては。

詳細情報

名称 創作郷土料理の店 菊富士 本店
住所 青森県弘前市坂本町1
電話 0120-38-3638
営業時間 午前11時~午後3時(ラストオ-ダー午後2時30分)、午後5時~10時(ラストオーダー午後9時)※ディナータイムは2日前までに要予約
定休日 木曜日ほか ※ホームページでご確認ください
駐車場 アウトエア弘前立体Pまたは土手町立体Pを利用 ※飲食料金2000円に付き1時間無料券を1枚進呈(最大2枚)
アクセス 東北自動車道大鰐弘前ICから約35分
ホームページ http://www.kikufuji.co.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 美しい日本の自然を観て、感じて、体験したくなったら訪ねてみよう!四季折々に楽しめる『十和田湖/奥入瀬渓流』

    ロータスな旅 > 東北

    美しい日本の自然を観て、感じて、体験した…

    青森県と秋田県の県境に位置する『十和田湖』。火山活動によって陥没した場所に雨水が溜まってできる『カルデラ湖』の中でも珍しい『二重カルデラ湖』です。御倉半島と中山…

    2020.08.25更新

  • なまはげ館

    ロータスな旅 > 東北

    なまはげ館

    大晦日の夜、「怠けものはいねがー、泣く子はいねがー」と大声を張り上げながら、家々を回って歩くナマハゲは、怠け心を戒め、吉をもたらす来訪神。迎える家では酒や料理な…

    2015.10.16更新

  • “まほろばの里”山形県高畠町に1990年に創業した、観光も楽しめるワイナリー『高畠ワイナリー』

    ロータスな旅 > 東北

    “まほろばの里”山形県高畠町に1990年…

    山形県高畠町は、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。古くから“まほろばの里”(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、人々の…

    2017.09.12更新

  • そばのメッカと言われる山形県。慶応年間から続く老舗で出会う『といちそば』はまさに伝統に磨かれた本物の味!『そば処庄司屋』

    ロータスな旅 > 東北

    そばのメッカと言われる山形県。慶応年間か…

    良質なそばは、清らかな水に恵まれ、昼夜の寒暖差の大きい土地で育つと言われています。それらの条件にぴたりと当てはまる場所の一つが、山形県です。県内には、「そば街道…

    2020.03.05更新

  • 南会津に残る江戸時代そのままの茅葺き屋根の町並み「大内宿」

    ロータスな旅 > 東北

    南会津に残る江戸時代そのままの茅葺き屋根…

    江戸時代に栄えた宿場町の風情を今に伝える、福島県の「大内宿(おおうちじゅく)」。茅葺屋根の民家兼店舗が建ち並び、まるで時代劇のセットのようです。大内宿は、旧会…

    2021.09.27更新

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る