ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

“水の都”島原の民芸喫茶『しまばら水屋敷』にて、湧き水の池をながめながら『かんざらし』をいただく

2017年9月26日更新

“水の都”として知られる長崎県島原市。市内には50ヵ所を超える湧水地があり、その湧水量は一日22万トンといわれています。古からの普賢岳の噴火など、地殻変動の影響で地下水が自噴したと言われていますが、火山灰層や砂れき層でろ過された地下水は、非常に繊細で良質な湧水となっているのです。
こうした湧水は、農業などに使われるほか、島原地域の人々の暮らしに利用され、水を活かした街づくりを支えてきました。そしてまた、清らかでおいしい水は観光にも大きく寄与しています。
さて、ここでご紹介する『しまばら水屋敷』もその一つ。

水屋敷_1
万町商店街(アーケード)の一角にあった明治初期(1階は明治5年の築、2階は明治30年頃の増築)の豪商の屋敷を民芸喫茶として再生した施設です。1階が和風、2階が洋風(擬洋式建築)という和洋折衷のモダンな建物で、古き良き日本の風情を今にとどめています。

水屋敷_4
敷地内にある池も島原市内有数の湧水ポイントで、1日約4,000トン(毎秒50リットル)もの清らかな水が湧き、水路を伝わって、今なお近隣の人々の生活用水としても利用されているそうです。その池には鯉やハヤがゆったりと泳ぐ姿も見られます。

水屋敷_7
『しまばら水屋敷』を訪れる人は、懐かしさを感じる空間でくつろぎ、湧き水の池をながめながら、ゆったりした時間を過ごします。

水屋敷_2
訪問者をもてなすのは、『しまばら水屋敷主人』の石川俊男さんと奥様。
そして、提供される代表的なメニューが、豊富な湧き水を利用して作られる島原名物の『かんざらし』です。『かんざらし』は、もち米を原料とする寒ざらし粉で小さな団子を作り、熱湯でゆでた後に島原の湧水で冷やして、蜜をかけた伝統的な水菓子です。『しまばら水屋敷』では、寒ざらし粉を練るにも、冷やすにも敷地内の湧水を利用しているそうです。甘さ控えめで、素朴な食感が好評です。

かんざらし

かんざらし



自家製シロップのかかった『かんざらし』は324円(税込、以下同様)、自家製あずきのかかった『かんざらしあずき』は378円、『かんざらしお抹茶セット』は648円、『かんざらしあずきお抹茶セット』は702円と、とても良心的なお値段です。

かんざらし抹茶セット

かんざらし抹茶セット



そのほか、湧き水を一滴ずつ落として10時間かけて抽出した『水出し珈琲』は486円、夏季のみ限定の『かき氷』は486円です。

かんざらし冷珈琲セット(夏季限定)

かんざらし冷珈琲セット(夏季限定)



また、2階は全国から集めた表情豊かな招き猫を常時1000種類も展示する『島原招き猫屋敷』になっています。800体は販売可とのことですから、相性の良さそうな招き猫に出会った方は、石川さんに相談して譲り受けてはいかがでしょう。

水屋敷_3

水屋敷_5

詳細情報

名称 しまばら水屋敷
住所 長崎県島原市万町513-1
電話 0957-62-8555
営業時間 営業時間 午前11時(ころ)~午後5時(ころ)L.O.4:30 ※かんざらしが売り切れ次第閉店
定休日 月~金曜不定休、土・日・祝日は無休、春・夏・冬休みと秋の招き猫まつり期間は無休、※荒天による休み有り
アクセス 【車】高速道路諫早IC下車(大宰府~諫早約90分)→国道251号線を南下(諫早~島原約60分)/ 【電車】JR九州〇〇線にて諫早駅下車・乗り換え、島原鉄道にて島原駅、徒歩8分
駐車場 無し、近隣駐車場(万町商店街駐車場、島原市の市営駐車場など、100円/時)
ホームページ http://www.mizuyashiki.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 軍艦島/軍艦島資料館

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    軍艦島/軍艦島資料館

    明治から昭和にかけて、海底炭坑として栄えた島、軍艦島(正式名称は『端島』)。昭和49年に閉山し、現在は無人島になっていますが、今年、軍艦島を構成遺産に含む「明治…

    2015.10.16更新

  • カツオなどの水揚げが盛んな鹿児島県指宿市の山川港にある道の駅。ここに来たら、鮮魚の刺身かかつおのたたきは食べずにはおれません!指宿産の農産品も要チェック!『道の駅 山川港 活お海道(いおかいどう)』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    カツオなどの水揚げが盛んな鹿児島県指宿市…

    カツオをはじめとする鮮魚の水揚げが盛んな鹿児島県指宿市の山川港。その地形の特徴から“鶴の港”とも呼ばれています。この山川漁港にある『道の駅山川港活お海道(い…

    2019.01.15更新

  • 置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の貴重な産業遺産として保存・公開している『中冨記念くすり博物館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の…

    『中冨記念くすり博物館』がある鳥栖市田代(たじろ)とは、富山・大和(奈良)・近江(滋賀)と並ぶ「日本の四大売薬」の発祥の地で、その歴史は江戸時代にさかのぼります…

    2016.09.16更新

  • 炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀県大町町(おおまちちょう)の『大町たろめん』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀…

    佐賀県の中央部に位置する大町町(おおまちちょう)。人口7000人弱という県内で最も小さな町ですが、昭和初期から杵島炭鉱が閉鎖する1969(昭和44)年まで、“炭…

    2021.03.11更新

  • 長崎が誇る2大料理と言えばちゃんぽんと皿うどん。食べるなら元祖の味がオススメ!『中華料理 四海樓』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    長崎が誇る2大料理と言えばちゃんぽんと皿…

    長崎県の名物料理と言えば、ちゃんぽんと皿うどん。長崎市内には、ちゃんぽんなどを提供する飲食店が1000件以上あると言われています。ちゃんぽんには、小麦粉に『唐…

    2019.12.19更新

  • 懐かしい昭和の暮らしやおもちゃ・駄菓子の景品などを展示。レトロカーもいっぱいの、昭和の町のテーマパーク『昭和ロマン蔵』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    懐かしい昭和の暮らしやおもちゃ・駄菓子の…

    江戸時代から海上運輸の要所として栄えた豊後高田は、明治以降も昭和30年代までは、中心商店街に活気が満ちていました。しかし、その後は時代の波に取り残された状況にな…

    2018.02.28更新

< 前のページへ戻る