ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

琵琶湖観光の拠点に立ち寄りたい高島市の道の駅。近江牛や発酵食に舌鼓!新鮮野菜にアドベリー加工食品のお土産ショッピング、扇子の絵付け体験までも楽しめる!『道の駅 藤樹の里あどがわ』

2019年7月9日更新

琵琶湖の北西部に位置する、滋賀県高島市。豊かな自然が残され、安曇川をはじめとする河川から琵琶湖に注ぐ水の約3分の1を生み出していると言われています。古来より京都や奈良と北陸を結ぶ交通の要衝として栄え、宿場町の名残を今に留めます。また、観光ポイントとしては、ほか、琵琶湖の安曇川町出身で日本陽明学の祖と言われる中江藤樹の遺品などを所蔵・展示する『近江聖人中江藤樹記念館』や中国式庭園『陽明園』などがあります。

この高島市に、2006(平成18)年にオープンした道の駅が、国道161号沿いの『道の駅 藤樹の里あどがわ』です。



施設構成は、地元の名産・特産品を豊富に取り扱う『高島みちくさ市場』、『大吉Grill牧場』『安曇川キッチン』の2店があるレストラン、コンビニエンスストア、観光案内所、芝生広場などとなっています。

高島みちくさ市場(特産品売場)



『高島みちくさ市場』は、高島市内で採れた新鮮な野菜をはじめ、お弁当や鮒寿司・焼き鯖寿司、川魚の佃煮などの特産品、安曇川町特産品のアドベリーを用いた洋菓子、丁稚羊羹や栃餅などの和菓子、工芸品や手作り雑貨まで取り揃えています。



アドベリー加工品



近江牛一筋の老舗『大吉』が手掛ける農家レストラン『大吉Grill牧場』では、ハンバーグ、ステーキ、しゃぶしゃぶなどお好みのスタイルで美味しい近江牛を味わえます。もちろん、牛肉だけでなく、地元のお米や野菜も使い、地産地消にこだわっています。

オススメのメニューをいくつかご紹介!『本日のひと口ステーキ定食(赤身希少部位)』(1ドリンク付、100g1890円、150g2590円)は、赤身肉を中心にした近江牛を自家製醤油タレで焼き上げた一口ステーキ。『近江牛やきすきじゅんじゅん定食』(1ドリンク付1690円 )は、湖北地方に伝わる川魚のすき焼き「じゅんじゅん」を近江牛で再現したメニュー。『近江牛粗挽きデミグラスハンバーグ定食[100g]』(1ドリンク付1390円)は、近江牛100%のビーフハンバーグに特製デミグラスソースを合わせた洋食の定番です。その他、『近江牛ビフテキ重』(1ドリンク付2690円)は、近江牛の霜降り肉のレアステーキを、ご飯と共にガッツリいただけます。高島市ならではの家庭メニュー『とんちゃん』(味噌漬けにした鶏肉を焼いた料理)を楽しめる『とんちゃん定食』(1ドリンク付980円)もあります。※価格は消費税抜

近江牛やきすきじゅんじゅん定食



近江ビフテキ重



とんちゃん重



『安曇川キッチン』では、“発酵する町”として売り出し中の高島市にちなんで、発酵食と野菜をバランス良くいただける『高島発酵・魚定食』と『高島発酵・お肉定食』(各1200円、税込、以下同様)ほか、『高島カレー』(850円)、『醤油麹のぶた丼』(900円)、石臼引き十割蕎麦の『ざる蕎麦』(750円)、『きつね蕎麦』(800円)などがあります。さらに、シンプルな『卵かけご飯』がなんと300円でいただけます!※価格は消費税込

高島発酵 お魚定食



高島発酵 お肉定食



ざるそば 高島カレー



そして、この道の駅では、古くから高島地域の伝統産業として受け継がれている扇骨(扇子の紙以外の部分)にちなんで、扇子の絵付け体験(要予約・有料)もできます。体験コースは、扇子の大きさによって、Aコース(1150円、材料・送料)、Bコース(1700円)、Cコース(1950円)の3コース。旅の思い出づくりにオススメです。※価格は消費税込

詳細情報

名称 道の駅 藤樹の里あどがわ
住所 滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1
電話 0740-32-8460
営業時間 午前9時~午後6時 ※大吉Grill牧場:午前11時~午後6時30分(LO午後6時)、安曇川キッチン:午前9時~午後5時
定休日 第2水曜日(4月・8月・11月は無休)、1月1日
アクセス 名神高速京都東ICから国道161号経由で約1時間(国道161号線沿い)
駐車場 大型:15台、普通車:97台、身障者用:3台 (無料)
ホームページ https://adogawa.net/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 兵庫県南西部で作られ、全国に知られるブランドになった手延そうめん『揖保乃糸』。その歴史や情報を知り、製造工程を見学、そして美味しいそうめんを味わうことができる!『揖保乃糸 資料館 そうめんの里』

    ロータスな旅 > 近畿

    兵庫県南西部で作られ、全国に知られるブラ…

    多くの人が一度は食べたことのある、手延そうめん『揖保乃糸』。この『揖保乃糸』という商品名は、兵庫県手延素麺協同組合が持っている商標で、この名を付けたそうめんは組…

    2020.02.06更新

  • 伝統的な建物『舟屋』を眺めつつ、丹後の海の幸を味わえる『道の駅 舟屋の里伊根』

    ロータスな旅 > 近畿

    伝統的な建物『舟屋』を眺めつつ、丹後の海…

    丹後半島の伊根町には、「舟屋」と呼ばれるこの地区独特の伝統的建物があります。舟屋は、1階が海に直接面した船揚場と作業場など、2階が居室になっています。江戸時代中…

    2017.03.13更新

  • オリジナル茶の銘柄が40種。店内の喫茶室ではお茶の淹れ方から手ほどきしてもらえる。京都ならではのお茶の老舗『一保堂茶舖(いっぽどうちゃほ)』

    ロータスな旅 > 近畿

    オリジナル茶の銘柄が40種。店内の喫茶室…

    京都を代表する名産品のひとつに、『お茶』があります。鎌倉時代に、臨済宗の開祖・栄西が宋から持ちかえったお茶の種を、京都の栂尾(とがのお)にある高山寺の明恵上人に…

    2017.07.25更新

  • 大阪市天王寺区にある、1400年以上前に聖徳太子が建立した日本仏法最初の官寺。往時をしのぶ伽藍を参拝し、平和な国づくりの想いに触れる。『和宗総本山 四天王寺』

    ロータスな旅 > 近畿

    大阪市天王寺区にある、1400年以上前に…

    大阪市天王寺区にある『和宗総本山四天王寺』は、1400年以上前に聖徳太子が建立した日本仏法最初の官寺です。『日本書紀』の伝えるところでは、仏教を排除しようと…

    2019.07.09更新

  • 歴史ロマンの舞台“飛鳥”を、未来的な超小型モビリティで巡るという唯一無二の体験ができる!『MICHIMO(ミチモ)』

    ロータスな旅 > 近畿

    歴史ロマンの舞台“飛鳥”を、未来的な超小…

    奈良県中部に位置する飛鳥地域。そこには、縄文時代からの古い遺跡と、その上に築かれたいわゆる飛鳥時代の遺跡が数多く残されています。大和王権が形成され、仏教が伝来、…

    2017.11.09更新

  • 京都府唯一の村“南山城村”のお茶と地のものがいっぱい!『道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村』

    ロータスな旅 > 近畿

    京都府唯一の村“南山城村”のお茶と地のも…

    山々に囲まれた、自然豊かな南山城村は、京都府唯一の“村”。お茶をはじめ、お米や野菜などの豊かな農産物に恵まれています。そんな南山城村の魅力がギュッと詰め込まれて…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る