ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

白洲次郎と妻・正子のライフスタイルが息づく「旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)」

2022年1月13日更新

戦後、吉田茂首相の側近として外交の場で活躍した白洲次郎。GHQ(連合国軍最高司令官総司令本部)に怯むことなく交渉し、「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたことで知られ、その活躍ぶりは、映画やテレビドラマなどでも紹介されています。また、多くの企業役員を歴任するなど実業家としても名を馳せました。

「武相荘」は、東京都町田市にある、白洲次郎と妻・正子が暮らした邸宅です。武蔵と相模の境にあることと、「不愛想」とをかけて、次郎が名付けたそうです。2001(平成13)年に記念館・資料館としてオープンし、2015(平成27)年のリニューアル時には、「レストラン&カフェ武相荘」も設けられました。



緑に囲まれた武相荘の敷地では、春には梅、夏には夕顔、秋には山茶花、冬には福寿草など、季節の花々が見られます。入口から最も奥まった場所には、雑木林が残されていて、散策路を歩きながら自然を楽しむことができます。

茅葺屋根の「ミュージアム」は、家屋をそのまま利用。囲炉裏端には、白洲次郎・正子夫妻が実際に使っていた家具や食器などが、当時の暮らしぶりが分かる状態で展示されています。1951(昭和26)年のサンフランシスコ講和条約締結時に首相が演説で使用した原稿など、次郎の仕事に関わる貴重な資料も豊富です。母屋の北側には、正子の書斎も現存。書棚に数えきれないほどの書物があふれ、圧倒されそうです。

ミュージアムショップでは、厳選された調度品などを販売しています。ここでしか購入できないものもあり人気です。

母屋に隣接している「レストラン&カフェ武相荘」は、入館料不要で利用できます。ランチメニューは、白洲家に伝わるレシピを基に再現された「海老カレー」(1760円)や「オムライス」(1430円)、「次郎の親子どん」(1430円)など。カフェメニューは、コーヒー、紅茶などのほか、どら焼きやチーズケーキといったスイーツも用意されています。ディナーはコースのみで、7800円~。完全予約制で、利用は中学生以上となっています。



豊かな自然、センスある調度品、こだわりの料理。武相荘には、暮らしを豊かにするヒントが詰まっています。

詳細情報

名称 旧白洲邸 武相荘
住所 東京都町田市能ヶ谷7丁目3番2号
電話 ミュージアム:042-735-5732、ショップ:042-736-6478、レストラン:042-708-8633
開館時間 午前10時~午後5時※入館は午後4時半まで
休館日 月曜日(祝日・振替休日は開館)※夏季・冬季休館あり
入館料 1100円 ※ミュージアムエリアは小学生以下の入館不可
駐車場 16台
アクセス 中央自動車道稲城ICから約30分
ホームページ https://buaiso.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんにゃくバイキング(無料!)や手づくりこんにゃく体験が用意されている『こんにゃくパーク』

    ロータスな旅 > 関東

    こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんに…

    和食の具材として親しまれる『こんにゃく』。こんにゃく芋は、6世紀ごろ薬用として朝鮮半島を経て日本に伝わり、整腸効果の高い食材として広まり、鎌倉時代には精進料理な…

    2017.06.27更新

  • 98歳を目前にして亡くなるまで精力的に創作を続けた、“生命(いのち)の画家”中川一政画伯の作品に出会える『真鶴町立中川一政美術館』

    ロータスな旅 > 関東

    98歳を目前にして亡くなるまで精力的に創…

    “生命(いのち)の画家”として知られる中川一政画伯[なかがわかずまさ、1893(明治26)年2月14日~1991(平成3)年2月5日]。東京の本郷で生まれ、油…

    2018.05.15更新

  • 「高速道路のPAで一休み」がめちゃくちゃ楽しくなった!『鬼平犯科帳』の舞台となった江戸の町にタイムトリップできる『鬼平江戸処 羽生PA(上り線)』

    ロータスな旅 > 関東

    「高速道路のPAで一休み」がめちゃくちゃ…

    最近、高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)にはさまざまな工夫を凝らしたものが増えています。その一つにテーマ型エリアというものがあります。首…

    2017.07.25更新

  • 地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散策を楽しむ!未病改善をテーマにした神奈川県大井町の新スポット『me-byo valley  BIOTOPIA(未病バレー ビオトピア)』

    ロータスな旅 > 関東

    地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散…

    2018(平成30)年4月、神奈川県大井町に『me-byovalley BIOTOPIA(未病バレービオトピア)』という耳慣れない施設がオープンしました。…

    2020.02.20更新

  • いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    ロータスな旅 > 関東

    いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    いすみ鉄道株式会社は、千葉県夷隅郡大多喜町に本社を置き、大原~上総中野(26.8km)を連絡する『いすみ線』を運営しています。春には沿線が菜の花で彩られ(約15…

    2016.03.04更新

  • 約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている都内のオアシス。とくに春と秋のバラフェスタは圧巻!『神代植物公園』

    ロータスな旅 > 関東

    約4,800種類、10万本・株の樹木が植…

    都内にあって、自然を感じることのできる調布市の『神代植物公園』。ここは、もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃(びょうほ、苗を育てるための畑)でしたが、19…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る