ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいごまち)。ここに、かの西行法師も感嘆した名瀑あり!『袋田の滝』

2019年10月10日更新

高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る『袋田の滝』。日本三名瀑の一つで、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名『四度(よど)の滝』とも呼ばれ、四段になった岩壁を滝が落下するから、その昔、平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した武士で歌人の西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ、真の風趣は味わえない」と袋田の滝を評したからとも言われています。



西行法師の言葉通り、『袋田の滝』の大きな魅力は、四季折々、異なった姿が見られること。緑あふれる渓谷を流れ落ちる春、たっぷりの水量で涼しさを与えてくれる夏、紅葉と相まって美しい流れを見せる秋、そして、白く凍結して『氷瀑』となる冬。

「春」



「夏」



「秋」



「冬」



ただ、『氷瀑』については、自然現象であるため、気温によってあまり凍結しないことがあります。「観光いばらき」ホームページで『凍結情報』を発信していますので、凍結した滝を見たい方はチェックして出かけましょう。

滝のある場所までは、『袋田の滝ばくばく観瀑トンネル』を通って行きます。トンネルは全長276m。高齢者などのために、『袋田の滝商店街』や『袋田観瀑施設管理事務所』にて車いすを無料で貸し出しています。入場料を支払って、5分ほど行くと、目の前に滝の流れが現れます。水しぶきがかからんばかりの距離で、迫力満点。さらに、エレベーターで観瀑台を上がると、滝の全景を眺めることができます(第3デッキまでありますが、車いすで行けるのは第1デッキまで)。

『袋田の滝』は、2015(平成27)年10月に、NPO法人地域活性化支援センターにより『恋人の聖地』に選定されました。滝に向かうトンネルの中には、大子町の鳥でもある『オシドリ』のモニュメントが設置されています。

恋人の聖地モニュメント



例年11月~1月には、ライトアップイベント『大子来人(ダイゴライト)』を開催。滝はもちろん、トンネル内や周辺がライトアップされ、昼間とはまた異なる神秘的な雰囲気を楽しむことができます。

(紅葉時期)



滝を中心に、自然が織りなすダイナミックな風景。いつ来ても、誰と来ても、何度来ても、新たな感動がありそうです。

詳細情報

名称 袋田の滝
住所 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
電話番号 0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
営業時間 午前8時~午後6時(11~4月は午前9時~午後5時) ※ライトアップ期間中(11月は午後8時まで、12月・1月は午後7時まで)
観瀑施設 (袋田の滝トンネル)利用料 高校生以上300円、小・中学生150円
アクセス 常磐自動車道那珂ICから国道118号線経由で約50分
駐車場 町営無料駐車場(2ヵ所、計260台)、民間駐車場(有料)700台
ホームページ http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.html(大子町ホームページ)
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/fukurodawinter.html(観光いばらきホームページ 凍結情報)
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ここでしか撮れない不思議でユニークなSNS映えする写真を撮ろう!和風トリックアート&名作トリックアートがズラリ揃った、お台場の『東京トリックアート迷宮館』

    ロータスな旅 > 関東

    ここでしか撮れない不思議でユニークなSN…

    額縁から飛び出して見えたり、奥行きがあるように感じられたり、見る角度によって絵の印象が異なったり…『トリックアート』は、人間の目の錯覚を利用して楽しむ日本生まれ…

    2019.06.25更新

  • 野趣あふれる旨みと歯ごたえが特徴のブランド鶏『奥久慈しゃも』の美味しさを味わい尽くすなら『大子(だいご)の割烹料理 弥満喜(やまき)』

    ロータスな旅 > 関東

    野趣あふれる旨みと歯ごたえが特徴のブラン…

    福島県と茨城県を流れる、延長124㎞の久慈川。上流域の奥久慈(おくくじ)は、雄大な景観や癒しの温泉、味わい深い食など、さまざまな魅力にあふれています。その中で旅…

    2020.08.06更新

  • いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    ロータスな旅 > 関東

    いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    いすみ鉄道株式会社は、千葉県夷隅郡大多喜町に本社を置き、大原~上総中野(26.8km)を連絡する『いすみ線』を運営しています。春には沿線が菜の花で彩られ(約15…

    2016.03.04更新

  • 近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住まい、その自然を愛した青梅市御岳(みたけ)で、珠玉の作品を心静かに鑑賞する『玉堂美術館』

    ロータスな旅 > 関東

    近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住ま…

    四季折々の日本の自然をモチーフとして数多くの風景画を描いた、近代日本画壇の巨匠、川合玉堂。川合玉堂は、1873(明治6)年に愛知県に生まれます。十代に京都で望月…

    2017.09.26更新

  • 茨城県の郷土食「つけけんちんそば」がうまい!「そば処 登喜和家」

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県の郷土食「つけけんちんそば」がうま…

    江戸時代から現在に至るまで、そばづくりが盛んな茨城県。特に県北地域は、気候や地形がそば栽培に適していて、そばの名産地として金砂郷(かなさごう)そば街道、水府(す…

    2023.05.30更新

  • 千葉県にある“発酵”をテーマにした道の駅「道の駅 発酵の里こうざき」

    ロータスな旅 > 関東

    千葉県にある“発酵”をテーマにした道の駅…

    千葉県の神崎町(こうざきまち)は、豊かな利根川の水の恵みを受け、古くから農業が盛んな町。収穫した米や大豆を使った酒、しょうゆ、味噌といった発酵食品づくりも長く行…

    2023.10.26更新

< 前のページへ戻る