ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいごまち)。ここに、かの西行法師も感嘆した名瀑あり!『袋田の滝』

2019年10月10日更新

高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る『袋田の滝』。日本三名瀑の一つで、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名『四度(よど)の滝』とも呼ばれ、四段になった岩壁を滝が落下するから、その昔、平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した武士で歌人の西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ、真の風趣は味わえない」と袋田の滝を評したからとも言われています。



西行法師の言葉通り、『袋田の滝』の大きな魅力は、四季折々、異なった姿が見られること。緑あふれる渓谷を流れ落ちる春、たっぷりの水量で涼しさを与えてくれる夏、紅葉と相まって美しい流れを見せる秋、そして、白く凍結して『氷瀑』となる冬。

「春」



「夏」



「秋」



「冬」



ただ、『氷瀑』については、自然現象であるため、気温によってあまり凍結しないことがあります。「観光いばらき」ホームページで『凍結情報』を発信していますので、凍結した滝を見たい方はチェックして出かけましょう。

滝のある場所までは、『袋田の滝ばくばく観瀑トンネル』を通って行きます。トンネルは全長276m。高齢者などのために、『袋田の滝商店街』や『袋田観瀑施設管理事務所』にて車いすを無料で貸し出しています。入場料を支払って、5分ほど行くと、目の前に滝の流れが現れます。水しぶきがかからんばかりの距離で、迫力満点。さらに、エレベーターで観瀑台を上がると、滝の全景を眺めることができます(第3デッキまでありますが、車いすで行けるのは第1デッキまで)。

『袋田の滝』は、2015(平成27)年10月に、NPO法人地域活性化支援センターにより『恋人の聖地』に選定されました。滝に向かうトンネルの中には、大子町の鳥でもある『オシドリ』のモニュメントが設置されています。

恋人の聖地モニュメント



例年11月~1月には、ライトアップイベント『大子来人(ダイゴライト)』を開催。滝はもちろん、トンネル内や周辺がライトアップされ、昼間とはまた異なる神秘的な雰囲気を楽しむことができます。

(紅葉時期)



滝を中心に、自然が織りなすダイナミックな風景。いつ来ても、誰と来ても、何度来ても、新たな感動がありそうです。

詳細情報

名称 袋田の滝
住所 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
電話番号 0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
営業時間 午前8時~午後6時(11~4月は午前9時~午後5時) ※ライトアップ期間中(11月は午後8時まで、12月・1月は午後7時まで)
観瀑施設 (袋田の滝トンネル)利用料 高校生以上300円、小・中学生150円
アクセス 常磐自動車道那珂ICから国道118号線経由で約50分
駐車場 町営無料駐車場(2ヵ所、計260台)、民間駐車場(有料)700台
ホームページ http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.html(大子町ホームページ)
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/fukurodawinter.html(観光いばらきホームページ 凍結情報)
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 奥日光に再現されたアーネスト・サトウからの贈り物。“古き良き英国”をしみじみ味わう『英国大使館別荘記念公園』

    ロータスな旅 > 関東

    奥日光に再現されたアーネスト・サトウから…

    奥日光の中禅寺湖畔は、明治時代に避暑地として注目されるや、多くの外交官や大使館の別荘が建てられ、「夏は外務省が日光に移る」とまで言われる活況を呈しました。その…

    2017.09.26更新

  • こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんにゃくバイキング(無料!)や手づくりこんにゃく体験が用意されている『こんにゃくパーク』

    ロータスな旅 > 関東

    こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんに…

    和食の具材として親しまれる『こんにゃく』。こんにゃく芋は、6世紀ごろ薬用として朝鮮半島を経て日本に伝わり、整腸効果の高い食材として広まり、鎌倉時代には精進料理な…

    2017.06.27更新

  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)が創祀したと言われる関東有数のパワースポット『三峯(みつみね)神社』

    ロータスな旅 > 関東

    日本武尊(やまとたけるのみこと)が創祀し…

    『三峯(みつみね)神社』は、埼玉県秩父市の秩父多摩甲斐国立公園内の標高約1100mにある関東屈指の古社。秩父神社、宝登山(ほどさん)神社と並ぶ『秩父三社』の一つ…

    2021.02.12更新

  • ここでしか撮れない不思議でユニークなSNS映えする写真を撮ろう!和風トリックアート&名作トリックアートがズラリ揃った、お台場の『東京トリックアート迷宮館』

    ロータスな旅 > 関東

    ここでしか撮れない不思議でユニークなSN…

    額縁から飛び出して見えたり、奥行きがあるように感じられたり、見る角度によって絵の印象が異なったり…『トリックアート』は、人間の目の錯覚を利用して楽しむ日本生まれ…

    2019.06.25更新

  • 手仕事作家の多く住む益子のクオリティ・オブ・ライフを、建物・ショップ・グルメ・インフォメーションのすべてで表現する『道の駅 ましこ』

    ロータスな旅 > 関東

    手仕事作家の多く住む益子のクオリティ・オ…

    益子町は、温かみのある質感の焼き物『益子焼』で有名な町。観光で訪れる人も年間を通じて多くいます。『道の駅ましこ』は、山々をイメージした三角屋根に全面ガラス張…

    2018.08.23更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

< 前のページへ戻る