ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

2019年9月10日更新

『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です。すでに、全国に130ヵ所あります〔2019(令和1)年6月30日現在〕。

千葉県館山市では、館山港一帯を『みなとオアシス』として登録。その中の代表施設が、2012(平成24)年3月にオープンした『“渚の駅”たてやま』です。



1階の『海辺の広場』には、いくつもの水槽があり、館山湾に生息する生き物が展示されています。約40㎥の『磯場の水槽』は、潮の干満を人工的に再現し、干潮時には浅瀬の潮溜まりに残された生き物を観察することができます。その他、直接生き物に触れられる『タッチプール』や、毎日午後2時30分から実施している『エサやり体験』が人気です。



『VR(バーチャル・リアリティ)コーナー』では、館山の海に潜ったり、空を飛んだりしているような感覚が味わえます。料金は、大人200円・小人100円。(ただし、7歳未満の子供は視力への影響に考慮し、利用できません)さらに、ぜひ立ち寄っていただきたいのが『さかなクンギャラリー』。魚類学者でタレントでもある、さかなクンは館山市在住で、『館山ふるさと大使』と『“渚の駅”たてやま』の名誉駅長を務めています。本人が描いた魚のイラストなどが飾られている、楽しい空間です。

さかなクンギャラリー



さかなクンギャラリー



1階~2階にまたがる『渚の博物館』(館山市立博物館分館)では、昔の漁業風景や漁師の暮らしぶりを知ることができます。模型や人形で再現している他、実際に使われていた道具なども数多く展示されています。

博物館



『商業施設棟』には、ショップや飲食施設があります。

1階の『海のマルシェたてやま!!』は、千葉県の特産品である落花生・枇杷・イチジクなどを使ったお菓子や、ジャム・ピーナッツバターなどの加工品など、館山を中心に房総のお土産品がいっぱい。さらに、朝どれの房総野菜や魚介類も並んでいます。そして……パティスリーソラネルのスイーツもおすすめ!!



2階の『館山なぎさ食堂』では、新鮮な魚介類を使った丼物、定食、パスタなどを味わうことができます。人気の海鮮丼(上)は1980円、季節の煮魚定食1930円、アジ・カキフライ定食1530円、煮穴子丼セット1180円、房総産伊勢海老のペスカトーレ2130円、海の幸のトマトパスタ1730円など、メニューは豊富!

食事ではなくお茶を楽しむなら、併設の『nagisa.cafe』へ。コーヒーやジェラートなどは、テイクアウトもOK。パティスリーソラネルのケーキセットもお召し上がりいただけます。館山湾が一望できる展望デッキに出て潮風に吹かれながら、味わうこともできます。眼下には、日本一長い桟橋『館山夕日桟橋』(海岸通りから先端まで500m)があり、発着する船も見えます。また、展望デッキからは、5月中旬や7月下旬の夕方に、運が良ければ富士山頂に夕日が沈む“ダイヤモンド富士”の情景に出会えるかもしれません。

房総はちみつみるくラスク



『渚の駅たてやま』では、さかなクンのイラストも施したデザインの自転車の貸し出しを行っているレンタサイクル(料金:4時間500円、1日1000円/午前9時~午後4時45分)も行っています。駐車場にクルマを停め、房総半島の先端の街・館山を自転車で回ってみるのも一興です。

詳細情報

名称 みなとオアシス“渚の駅”たてやま
住所 千葉県館山市館山1564-1
電話 渚の博物館・海辺の広場(担当:観光みなと課):0470-22-3606、海のマルシェたてやま!!:0470-28-4926、館山なぎさ食堂:0470-28-4927
営業時間 渚の博物館・海辺の広場:午前9時~午後4時45分、海のマルシェたてやま!!:午前9時~午後6時、館山なぎさ食堂:ランチ/午前11時~午後2時30分(土日祝は午後3時)、カフェタイム/午後2時30分~午後5時(土日祝は午後3時~午後5時)
定休日 渚の博物館:毎月最終月曜日・年末年始、海辺の広場:毎週月曜日・年末年始 (※いずれも月曜日が祝祭日の場合は翌日)、海のマルシェたてやま!!・館山なぎさ食堂は年中無休(臨時休業あり)
アクセス 【車】富浦ICから約6km(約15分)、【電車】JR館山駅から徒歩15分
駐車場 普通車約100台、大型バス4台
ホームページ https://www.city.tateyama.chiba.jp/minato/page100034.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

  • あしかがフラワーパーク

    ロータスな旅 > 関東

    あしかがフラワーパーク

    CNNの「2014年世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選ばれ、話題となった「あしかがフラワーパーク」。中でも、藤の見事さはあまりにも有名です。600畳敷の大…

    2015.10.16更新

  • 国営ひたち海浜公園

    ロータスな旅 > 関東

    国営ひたち海浜公園

    太平洋から吹きつける風が開園面積200haもの広大な空間を、草花を揺らして吹き渡っていく、心地よさにあふれた「国営ひたち海浜公園」。初夏、約4haもの広大な“み…

    2015.10.16更新

  • 「SLの走るまち」として全国に売り出し中の栃木県真岡(もおか)市。SLや懐かしい客車などを間近に見て、さわって、ちょっぴり体験もできる!『真岡鉄道 SLキューロク館』

    ロータスな旅 > 関東

    「SLの走るまち」として全国に売り出し中…

    栃木県真岡(もおか)市では、全国でも珍しく、現在もSLが運行しています。真岡駅の駅舎は、SLをモチーフにして設計・建築され関東の駅百選に選ばれています。そして、…

    2019.03.13更新

  • 年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。土合口駅から1300メートルを超える天神平までを結ぶ『谷川岳ロープウェイ』

    ロータスな旅 > 関東

    年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。…

    新潟県と群馬県の境にそびえる谷川岳は、日本百名山の一つ。山頂に、『オキノ耳』(標高1977メートル)と『トマノ耳』(標高1963メートル)と呼ばれる、二つのピー…

    2019.11.07更新

  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)が創祀したと言われる関東有数のパワースポット『三峯(みつみね)神社』

    ロータスな旅 > 関東

    日本武尊(やまとたけるのみこと)が創祀し…

    『三峯(みつみね)神社』は、埼玉県秩父市の秩父多摩甲斐国立公園内の標高約1100mにある関東屈指の古社。秩父神社、宝登山(ほどさん)神社と並ぶ『秩父三社』の一つ…

    2021.02.12更新

< 前のページへ戻る