ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

2019年9月10日更新

『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です。すでに、全国に130ヵ所あります〔2019(令和1)年6月30日現在〕。

千葉県館山市では、館山港一帯を『みなとオアシス』として登録。その中の代表施設が、2012(平成24)年3月にオープンした『“渚の駅”たてやま』です。



1階の『海辺の広場』には、いくつもの水槽があり、館山湾に生息する生き物が展示されています。約40㎥の『磯場の水槽』は、潮の干満を人工的に再現し、干潮時には浅瀬の潮溜まりに残された生き物を観察することができます。その他、直接生き物に触れられる『タッチプール』や、毎日午後2時30分から実施している『エサやり体験』が人気です。



『VR(バーチャル・リアリティ)コーナー』では、館山の海に潜ったり、空を飛んだりしているような感覚が味わえます。料金は、大人200円・小人100円。(ただし、7歳未満の子供は視力への影響に考慮し、利用できません)さらに、ぜひ立ち寄っていただきたいのが『さかなクンギャラリー』。魚類学者でタレントでもある、さかなクンは館山市在住で、『館山ふるさと大使』と『“渚の駅”たてやま』の名誉駅長を務めています。本人が描いた魚のイラストなどが飾られている、楽しい空間です。

さかなクンギャラリー



さかなクンギャラリー



1階~2階にまたがる『渚の博物館』(館山市立博物館分館)では、昔の漁業風景や漁師の暮らしぶりを知ることができます。模型や人形で再現している他、実際に使われていた道具なども数多く展示されています。

博物館



『商業施設棟』には、ショップや飲食施設があります。

1階の『海のマルシェたてやま!!』は、千葉県の特産品である落花生・枇杷・イチジクなどを使ったお菓子や、ジャム・ピーナッツバターなどの加工品など、館山を中心に房総のお土産品がいっぱい。さらに、朝どれの房総野菜や魚介類も並んでいます。そして……パティスリーソラネルのスイーツもおすすめ!!



2階の『館山なぎさ食堂』では、新鮮な魚介類を使った丼物、定食、パスタなどを味わうことができます。人気の海鮮丼(上)は1980円、季節の煮魚定食1930円、アジ・カキフライ定食1530円、煮穴子丼セット1180円、房総産伊勢海老のペスカトーレ2130円、海の幸のトマトパスタ1730円など、メニューは豊富!

食事ではなくお茶を楽しむなら、併設の『nagisa.cafe』へ。コーヒーやジェラートなどは、テイクアウトもOK。パティスリーソラネルのケーキセットもお召し上がりいただけます。館山湾が一望できる展望デッキに出て潮風に吹かれながら、味わうこともできます。眼下には、日本一長い桟橋『館山夕日桟橋』(海岸通りから先端まで500m)があり、発着する船も見えます。また、展望デッキからは、5月中旬や7月下旬の夕方に、運が良ければ富士山頂に夕日が沈む“ダイヤモンド富士”の情景に出会えるかもしれません。

房総はちみつみるくラスク



『渚の駅たてやま』では、さかなクンのイラストも施したデザインの自転車の貸し出しを行っているレンタサイクル(料金:4時間500円、1日1000円/午前9時~午後4時45分)も行っています。駐車場にクルマを停め、房総半島の先端の街・館山を自転車で回ってみるのも一興です。

詳細情報

名称 みなとオアシス“渚の駅”たてやま
住所 千葉県館山市館山1564-1
電話 渚の博物館・海辺の広場(担当:観光みなと課):0470-22-3606、海のマルシェたてやま!!:0470-28-4926、館山なぎさ食堂:0470-28-4927
営業時間 渚の博物館・海辺の広場:午前9時~午後4時45分、海のマルシェたてやま!!:午前9時~午後6時、館山なぎさ食堂:ランチ/午前11時~午後2時30分(土日祝は午後3時)、カフェタイム/午後2時30分~午後5時(土日祝は午後3時~午後5時)
定休日 渚の博物館:毎月最終月曜日・年末年始、海辺の広場:毎週月曜日・年末年始 (※いずれも月曜日が祝祭日の場合は翌日)、海のマルシェたてやま!!・館山なぎさ食堂は年中無休(臨時休業あり)
アクセス 【車】富浦ICから約6km(約15分)、【電車】JR館山駅から徒歩15分
駐車場 普通車約100台、大型バス4台
ホームページ https://www.city.tateyama.chiba.jp/minato/page100034.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 創建はなんと紀元前600年以上前の神武18年。全国約400社という香取神社の総本社にして、“武道・建国の神”が鎮まる『香取神宮』

    ロータスな旅 > 関東

    創建はなんと紀元前600年以上前の神武1…

    千葉県香取市にある『香取神宮』は、“関東屈指のパワースポット”として知られ、遠方からもたくさんの方が参拝に訪れる神社です。それもそのはず、全国に約400社ある…

    2018.06.26更新

  • 奥日立きららの里

    ロータスな旅 > 関東

    奥日立きららの里

    奥日立きららの里は、48haもの広大な敷地(東京ドーム10個分)に、いくつものアウトドア・レクリエーション遊具&設備と15棟のケビン(最大155人宿泊可能)やオ…

    2016.04.08更新

  • 東京湾岸の夜景展望スポット。地上51mから360度を見渡せる回遊式展望室からベイエリアを一望できる!『川崎マリエン展望台』

    ロータスな旅 > 関東

    東京湾岸の夜景展望スポット。地上51mか…

    川崎市中心部から約10kmほど離れた東扇島は、東京湾に面し、工場や物流センターが建ち並ぶ湾岸エリア。ここに、「川崎市民と川崎港の交流を深める」ために川崎市によっ…

    2018.11.12更新

  • 『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道の駅はやっぱり“いちご三昧”!『いちご生どら焼き』『いちごのしずくサイダー』『いちご大福』のほか食堂では『いちごカレーうどん』まで!『道の駅 いちごの里よしみ』

    ロータスな旅 > 関東

    『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道…

    埼玉県吉見町は、県内一のいちごの生産量を誇るいちご生産地。『吉見いちご』の名称で親しまれています。そんな吉見町に、2005年2月オープンした『道の駅いちごの里…

    2019.05.15更新

  • ピーナッツや千葉名産品約2000点が大集合!地元の人気店がプロデュースした“のうえんカフェレストラン『&TREE(アンドツリー)』”も話題!『道の駅 木更津うまくたの里』

    ロータスな旅 > 関東

    ピーナッツや千葉名産品約2000点が大集…

    2017(平成29)年にオープンした、木更津市で初めての道の駅『道の駅木更津うまくたの里』。「うまくた」とは、この場所が古来から「馬来田(うまくた、まくた)」…

    2018.08.23更新

  • 日本人の心に生き続ける人情の人・フーテンの寅さん。その声が、姿が、昭和の良き時代へと誘ってくれる!『葛飾柴又 寅さん記念館』

    ロータスな旅 > 関東

    日本人の心に生き続ける人情の人・フーテン…

    昭和を代表する映画シリーズ『男はつらいよ』。山田洋次監督が原作・脚本から手掛け、コメディアンの渥美清さんが主人公・車寅次郎(フーテンの寅)を演じました。1969…

    2019.11.21更新

< 前のページへ戻る