ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

岡山県の笠岡湾干拓地に建つ、四季のお花に囲まれた道の駅。海の幸、山の幸を味わえるランチバイキングが好評!『道の駅 笠岡ベイファーム』

2018年10月23日更新

『道の駅 笠岡ベイファーム』は、24年の年月を掛けて作られた笠岡湾干拓地に建つ道の駅です。春には1000万本の菜の花やポピー、夏には100万本のひまわり、秋には3000万本のコスモス…と、季節ごとに壮大かつ華麗な花々が訪れる人を出迎えてくれます。

笠岡ベイファーム1_外観

ベイファーム_菜の花

ベイファーム_ポピー

ベイファーム_ひまわり

ベイファーム_コスモス

直売コーナーの『魚宮』では、毎日、笠岡沖でとれたメバルや真鯛、イカなど新鮮な魚介類を販売しています。また、毎朝10時からは、お得な『魚の詰め放題』(参加料1500円、税込、以下同様)を実施。ただし、海が荒れて漁に出られなかった日などは実施しませんのでご注意を。

笠岡ベイファーム 魚宮笠岡ベイファーム 魚宮 詰め放題
『直売所』では、笠岡市やその周辺地域で生産されたミニトマトやナス、白桃など新鮮な農産物を扱っています。

笠岡ベイファーム ミニトマト

また、笠岡のことを知り尽くしたべイファームのバイヤーが独自の視点で選んだ“選りすぐりの笠岡の恵み”を、オリジナルブランド『笠の輪』と称して販売。『角切り昆布入り島ポン酢』『牛肉ゴロゴロ肉味噌』『自然の力だけでつくられたはちみつ』『いちじくロールケーキ』など、お土産に最適な商品です。

笠岡ベイファーム 笠の輪

笠岡ベイファーム いちじくロール

レストラン『四季彩』のイチ押しは、ランチバイキング(ドリンクバー付き/中学生以上1200円・小学生800円・3歳~未就学児500円)。地元産食材を使ったさまざまな料理を一度に楽しめるとあって好評です。バイキングの最終受付は14時ですが、その日に利用できる組数に達した場合、受付を終了する場合があるとのことです。繁忙期は早めに利用した方が良さそうです。

笠岡ベイファーム四季彩2

その他、別名 『鶏そば』といわれ、鶏肉の『かしわチャーシュー』を載せたご当地ラーメンの『笠岡ラーメン』(550円)や『笠岡カレーラーメン』(650円)などの単品メニューも用意されています。

笠岡ベイファーム 笠岡カレーラーメン

焼きたてパンの店『ポピーcafé』には、厳選した素材で作られたパンが並んでいます。『ミニクロワッサン』(70円)/『クロワッサン』(180円)や『ミニパンオショコラ』(80円)/『パンオショコラ』(190円)、『アップルパイ』(260円)、『バゲットサンド(ロースハム・トマト)』(300円)、『クロワッサンサンド(サーモン・クリームチーズ)』(300円)など種類は豊富。

笠岡ベイファームポピーカフェ2

笠岡ベイファームポピーカフェ3

淹れたてのコーヒーや、地元の牧場の牛乳を使用した『おかやましぼりミルクソフトクリーム』(300円)も販売しています。
『ひまわりカフェ』は、テイクアウト専門店。3月下旬から11月上旬まで販売される『おかやま白桃スムージー』(ホイップあり450円・ホイップなし400円)は、ぜひ味わいたいところです。

笠岡ベイファーム おかやま白桃スムージー

『ソフトクリーム』は、ミルクとミックスがあり、各350円。プラス50円で、ストロベリーソースや抹茶ソースなどのトッピングが楽しめます。他にも、『ちーいかの天ぷら』(400円)や、『キスの磯部揚げ』(400円)など手軽に食べられるメニューがそろっています。
広大な笠岡湾干拓地をバックに咲く四季折々の花は絶好の撮影スポットです。今度の休日、美しい花々と美味しい食を目指して出掛けてみませんか。

詳細情報

名称 道の駅 笠岡ベイファーム
住所 岡山県笠岡市カブト南町245-5
電話番号 0865-67-6755
営業時間 直売コーナー:午前9時~午後6時、レストラン四季彩:午前11時~午後3時(LO午後2時)、ポピーcafé:午前9時~午後4時、ひまわりカフェ:午前9時~午後5時
定休日 店舗・売店・ポピーCafé:年始
アクセス 山陽自動車道笠岡ICより11km
駐車場 普通車31台、大型車11台、身障者用1台、臨時駐車場有
ホームページ http://k-bay.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 漁業の盛んな鳥取県琴浦町が生んだB級グルメ『あごカツ』。さらに、そこから『あごカツカレー』や『琴浦あごカツカレーバーガー』も出現!山陰の旅グルメの一大勢力となるか!?

    ロータスな旅 > 中国

    漁業の盛んな鳥取県琴浦町が生んだB級グル…

    鳥取県中央部に位置する琴浦町。町名の由来は、神代の昔、天照大神が派遣した言問い(こととい)の使いがこの場所に降り立ったという伝説によるもの。町の海岸一帯が『言(…

    2019.09.10更新

  • 「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯一「砂」を素材にした砂像を展示する烏取砂丘の『砂の美術館』

    ロータスな旅 > 中国

    「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯…

    鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる『烏取砂丘』。その広さは南北2.4キロメートル、東西キロメートルにもなります。日本三大砂丘の1つで、山陰海岸国立公園の特別保護地…

    2018.05.15更新

  • たどり着くことが困難な国宝建築、三徳山三佛寺「投入堂」

    ロータスな旅 > 中国

    たどり着くことが困難な国宝建築、三徳山三…

    三佛寺(さんぶつじ)は、鳥取県のほぼ中央に位置する三徳山(みとくさん、標高約900メートル)に境内を持つ山岳寺院で、中国観音霊場第三十一番札所となっています。古…

    2016.05.13更新

  • 日本三名園の一つ。岡山藩二 代目藩主の池田綱政が生み出し、その後代々の藩主が手を加えて今に江戸時代の大名庭園の趣きを残す『岡山後楽園』

    ロータスな旅 > 中国

    日本三名園の一つ。岡山藩二 代目藩主の池…

    『岡山後楽園』は、岡山藩二代目藩主である池田綱政が自身の憩いのために築かせた大名庭園です。14年の年月をかけて造営され、1700(元禄13)年に完成。その後は、…

    2019.12.19更新

  • 日本海に向かって立ち並ぶ123基の真っ赤な鳥居は、まさにフォトジェニック!アメリカの放送局CNNが「日本の最も美しい場所31選」の一つに選出した山口県長門市にある『元乃隅神社』

    ロータスな旅 > 中国

    日本海に向かって立ち並ぶ123基の真っ赤…

    山口県長門市にある『元乃隅(もとのすみ)神社』は、日本海に向かって123基もの鳥居が立ち並ぶシーンで有名です。全長100メートル以上にわたって並ぶ朱塗りの鳥居、…

    2019.10.24更新

  • 懐かしい自動車に乗って、見て、触って、写真を撮れる!モノづくりの魅力を実感できる『福山自動車時計博物館』

    ロータスな旅 > 中国

    懐かしい自動車に乗って、見て、触って、写…

    「のれ・みれ・さわれ・写真撮れ」(「乗って、見て、触って、写真を撮れる)をモットーに、自動車と時計をメインの展示物としたユニークな博物館が広島県福山市にあります…

    2018.04.13更新

< 前のページへ戻る