ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

古事記に創建が記される古社にして、そのスケールは国内随一。“縁結び”の神様として知られ、年間600万人もの参拝客が訪れる『出雲大社』

2019年12月19日更新

「神々の国」と呼ばれる出雲にあって、その象徴となる存在が『出雲大社(いずもたいしゃ/いずもおおやしろ)』です。その歴史は古く、日本最古の歴史書といわれる『古事記』に創建が記されているほどです。

御本殿



主祭神は、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)です。古事記の国譲り神話によれば、大国主大神が築いた国を天照大御神(あまてらすおおみかみ)に譲る代わりに壮大な宮殿の造営を求め、それが後に『出雲大社』となったと言われています。

御本殿



『出雲大社』のスケールの大きさは数ある寺社仏閣の中でも抜きんでたもの。

現在の『本殿』は、1744(延享1)年に再建されたもので、1952(昭和27)年に国宝に指定されています。日本最古の神社建築様式である大社造(たいしゃづくり)を用いて造営され、高さは24メートルで神社建築では日本一の大きさです。しかし、平安時代に「雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)」(建物の大きさで、1位が出雲大社本殿、2位が東大寺大仏殿、3位が京都御所の大極殿)と言われた当時の本殿の高さは約48メートルと伝えられています。また、出雲大社の社伝によれば、太古の時代には本殿の高さは約96メートルもあったというから驚きです。

御本殿・拝殿・銅鳥居



様々な祭事が執り行われる『神楽殿』には、約270畳もの大広間が備えられています。正面の大注連縄(おおしめなわ)は、長さ約13メートル、重さ5.2トンもの大きさ。さらに、前庭には高さ47メートルの国旗掲揚塔があり、約75畳の日本一大きな国旗がはためきます。

神楽殿



『出雲大社』には、他の神社とは違う特徴があります。例えば、先述の大注連縄は(他の寺社に対して)左右が逆に張られています(向かって左方が「綯いはじめ(ないはじめ)」で、右方が「綯い終わり(ないおわり)」になっています)。何事につけても、『出雲大社』では一般的な神社とは反対に、向かって左方を上位、右方を下位とする習わしがあるのだそうです。

また、一般的な神社の参拝は、「二礼二拍手一礼」(二回おじぎ→二回手を打つ→一回おじぎ)が基本。しかし、『出雲大社』では、「二礼四拍手一礼」(二回おじぎ→四回手を打つ→一回おじぎ)を参拝の作法としています。本殿以外の社殿も同様です。

旧暦10月には、全国の八百万の神々が『出雲大社』に集まるとされています。各地の神様が地元からいなくなるため、この月を別名「神無月」と呼びますが、出雲に限っては「神在月(かみありづき)」としています。

神迎祭



2017年(平成29年)にリニューアルオープンした宝物殿『神祜殿(しんこでん)』では、境内から出土した古代本殿の『心御柱(しんのみはしら)』などを展示。拝観料は、大人300円、高校生・大学生200円、小・中学生100円です。今や“縁結び”の神様として、大人気の『出雲大社』。男女の縁に限らず、「様々な“良いご縁”をたぐりよせる」と言われ、その御利益を求めて年間600万人もの参拝客が訪れます。境内には多くのパワースポットがあるので、じっくり時間をかけて一つ一つを訪ね歩きたいところです。

また、大国主大神が主人公となっている神話『因幡の素兎(いなばのしろうさぎ)』から発生したスポットも……。皮を剥かれて苦しんでいるウサギを大国主大神が治療して助けたという、この神話にちなみ、境内にはあちこちにウサギの像が配置されています。表情やポーズもいろいろ。散策しながら、探してみてはいかがでしょう。

一年を通して、参拝できるのは午後8時まで。以降は、境内中心部は閉鎖されてしまうのでお気を付けください。

詳細情報

名称 出雲大社
住所 島根県出雲市大社町杵築東195
電話 0853-53-3100(午前8時30分~午後5時)
参拝可能時間 (3~10月)午前6時~午後8時、(11~2月)午前6時30分~午後8時
アクセス 山陰道出雲ICから20分
駐車場 3カ所/385台、360台、20台
ホームページ http://www.izumooyashiro.or.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 100品種以上のユリをはじめ、年間を通してきれいな花が咲き誇る約8万㎡の広大な庭園。約1km展望回廊やフラワードームなど雨天の観光にも対応!『とっとり花回廊』

    ロータスな旅 > 中国

    100品種以上のユリをはじめ、年間を通し…

    鳥取県南部町に、1999(平成11)年に開園した『とっとり花回廊』は、自然の地形や雑木林を活用して作られた、日本最大級のフラワーパークです。季節や天候を問わず…

    2019.03.13更新

  • NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』のロケ地にして、アニメ『たまゆら』の舞台。ゆっくり歩いて回り、ノスタルジックな気分にひたろう!『たけはら町並み保存地区』

    ロータスな旅 > 中国

    NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』のロ…

    江戸時代に、製塩で栄えた広島県竹原市。市内には、当時のままの佇まいが、『たけはら町並み保存地区』として残されています。竹原市は、NHK朝の連続テレビ小説『マッ…

    2020.03.05更新

  • 「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯一「砂」を素材にした砂像を展示する烏取砂丘の『砂の美術館』

    ロータスな旅 > 中国

    「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯…

    鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる『烏取砂丘』。その広さは南北2.4キロメートル、東西キロメートルにもなります。日本三大砂丘の1つで、山陰海岸国立公園の特別保護地…

    2018.05.15更新

  • Wood Eggお好み焼館

    ロータスな旅 > 中国

    Wood Eggお好み焼館

    お好み焼に使う『お好みソース』で有名なオタフクソース株式会社が運営する、『WoodEggお好み焼館』。広島お好み焼きの歴史や文化、お好みソースの誕生、ソースの…

    2015.10.16更新

  • 江戸時代初期に岡山藩主・池田光政によって創設され、「現存する世界最古の庶民のための公立学校」と言われる『特別史跡旧閑谷学校』

    ロータスな旅 > 中国

    江戸時代初期に岡山藩主・池田光政によって…

    江戸時代初期の三名君の一人に、岡山藩主・池田光政がいます。父の死によって7歳にして家督相続し、姫路藩主となるも、幼少を理由に因幡鳥取藩に国替え。しかし、大いに政…

    2017.08.29更新

  • 島根のユニークな鉄道で、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で有名な『デハニ50形』の体験運転をしよう!『ばたでん~一畑電車(いちばたでんしゃ)』

    ロータスな旅 > 中国

    島根のユニークな鉄道で、『RAILWAY…

    『ばたでん』の愛称で親しまれる『一畑電車』は、島根県で2路線(北松江線・大社線)を運営する鉄道会社です。山陰地方で唯一の私鉄として、宍道湖北岸を松江~平田~出雲…

    2017.10.10更新

< 前のページへ戻る