ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

いいね!ロータス

「2023 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(前編)―昨年のリベンジへ。2年連続でポールポジションを獲得!

2023年5月30日更新

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-1

「今年こそ勝つぞ!」

埼玉、栃木、茨城、山梨にあるロータス店の有志とロータスクラブ関係者など約20名で構成されたRacing Project LOTAS CLUBが、5月13日、ツインリンクもてぎで開催されたナンバー付き車両の3時間耐久レース「2023 もてぎJoy耐チャレンジ」に参戦した。

これは昨年に続いてのチャレンジ。一昨年のTEAM LOTAS SAITAMAとしての参戦を含めれば三回目の挑戦となる。

レース前、車両の整備を行っていたスタッフの1人は取材に対してこう熱く語ってくれた。

「昨年は非常に惜しいところでクラス優勝と総合1位を逃しました。そのリベンジの意味でも、今年は絶対に表彰台そして優勝をゲットしたいんです」

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-2

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-3

今回エントリーした車両は、All Othersクラス(既定のクラスに属さない車両のクラス)を走る「ロータスクラブ86協同&臼井」号(ゼッケン241)と、86/BRZクラス(TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2023規定に準じた車両)を走る「ロータスクラブ86鈴木&並木」号(ゼッケン242)の2台。

昨年と同じラインナップだが、セッティング、ドライバー体制、レース戦略はよりブラッシュアップされた感がある。

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-4

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-5

2秒差をつけ
ポールをゲット

レース当日は、未明からあいにくの雨。

午前8時、決勝のスターティンググリッドを決めるAドライバーによる予選がはじまったころ、雨は一時的に上がったが、路面は黒く濡れ、非常に滑りやすい状態であった。

そんな悪コンディションの中、脅威の速さを見せたのはゼッケン241の「ロータスクラブ86協同&臼井」号だった。

同号のAドライバー鈴木貴大選手は周回のたびにトップタイムを更新。最終的には2番手のゼッケン68の車両を2秒近くも離すタイム2分28秒814を記録した。これにより鈴木(貴)選手は2年連続のポールポジション獲得となった。

実は昨年、レース終盤でガス欠となり惜しくもクラス優勝と総合1位を逃したのはこの車両であり、鈴木(貴)選手だった。そのときの雪辱を果たしたいという強烈な思いと、熱のこもったセッティングが、この猛烈な速さを生んだといえた。

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-6

一方の「ロータスクラブ86鈴木&並木」号も好調だった。

同号のAドライバー並木重和選手が出したタイムは2分38秒592。86/BRZクラスで3番手、総合では4番手で、表彰台を十分に狙える位置に付けた。

ちなみに並木選手は御年71歳と参戦ドライバーの中で最高齢。国際C級ライセンス保持者とはいえ、ここまで速い高齢者はそうはいない。並木選手の果敢な走りは大いに注目を浴びていた。

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-7

決勝はクレバーに戦い
ぶっちぎりで勝つ!?

予選終了後、Racing Project LOTAS CLUBの各ドライバーに決勝への意気込みを聞いた。

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-8

まずは「ロータスクラブ86鈴木&並木」号のAドライバー並木重和選手(写真右、並木産業代表)とBドライバー鈴木泰貴選手(鈴木モータース代表)の声。

並木「午後の決勝はずっと雨の予報。なので、滑らないよう、飛び出さないよう気をつけて完走を目指したい。その結果として表彰台ゲットとなれば最高ですね」

鈴木(泰)「去年の決勝は終盤で足回りが駄目になって最下位に終わった。今年はそうならないようしっかり対策を施した。きっちり上位を狙っていきます」

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-9

続いて「ロータスクラブ86協同&臼井」号のAドライバー鈴木貴大選手(写真左、協同代表)とBドライバー臼井弘明選手(中央、臼井自動車専務)とCドライバー大山茂選手(協同社員)の声。

鈴木(貴)「われわれの86は11万kmも走っているクルマ。だけど、メカニックも務めるCドライバーの大山がエンジンをきっちりオーバーホールしてくれたので、決勝で勝つポテンシャルは十分にあると思っている。問題があるとしたら、私が大嫌いな雨だということかな(苦笑)。アクセルが踏めなくなるのでタイムが落ちる。勝負の分かれ目は、それを踏まえたクレバーなレースマネジメントができるかどうかだろう」

臼井「私は普段はスプリントレースで走っていて、こうした耐久レースは初。そういう意味で多少の不安はある。でも、クルマの出来とドライバーの実力を考えればぶっちぎりで勝てる予感はある。それに私は、雨のレースが大好き。チームの勝利に貢献できる走りができると思っている。どうか期待していてください」

大山「燃焼効率がよくなる方向でエンジンを調整したので、雨でも速さは出ると思う。心配なのは、燃料がもつかどうか。実は私、最後を走ることになっているんですが、そのときは二人がつくったリードを保つことと、ガス欠しないことの両方に気をつけながら走らなければならない。なんとかなるとは思うけど、正直プレッシャーですね(苦笑)」

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-10

はてさて、雨の決勝の行方やいかに!

2023もてぎJoy耐チャレンジ_1-11

「2023 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート

【前編】去年のリベンジへ。2年連続でポールポジションを獲得!

【中編】雨の決勝。「ロータスクラブ86協同&臼井」号が難局を乗り越えて初優勝!

【後編】事実上の総合優勝。ロータス店の技術力の高さを証明した!

【付編】チームメンバーたちの声

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 「2021 もてぎJOY耐チャレンジ」レポート(後編)―レースは自分だけでなく、お客さまも社員もハッピーにしてくれる!

    いいね!ロータス

    「2021 もてぎJOY耐チャレンジ」レ…

    初開催された3時間耐久レース「もてぎJoy耐チャレンジ」は、さまざまなドラマを生みつつ無事終了した。我らがTEAMLOTASSAITAMAは優勝こそ逃した…

    2021.07.13更新

  • 【ニュースリリース】お客様のカーライフを支える事業や リース事業を中心とした自動車関連サービスを通じ 株式会社ロータス・株式会社ロートピアが「SDGs宣言」!

    いいね!ロータス

    【ニュースリリース】お客様のカーライフを…

    2022年3月3日株式会社ロータス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:高橋道明)、株式会社ロートピア(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田邉寿彦)は、…

    2022.03.03更新

  • 【ニュースリリース】自動車整備業も今やサービス業!ロータスクラブが推進するフロント育成プログラムで、 初の1級認定企業(千葉・中村自動車)が誕生!

    いいね!ロータス

    【ニュースリリース】自動車整備業も今やサ…

    全国1,650社(約2,500店)の自動車整備会社が加盟する団体『全日本ロータス同友会』(通称:ロータスクラブ、会長:小川晃一)は、自動車整備業界のサービス業化…

    2019.08.07更新

  • 「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(中編)―雨の予選。56歳の鈴木選手がぶっちぎりのタイムでポール獲得!

    いいね!ロータス

    「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レ…

    午前8時。各チームのAドライバーによる「2022もてぎJoy耐チャレンジ」の公式予選がスタートした。2番手に4秒329の大差でポールポジション相変わらず雨…

    2022.06.09更新

  • 【ニュースリリース】新東名高速 NEOPASA清水で自動車整備業のロータスクラブがPRキャンペーンを実施!パーキングエリアに“ロータスおじさん”こと“顔ピクト”がいっぱい!

    いいね!ロータス

    【ニュースリリース】新東名高速 NEOP…

    全国1,650社(約2,000店)の自動車整備会社が加盟する団体『全日本ロータス同友会』(通称:ロータスクラブ、会長:小川晃一)は、新東名高速道路NEOPA…

    2019.12.16更新

  • 「2021 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(前編)―もうすぐ70歳のロータスおじさんが、予選でトップに躍りでた!

    いいね!ロータス

    「2021 もてぎJoy耐チャレンジ」レ…

    トヨタの豊田章男社長は自らハンドルを握ってレースに参戦していることで有名だが、全国のロータス店にもレース活動の経験があったり、サーキット走行などを行っている社長…

    2021.07.13更新

< 前のページへ戻る