ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

いいね!ロータス

「2021 もてぎJOY耐チャレンジ」レポート(後編)―レースは自分だけでなく、お客さまも社員もハッピーにしてくれる!

2021年7月13日更新



初開催された3時間耐久レース「もてぎJoy耐チャレンジ」は、さまざまなドラマを生みつつ無事終了した。

我らがTEAM LOTAS SAITAMAは優勝こそ逃したが、記録と記憶に残る素晴らしい奮闘を見せてくれた。

なぜあれだけ頑張れるのか。どうしてそこまで熱くなれるのか。レース後、へとへとになっていた並木重和選手、鈴木泰貴選手、鈴木貴大選手を呼び止めて話を聞いた。

並木選手
「何とか面目は保てたかな」

——まず、レースの総評からお願いします。

並木「みんなで楽しく走れて3位に入れたことは、本当によかった。私自身について言えば、自分が長く乗ってきたVitzで予選1位を獲得でき、決勝ではベストタイムも出せたので、何とか面目は保てたかなと思っています」

TEAM LOTAS SAITAMA_並木選手2

鈴木(泰)「今回、僕は遅れてしまって迷惑を掛けましたが、みんなのお陰で3位になることができました。ものすごくホッとしています」

鈴木(貴)「フロントハブのトラブルさえなければ優勝できたかもしれない。そう思うと正直、悔しくて仕方がない。ただ、クラス3位は最低限の目標をクリアできている。それなりに満足しています」

鈴木(泰)選手
「チームで戦う耐久は最高です」

——抽象的な質問ですが、今回のJoy耐チャレンジをはじめとするレースの魅力とは?

鈴木(泰)「短い距離を走るレースの場合はドライバー個人の腕と度胸が一番大事なんですけど、耐久レースはドライバーやメカニックのチームワークのほうが重要だったりします。今回、初めてこういう公式の耐久レースに出てみて、僕はチーム全員で戦うレースの魅力というか喜びをかなり深く実感できました。それだけでも出場した意義がありましたね」

TEAM LOTAS SAITAMA_鈴木(泰)選手2

鈴木(貴)「耐久レースってすごく疲れるんですよ。今回、私は一番長い時間を走ったので下着まで汗でビチョビチョになりました。だけど、不思議とそれが気持ちいいんですよね(笑)。普段では味わえない爽快な疲労感と言えばいいかな。とにかく一度やったら、もうやめられません」

並木「私は、どんなレースであってもドキドキする感覚がたまらなく好きですね。レース中はとにかくアドレナリンが出て、集中して勝負が楽しめる。そして走った後は、他では感じることができない充実感でいっぱいになる。もうすぐ70歳なんですけど、レースは若さを保つ秘訣だと思っています(笑)」

鈴木(貴)選手
「レースはクルマ屋の原点でしょう」

——ところで、レース活動はお店にいい影響をもたらしていますか?

鈴木(貴)「私はレース活動をはじめてから、ときどき整備工場でマシンをいじるようになったんですけど、それが整備士たちとの関係にすごくいい影響をもたらしています。みんな『社長は経営だけでなくクルマも大好きとわかってホッとした。働きがいがあります』と言ってくれるようになったんです(笑)。やっぱりレース活動ってクルマ屋の大事な原点なんでしょうね」

TEAM LOTAS SAITAMA_鈴木(貴)選手2

鈴木(泰)「レースはクルマの実験場って言うけど、実際にレースの勝ち負けがかかると、いいオイル、いいタイヤの重要性が身をもってわかるようになってくるんですよ。それで僕は、実体験に基づいた説得力をもってお客さまにいい製品をお勧めできるようになった。お客さまもカーライフでそれを実感して、すごく喜んでくださいます」

並木「ウチでは、レース活動がクラブ活動のようになっているので、社の活性化に役立っているし、クルマ好きな若い人たちの積極的な入社志望にもつながっています。ありがたいことに、お客さまにはアクティブで高い整備力があるお店というイメージを持っていただけている実感がありますね」

並木選手&W鈴木選手
「来年もチャレンジしたいよね」

——最後に、今後のチームのレース活動の目標を聞かせてください。

鈴木(泰)「それについては、まず僕から言わせください。僕は、いつかJoy耐チャレンジを制覇したら、次はこのチームで7時間耐久のJoy耐、さらには24時間耐久のS耐出場を目指したいと思っているんですよ……。並木さん、ぜひそういうステップアップを実現させましょうよ」

OTAS SAITAMAドライバー三人

並木「いやいや、70歳以上になるとそんな長時間の耐久レースはさすがに体力的に無理です(苦笑)。私としては、来年以降もこのJoy耐チャレンジに出続けることをとりあえずの目標にしたい。そして、できればクラス優勝をして、雪辱を果たしたい」

鈴木(貴)「私も並木さんの意見に賛成です。このJoy耐チャレンジは、公式戦ながら3時間という短かさが気楽だし、ナンバー付き車両によるレースということでハードルも低いから、来年からはもっと参加台数が増えてますます盛り上がっていくはず。もしかすると他のロータス店チームや、ロータス店のお客さまのチームと戦うことになるかもしれない。そんな状況で走れれば相当面白いだろうし、優勝できれば喜びもひとしおでしょう。チャレンジし続ける価値はあると思っています」

● ● ●


読者のみなさんには、3人のロータスおじさんたちによる、次のJoy耐チャレンジへの挑戦にご注目いただきたい。

アフターコロナとなり、多くの観客の歓声が戻っているであろうサーキットに、どんなドラマが描かれるのか……3人のロータスおじさんとそのチームは果たして主役となれるのか?はたまた、名脇役を演じるのか?いずれにせよ、「レース好きに幸あれ!」なのである。

LOTAS CLUB Vits_リア

「2021 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート

(前編)もうすぐ70歳のロータスおじさんが、予選でトップに躍りでた!

(中編)ロータスのVitz、決勝でトップタイムを叩き出すもクラス3位フィニッシュ!

(後編)レースは自分だけでなく、お客さまも社員もハッピーにしてくれる!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ロータスカード〈ジャックス〉は、200円ごとのポイント加算で着実にポイントがたまる。 しかも、ポイントと引き換えに整備商品券がもらえる!

    いいね!ロータス

    ロータスカード〈ジャックス〉は、200円…

    〈ジャックス〉と〈オリコ〉の2種類があるロータスカード。どちらも「ロータス365サービス」をはじめとした基本サービスは同じです。また、「ロータス店でのカードショ…

    2016.07.29更新

  • 【ニュースリリース】お客様のカーライフを支える事業や リース事業を中心とした自動車関連サービスを通じ 株式会社ロータス・株式会社ロートピアが「SDGs宣言」!

    いいね!ロータス

    【ニュースリリース】お客様のカーライフを…

    2022年3月3日株式会社ロータス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:高橋道明)、株式会社ロートピア(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田邉寿彦)は、…

    2022.03.03更新

  • 【ニュースリリース】自動車整備業も今やサービス業!ロータスクラブが推進するフロント育成プログラムで、 初の1級認定企業(千葉・中村自動車)が誕生!

    いいね!ロータス

    【ニュースリリース】自動車整備業も今やサ…

    全国1,650社(約2,500店)の自動車整備会社が加盟する団体『全日本ロータス同友会』(通称:ロータスクラブ、会長:小川晃一)は、自動車整備業界のサービス業化…

    2019.08.07更新

  • 「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(付編)チームメンバーたちの声

    いいね!ロータス

    「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レ…

    RacingProjectLOTASCLUBチームの代表を務めた鈴木貴大選手は、帰宅すると、チームのメンバーにメールを出した。すると、次々にメンバーから感…

    2022.06.09更新

  • 「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(後編)―波乱の決勝。ロータスおじさんたちの激走の行方やいかに!?

    いいね!ロータス

    「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レ…

    「2022もてぎJoy耐チャレンジ」の決勝は午後2時の開始予定だった。朝の雨が上がって路面はドライとなっていたが、雲がどんより垂れ込めていた。天気予報ではレ…

    2022.06.09更新

  • 「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レポート(前編)―関東のロータス店合同チームが、人気の3時間耐久レースに挑戦!

    いいね!ロータス

    「2022 もてぎJoy耐チャレンジ」レ…

    「もてぎJoy耐チャレンジ(通称Joy耐チャレンジ)」の第2回大会が、ゴールデンウィーク中の5月7日、栃木県のツインリンクもてぎで盛大に開催された。このレース…

    2022.06.09更新

< 前のページへ戻る