ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(40)パンクしたら、即「ロータス365サービス」に連絡しましょう!

2018年8月7日更新

今月の達人
宮本モータース・宮本毅

達人_宮本モータース_トップ

皆さんは、もしタイヤがパンクしたらどうしますか? 以前はスペアタイヤに履き替えて整備工場まで自走するというのがセオリーになっていました。最近はスペアタイヤを積まず、「タイヤパンク応急修理セットで対応してください」というクルマもあるようですが、私は、即「ロータス365サービス」に連絡することをオススメしています。

「クギを踏んでバーン!」は
古いパンクのイメージ

一般にパンクといえば、「道路に落ちているクギを踏んで、バーンと破裂する!」というイメージが定着しています。
まあ、確かにそういうこともなくはないでしょう。でも、これ、相当に古いイメージです。そして、現実とは少し違っている部分があったりします。
いま、道路にクギが落ちていることはそんなにありません。クギを踏んでパンクすること自体、稀なことになってきているのです。

そして、もしクギを踏んだとしても、すぐにパーンと破裂(バースト)するようなことはあまり起こりません。タイヤのトレッド部分にクギが刺さったとしたら、そのクギはタイヤに刺さったままとなり、そこから時間をかけてゆっくりと空気が抜けていく“スローパンクチャー”になるケースがほとんどです。

私の見る限り、バーストするパンクは、走行中に車道と歩道を分ける縁石などの障害物にタイヤのサイド部分を擦らせたときによく起こっています。タイヤのサイド部分はトレッド部分に比べて薄く弱い構造になっているので、ちょっとした接触でも簡単に裂けてしまうことがあるのです。

バースト_web

ですから、バーストしないように注意するとしたら、「縁石など、タイヤのサイド部分に衝撃を与えるようなものにぶつからないように」運転するようにすることが大切です。

パンクしたら、
迷わずロードサービスに連絡

では、もしパンクしたときは、どうするか?

私の答えはとてもシンプルです。
バーストしたときでも、またスローパンクチャーする恐れがあるときでも、「ロータス365サービス(ロータスカード会員および家族会員対象のロードサービス)」をはじめとした、24時間365日のロードサービスを呼び、近くの整備工場などにクルマをレッカー移動させ、そこで新しいタイヤに交換するか修理するかを決めるのが一番いい対処方法だと考えています。

ロータス356サービス(図)

それ以外の対処方法は、私はあまりオススメしません。
教習所で習ったことでいえば、まずスペアタイヤに付け替えて、近くの整備工場や専門店まで自走するという対処方法があるわけですが・・・どうなんでしょう?多くの人はタイヤの付け替え作業に慣れておらず、なかにはまったく方法がわからない(忘れてしまった)という人さえいます。
それなのに闇雲に作業するというのは危険極まりありません。実際、いまにもナットがはずれそうな状態のスペアタイヤを履いて来店された方を見たことがあり、そのときは心底ゾッとしたものです。

また、最近の軽自動車には、スペアタイヤの代わりに、タイヤ内に流し込んで穴を塞ぐ補修剤と空気を送り込む小型コンプレッサーといったパンク応急修理用キット(写真参照)が搭載されていることがありますが、私はこれにも不安を感じないわけにはいきません。

応急修理キットweb

このキットは、スペアタイヤに付け替えるときとちがい、ジャッキアップせずともカンタンにパンクの応急修理ができるとされてはいるものの、お客さまに聞くと「どうやって使えばいいのかわからない」という返答がほとんど。それなのに、万が一のときに一発勝負で使ってみるというのはどう考えてもよろしくないでしょう。
そもそもこのキットは数ミリの小さな穴しか塞げません。サイドが大きく裂けるなど、タイヤのダメージが大きい場合には修理することができません。
それに、一旦補修剤をタイヤ内に流し込んでしまうと、その後に改めて穴を塞ぐ修理をしたところで、タイヤとして用をなさなくなる可能性が大きくなるといったこともあります。つまり、タイヤに開いたのが小さな穴だとしても、パンク応急修理用キットを使うべきか否かは、プロ並の判断が必要になるということです。

なので、パンクしたときは、それがどんなパンクであっても「ロータス365サービス」をはじめとした24時間365日のロードサービスに連絡を入れてレスキューしてもらう・・・これがベストといえるのです。

ロードサービスは
小さなトラブルにも対応

私が、こういう話をすると、ときどき「タイヤがパンクしただけでロードサービスを呼ぶなんて、大げさすぎて、なんだか気が引ける」などとおっしゃるお客さまもいらっしゃいます。
けれども、大丈夫。救急車と違って、ロードサービスは「キーの閉じ込み」「バッテリー上がり」「ガス欠」といったわずかなトラブルにも対応するサービスなので、どうか遠慮なく使ってください。

それに何度もいいますが、タイヤはクルマにとって“命”ともいえる部品です。どんな小さな穴が開いただけでも、重要なトラブルに繋がる可能性が大と考えて、むしろ堂々とロードサービスを利用するようにしてください。

お店紹介

宮本モータース:宮本武夫氏(宮本毅氏の祖父)が、1937年に新潟県魚沼市で創業した歴史あるロータス店。自動車の普及とともに発展し、二代目の宮本実氏(叔父)、三代目の宮本好治氏(父)に続き、現在は四代目の宮本毅氏が経営を担っている。社是は「私たちの仕事は、あなたさまの安心、快適なカーライフをお手伝いすることです」。地域密着を基本としながら、お客さまのカーライフ充実に向けた活動に積極的に取り組んでいる。

看板web

ショールームweb

住所:新潟県魚沼市堀之内103番地
電話:025-794-2508
HP:http://miyamoto-motors.jp

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 達人に訊く 《Special Interview》 左ハンドルの軽自動車、大好評です!(前編)

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く 《Special Inter…

    再登場の達人真鍋モータース・真鍋貴行 2017年5月4日付の毎日新聞香川県版とヤフーニュースにこんな記事が載りました。・・・『〈軽乗用車〉「世界…

    2017.06.15更新

  • 達人に訊く(17)楽しく安全なカーライフのために、女性も整備工場に通いましょう!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(17)楽しく安全なカーライフ…

    今月の達人ワークスヤグチ・矢口雅恵 今回でわたしのガイドはラスト。最後は女性ドライバーのみなさんに向けての「ぜひ定期的に整備工場にきてください…

    2016.12.27更新

  • 達人に訊く(52)なんと、世界初のEVレスキュー車『助っ人EV』を共同開発しちゃいました!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(52)なんと、世界初のEVレ…

    今月の達人品田商会・品田庄一私が社長を務める有限会社品田商会(ロータスシナダ)は、前回触れた2009年の経済産業省の『EV・PHVタウン構想』の新潟県の施策…

    2019.04.23更新

  • 達人に訊く(45)カーバッテリーの寿命はクルマの乗り方で変わります!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(45)カーバッテリーの寿命は…

    今月の達人大村モータース・山中剛実は、カーバッテリーの寿命は、クルマの使い方すなわちバッテリーの働かせ方によって伸びたり縮んだりします。今回は、カーバッテリ…

    2019.01.15更新

  • 達人に訊く(23)レンタカーの保険のこと、知っておいてください!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(23)レンタカーの保険のこと…

    今月の達人ロータス辰口TMコーポレーション・親上真紀子レンタカーで事故を起こしたら、賠償面で頼りになるのはレンタカー料金に含まれる保険です。みなさん、こ…

    2017.05.29更新

  • 達人に訊く(18) ラクで、楽しく、観光したいならレンタカー!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(18) ラクで、楽しく、観光…

    今月の達人ロータス辰口TMコーポレーション・親上真紀子はじめまして、石川県にあるロータス店、ロータス辰口TMコーポレーションの親上真紀子です。いきなり…

    2017.02.27更新

< 前のページへ戻る