ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(13)最近のエコカーは、超サラサラのエンジンオイルがお好き!

2016年9月30日更新

今月の達人
ワークスヤグチ・矢口雅恵

クルマなんでも_web_a

前回は、3,000~5,000㎞走ったら必ずエンジンオイルを交換するようにしましょうというお話をしました。今回は、そこから一歩踏み込んだお話。じつはエンジンオイルって、交換しさえすればOKってものでもないんです。エンジンに合った種類を選ぶことがけっこう大切だったりするんです。

エンジンオイルには
粘度によるちがいがある

みなさんは、エンジンオイルにいくつか種類があることをご存じですか?
メーカーのちがい? ええ、それもありますね。
でも、ここでいう種類とは、そういうことではありません。エンジンオイルは、使用する環境やエンジンの特性に合ったものを入れる必要があり、それに対応するため、同じメーカーのものでもいくつかの種類が用意されているのです。
大きな分類ではガソリンエンジン用とディーゼルエンジン用のエンジンオイルの別があるのですが、その選択でまちがえる人はあまりいないでしょう。なので今回は、粘度のちがいによる種類の別とその選定の目安について解説します。

粘度は数字で示される

下に示した「10W-30」というのは、一般的によく使われているエンジンオイルの記号です。
前半部分にあるWは、Winter=冬の略。その頭につく数字は、どれくらいの低温までオイルが固まらないかという低粘度の性能を示しています。具体的には、10であれば零下25℃、5であれば零下30℃、0であれば零下35℃までOKということになっており、数字が小さいほど寒さに強いということができます。
そして、後半の数字は高温時(100℃)の高粘度の性能。市販されているものの多くは16~60のあいだの設定になっているのですが、数字が大きくなるほど熱くてもオイルが固い状態を保つことを示しています。

10Wー30_web
これらのなかから、さて、自分はどのエンジンオイルを選べばいいのだろうかとなるわけですが、じつはこれが意外と難しいのです。
「10W-30」が一般的だけど・・・

基本的には、低粘度であるほど(Wのつく数字が小さいほど)、始動性に優れ、燃費がよく、ファミリーカーに最適で、冬向きであるとされています。そして、高粘度であるほど(後半の数字が大きいほど)、高速性能がよく、耐摩耗性があり、スポーツカーに最適で、夏向きであるとされています。つまり、車種、使い方、季節などを加味しながら、最適な粘度数値のエンジンオイルを選ぶがいいとされているのです。

だけど、普通のドライバーが、そこまで細かく使い方などを考慮してエンジンオイルを指定するのは大変です。それはエンジンオイルを交換する業者も同様で、そこまで細かいフィッティングまではしてくれません。だから、たとえばガソリンスタンドや量販店でオイル交換を頼んだとしたら、中間の数値のものである「10W-30」とかを入れられることが多くなります。中間のものを入れておけば、とくに大きな問題が起こらないだろうと考えられているからです。

実際、公道を走る普通のクルマであれば、中間のものを選んでおいても、そう大きな問題は起こりません。わたしたちの工場でも、なにも指定がなければ、そうすることはしばしばあります。ただ、それが特別な走りを求めているクルマであったり、メーカー推奨のオイルがはっきりとしている場合は、それに適合したものをオススメするようにしています。なかには多少値段の張るものもあるのですが、それがクルマのため、お客さまのためになるからです。

アクアのオイルは
「0W16」と超サラサラ

最近では、とくにエコカーにおけるエンジンオイルの推奨(指定)がとてもシビアです。なので、わたしたちも必ずそれに合ったものをオススメするようにしています。前回でも紹介しましたが、エコカーのエンジンは非常に繊細。エンジンオイルの粘度がちがうだけで燃費の多寡が大きく左右されることになるので、それを無視するわけにはいかないのです。

わかりやすいところでは、トヨタのアクアの例があげられます。このクルマで推奨されているのは、なんと「0W16」という非常に低粘度のサラサラのエンジンオイル。これに無造作に「10W-30」を入れることはできないでしょう。そんなことをしたら、燃費の悪いエコカーができてしまい、結果的にお客さまに損をさせることになってしまいます。

ということで、冒頭でいった「エンジンオイルって、交換しさえすればOKってものでもない」ってこと、よくおわかりいただけたかと思います。とりわけ、燃費追求型のエコカーに乗っているみなさん、どうかオイルの選定にはお気をつけください。どこか手軽なお店に立ち寄って、「(なんでもいいから)エンジンオイルを入れてほしい」なんていう大ざっぱな注文をするのはやめましょう。そんなことをしたら、粘度が高くて、燃費が悪くなるエンジンオイルを入れられてしまう可能性が十分にあります。そうではなくて、ぜひ、わたしたちロータス店に立ち寄って、「このエコカーに最適なエンジンオイルを入れてほしい」と直球の注文をするようにしてください。数字を覚えていなくても大丈夫。わたしたちは、ちゃんとそのオーダーにお応えします!

お店紹介

ワークスヤグチ:1929年に創業。創業者の矢口斎之助と二代目の矢口建雄社長が追求してきた「技術第一主義」によって、地元で厚い信頼を獲得してきた。三代目の矢口雅恵チーフ(かつて大学で西洋美術を研究していたが、卒業後にトヨタ学園に入って整備を学んだ)は、そこに女性らしい細やかなサービスを加えながら、より魅力的な整備工場づくりに尽力している。

クルマなんでも_web_ワークスヤグチ店舗

住所:茨城県小美玉市竹原1727-3
電話:0120-589-891 ※携帯電話からは0299-49-1021
HP:http://www.wyaguchi.com

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 達人に訊く(6)渋滞時のATセレクトレバーは、[2]か[L]がグッド! –  ちょっとだけ燃費にいい!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(6)渋滞時のATセレクトレバ…

    今月の達人ユサワ自動車・湯澤孝典こんにちは、栃木県にあるロータス店『ユサワ自動車』の湯澤孝典です。今回は、「渋滞時のセレクトレバーのベストポジションは?」と…

    2016.05.27更新

  • 達人に訊く(30)EVのバッテリーの劣化、遅らせましょう!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(30)EVのバッテリーの劣化…

    今月の達人こちや自動車工業・東風谷謙二EVにおいて、バッテリーは最重要部品のひとつ。今回は、「EVのバッテリーの劣化を遅らせるための具体的な方法」についてお…

    2017.10.24更新

  • 達人に訊く(62)デリカD:5は「使い勝手のいいミニバン」で「走行性能が優れたSUV」です!(前編)

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(62)デリカD:5は「使い勝…

    今月の達人共栄自動車商会・小林祐樹デリカD:5は、2007年に発売されて以降、常に堅調な販売実績を残してきています。2019年2月のビッグマイナーチェンジ後…

    2019.12.05更新

  • 達人に訊く(77)電気で走る脱炭素のコミュニティバスは地域の方々から大きな支持を得ています。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(77)電気で走る脱炭素のコミ…

    今月の達人協同/協同バス・鈴木貴大[第3回]中国・BYD社製の電気バスの品質の高さを心の底から認めた協同/協同バス社長の鈴木貴大さんは、その電気バスの日本…

    2021.12.23更新

  • 達人に訊く(75)環境時代に対応するため、まずは天然ガスで走るCNGバスを導入しました。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(75)環境時代に対応するため…

    今月の達人協同/協同バス・鈴木貴大 [第1回]2021年2月10日。埼玉県の久喜市内を循環するコミュニティバスの路線を、1台の電気バス(中国BYD社製)が走…

    2021.11.25更新

  • 達人に訊く(64)ロータス店には優れた三菱車に相応しい整備力とサービス力があります!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(64)ロータス店には優れた三…

    今月の達人共栄自動車商会・小林祐樹この連載では数々の三菱車の魅力を紹介してきましたが、最後はそれら優れた三菱車を扱っているわれわれロータス店の魅力について語…

    2020.01.23更新

< 前のページへ戻る