ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」(1) 大自然のなかを電気自動車で走りたい!

2019年6月27日更新

塙郁夫選手_1

2009年から2014年にわたり、アメリカの『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』というレースにEV(電気自動車)で参戦し、華々しい活躍を見せた塙郁夫選手。EVの普及期に入った2017年のいま、当時を振り返りながら、改めてEVの魅力、可能性などについて語ってもらった。

ゼロエミッション車でレースを!

▶塙さんは、2009年から20014年まで、毎年、アメリカの『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』というレースにEV(電気自動車)で参戦されています。なぜ、EVでの参戦となったのでしょうか?

「僕は、高校三年生のときから数十年にわたり国内外のオフロードレースに参戦しつづけてきました。そして、そのステージはモンゴルのゴビ砂漠やメキシコのバハの砂漠地帯など、すばらしい大自然に恵まれたところばかりで、毎回、言葉にできないほどの感動をもらってきました」

「だけど、2004年ごろから、ふと思うようになったんです。こんな美しい大地を走れるのは幸せなことだけど、たくさんの排気ガスをだしている以上、無反省に幸福感に浸っているだけではダメなんじゃないか、と。そこから僕は、環境にいいクルマでレースすることの必要性というものを強く意識しだしたんです」

「レースのことだけじゃありません。そういう美しい場所はだいたい発展途上国にあって、どの国もこれからどんどんとクルマが増えていくことが予想されていたわけですが、環境のことに敏感になっていた僕は『そうであれば、できるだけ環境に負荷のかからないクルマが増えていくべきだろう』と考えるようにもなっていました」

「それで、ちょうどそのころ話題になりつつあったゼロエミッション車であるEVの存在に関心を向けるようになっていったんです。もし、このEVでレースをして注目を集められるようになれば、レース界、そして世界のクルマ市場の風向きが変わっていくかもしれないと考え、僕は、それにトライすることを決めたのです」

初期のコンバートEV

「最初のころは自分でコンバートEVをつくり、それで国内の小さなレースを走ったりしていました。だけど、幸いにも、低燃費車用のエコタイヤを開発していた横浜ゴムさんが、僕の環境への思いに共感してくれて、いっしょに、もっとアピール力のあるレースにでようということになった。それが、アメリカで行われている『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』だったのです」

EVの長所が発揮できるパイクスピーク

▶『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』は、どんなレースなんでしょう?

「アメリカではインディ500に次いで歴史と伝統があるレースです。1916年にはじまり、昨年の2016年には100周年を迎えました」

「このレースはアメリカのコロラド州にあるパイクスピーク(Pike’s Peak)という山を舞台にして開催されていて、1台ずつが標高2,862メートルの地点から富士山より高い4,301メートルの頂上までの約20キロを、156もあるコーナーや最大勾配11%という難所をクリアしながら一気に駆け上り、そのタイムを競う内容となっています」

2011_コース

標高4,301メートルの頂上まで20キロを一気に駆け上る



2013_絶壁のコース

現在はこのように舗装されているが、路面の隣りは断崖絶壁である



▶走行距離がわずか20キロとはいえ、普通のサーキットでのレースとちがって、かなり過酷な条件に思えます。

「そのとおりです。でも、2009年当時、はじめて参戦した僕ら『チーム・ヨコハマ EVチャレンジ』は、走行距離が短いことと、過酷な条件がEVに有利に働くだろうと踏んでいました」

「そのとき投入したオリジナルのEVは、バッテリーは最新式だったものの、モーターが直流式で古く、満充電の状態でもわずかな距離しか走ることができなかったのですが、20キロであれば、余裕をもって走りきることができるという確信がもてていました」

「そして、そもそもEVは、酸素が薄くなるとパワーダウンするガソリンエンジン車とはちがって、どんなに標高が高いところのカーブや坂道でも一定のトルクで走ることができるという特性があるので、完走しさえすれば、きっといいタイムが叩きだせるだろうとの算段もできていました」

はじめてパイクスに挑んだ『チーム・ヨコハマ EVチャレンジ』

はじめてパイクスに挑んだ『チーム・ヨコハマ EVチャレンジ』



はじめてパイクスに挑んだ『チーム・ヨコハマ EVチャレンジ』

▶それで実際、いきなり好タイムをだされた。

「じつをいうと、予選のときは思わぬトラブルが頻出し、一時は顔面蒼白となっていました(苦笑)。でも、決勝までにチームがEV特有の走らせ方を会得したことで、EVのいいところが発揮できるようになり、なんとか14分50秒といういいタイムを残すことができたんです。この14分50秒というのは、それまでのEVによるコースレコードといわれる14分37秒にはわずかに及ばなかったものの、目標としていた1999年に自動車メーカー系チームがだした公式タイムを大きく上回るものでした。」

「このことで僕らは、EVはシステムさえ整えばもっといいタイムがだせるという確信をもちました。同時に周りも僕らの走りとEVの可能性に大いに注目してくれるようになり、たとえば大会運営側が翌年から『エレクトリッククラス』というEV専用のクラスをつくってくれたのは、その表れのひとつとなっています」

「そういえば、ロータスクラブさんもこの結果を受けて、翌年からのスポンサー契約を決めてくれたんですよ。なんか、僕がめざしていた世の中のEVの潮流が、このときから急に動きだした感があって、すごく嬉しかったですね」

2010_マシンサイド_ロータスマーク

ロータスクラブは翌2010年からスポンサードしている



世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」

(1) 大自然のなかを電気自動車で走りたい!

(2) 電気自動車はスマートな走りで勝負する!

(3) 意識改革して電気自動車ライフを楽しもう!

▼プロフィール

塙選手プロフィール用2塙郁夫(はなわ・いくお)
1960年茨城県生まれ。高校3年生のときに『全日本オフロードレース選手権』でレースデビュー。その後も『JFWDAチャンピオンシップレースシリーズ』で10年連続チャンピオンを獲得するなど勝利を重ね、2001年に公式戦100勝を達成。また、1991年にはアメリカン・オフロードレースのビッグイベント『Baja1000』で日本人初完走(1991年)、クラス優勝(2002年)を遂げるなど、海外のオフロードレースにおいても大活躍。2009年~2014年のアメリカの『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』へのEVでの参戦と勝利は、世界中のEV熱を盛りあげる大きな要因のひとつとなった。

 

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    トコトンむずかしいが第1章はわかりやすいさて、ようやく書評である。この『トコトンやさしい電気自動車の本』は、いわゆるロングセラー本である。2009年に初版…

    2017.02.13更新

  • 「トラック隊列走行実証実験」ルポ~トラックの自動運転はなにをもたらすのか?(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「トラック隊列走行実証実験」ルポ~トラッ…

    「未来投資戦略2017」に基づいた今回のトラック隊列走行実証実験最近、国の自動運転の実現に向けた実験が公道上で盛んに行われるようになっている。今回のトラッ…

    2018.02.14更新

  • BookReview⑭『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』‐MaaSが導入されれば、みんながフェラーリに乗れるかも?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑭『MaaS モビリ…

    スマホのアプリではじまる移動のための便利なサービス『MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)』とは、いったい何か?この本に書かれていることを元にして、で…

    2019.04.09更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ② 青年はEVマシンを駆るプロレーサーの夢を見る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ②…

    電気カート(ERK)やコンバートEVでレースに挑む人たちの中には、エンジンが載ったマシンでもレースに参戦しているという人もいる。彼らの胸中には、「EVは好きだけ…

    2019.12.05更新

  • 次世代エコカー勉強会〈15時限目〉日本は2050年までに完全電動化の達成をめざす!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈15時限目〉日本は…

    「自動車新時代戦略会議」が完全電動化の目標年を発表「自動車新時代戦略会議」(経済産業大臣主催)は7月24日、この春からから重ねてきた官民による話合いの内容を…

    2018.09.11更新

< 前のページへ戻る