ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

Book Review① みらいをクールに予測する『モビリティー革命2030』(後編)

2017年4月28日更新

モビリティー革命2030_web
デロイト トーマツ コンサルティングの複数コンサルタントが著した、『モビリティー革命2030 ~自動車産業の破壊と創造~』についてさらに読み進もう。

3.3%の自動運転車が
公道を33.1%も走る

第2章「クルマの知能化・IoT化」に突入すると、デロイト トーマツ コンサルティングのクールな分析と筆致はますます冴えわたる。

〈技術的実現性に加え、社会・消費者からの要請に基づき、コネクテッドカー・自動運転車といった形でクルマの知能化・IoT化が普及する見通しである。今後20年間で、世界において100万人を超える都市人口は1.4倍、交通事故数は3倍ー中略ー とも言われる。そのような中、交通の全体「最適化」に寄与するクルマの知能化・IoT化は、これら課題解決の有望な打ち手の一つとして期待が寄せられている〉

それで日本における自動運転車の普及予測だが、順調にクルマの知能化・IoT化が進んだ場合は、いわゆる完全な自動運転車は、2030年になると全販売台数のなかの3.3%を占めることになるという。
意外に少ない印象だが、これは、自動運転車のコストがそれ以外のクルマよりも費用が高いであろうことを前提とし、消費者は追加費用を払いたがらないことを加味してはじきだした数字だからだ。

ただし、3.3%でも存在感、インパクトは相当なものとなるらしい。なぜなら、その時点における3.3%の自動運転車の多くはタクシーのように街を24時間/365日走行する公的なクルマになる可能性があり、移動距離ベースでは33.1%もの比率を占めるようになるからだ。つまり公道を走るクルマの3分の1以上が自動運転車になるかもしれないということなのである。

自動運転者_web

※出典:『モビリティー革命2030』



うーむ、どうなのだろうか。少ないようで多い感じもし、そういう意味では、リアリティがある予測に思えるわけだが……。

おそらく、デロイト トーマツ コンサルティングがいう、今後、世界的に増えていくであろう交通事故の問題のなかには、最近、日本で話題になっている認知症となった高齢者による事故の頻発とその対処法の問題も含まれると思われる(地方においては高齢者は免許を返納すると移動のための足がなくなる等の問題)。そういう意味では、人間が運転しなくても安全に走れる自動運転車の3.3%以上の普及を強く望みたいところだ。すなわち、デロイト トーマツ コンサルティングの論と予測を全面的に支持しつつ、さらなる進化と普及を夢見る次第である。

すべての「運転手」は「移動者」に?

さて、そうはいいつつも、やはり別の視点からの想像の翼は否応なく広がる。
第1章「パワートレーンの多様化」を読んだときと同様、もし自動運転車の販売が100%ほどになったとき、自分で運転したいと思っている人たちは、いったいどうなるのかということが気になって仕方がない。

もちろん、この本には、それに関する言及はまったくない。近しいものとしてあるのは、以下のようなもの悲しい記述だけだ。
〈従来の自動車産業はモノづくりにおける価値の喪失に直面しつつある。これまで自動車メーカー各社の主たる顧客への提供価値は「走る・曲がる・止まる」といったクルマの基本性能における差別化と、量産による低価格化であった。しかし、クルマの知能化社会、とりわけ(完全)自動運転社会においては、人々はハンドルを握る必要がなくなり、「運転手」は単なる「移動者」になる〉

いくらなんでも極論すぎるように思えるが、みなさんはどう捉えるだろうか?

いま、エコカーや自動運転車の進化について語られることはあっても、運転する歓びのいく末について語られることはほとんどない。これでいいはずがないだろう。

みなさんには、ぜひ、この運転する歓びに対するアンチテーゼ的なクールな一冊を読んでいただき、そのうえで、よりゆたかな次世代カー文化の在り方についての考察を深めてもらいたく思う。エコカーや自動運転車の普及の過渡期になるであろう2017年だからこそ、それは意味があることだと思うのだが、どうだろう。

モビリティー革命2030_案内用

『モビリティー革命2030 ~自動車産業の破壊と創造~』

・2016年10月10日発行
・著者:デロイト トーマツ コンサルティング
・発行:日経BP社
・発売:日経BPマーケティング
・価格:1,600円+税

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • 第1回 SDGs ERK on ICEレポート(前編)ホンダがF1撤退を予告した翌日、日本EVクラブが初の『氷上の電気レーシングカートの祭典』を開催!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回 SDGs ERK on ICEレ…

    一般社団法人日本EVクラブは、2020年10月3日に第1回SDGsERKonICE『氷上の電気レーシングカートの祭典』(SDGs氷上電気カート競技会)を新…

    2020.10.29更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(2)  リアルさ満点のEVコンセプトカーたち!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(2)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第二弾では、すでにEVを発売済みの日産自動車と、二つの海外主要メーカーのEVコンセプトカーの概要について見ていきたい。…

    2017.11.09更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(4) スズキは現実路線のなかでEV開発を進める!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(4)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第四弾では、ロータスクラブの提携企業であるスズキのEVコンセプトカーについて見ていきたい。いきなりEVのコンパクトS…

    2017.11.09更新

  • BookReview⑮『CASE革命 2030年の自動車産業』- CASEは、たった一字違いのCAFEで推進力が増している。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑮『CASE革命 2…

    トヨタが電動車550万台販売を5年ほど前倒ししたワケとは?トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2015年に公表した『トヨタ環境チャレンジ2050』を、2…

    2019.07.09更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート④ – EVオーナーは環境性能に加えて走りに惚れて購入を決めている。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    現在の日本における電動車の普及率はハイブリッド車までを含めればかなり高いが、ことEVに絞るとその普及率は1%未満ととたんに低くなる。今後、国の電動化施策と自動…

    2021.01.14更新

< 前のページへ戻る