ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

【EVレースNews】王者TAISAN、東京オートサロンで今季投入のテスラ モデルSプラッドを初披露!

2024年1月25日更新

EVレースNews_20240114_1

名門レーシングチームのTeam TAISAN(代表・千葉泰常氏、以下TAISAN)は、JEVRA(日本電気自動車レース協会)主催のEVレースALL JAPAN EV-GP SERIESにテスラ モデル3で参戦。2023シーズンまで6年連続でドライバーズタイトルである年間総合チャンピオンを獲得し続けている。

この絶対王者が、1月12~14日、東京オートサロン2024においてUNPLUGGED/TBRと共同でレース仕様に仕上げたテスラ モデルSプラッドを展示。その場で、今シーズンのEVレースへの投入を明らかにした。

EVレースNews_20240114_2

EVレースNews_20240114_3

ブースにいたTAISANの地頭所光選手(ALL JAPAN EV-GP SERIES 2018-2021シーズンを4連覇/米国のテスラ専門チューニングブランドUNPLUGGED PERFORMANCEの日本代理店を共同経営)に、チームの新たな参戦体制などについて話を聞いた。

EVレースNews_20240114_4

2トンの車重も
足周りで勝つ!

――Team TAISANの2024シーズンの参戦体制は?

地頭所 千葉代表からは、モデルSプラッドが1台と従来のモデル3が2~3台の体制になると聞いている。

――モデルSプラッドは地頭所選手がドライブを?

地頭所 基本、僕が運転する。ただ、他のエンジン車レースにも参戦するので、全戦は出られない。今季、チームとしては7年連続の年間総合チャンピオン輩出を目指すわけだが、その使命はチームの他のドライバーが負うことになると思う。

――1000馬力のモデルSプラッドはモデル3よりも直線スピードが速いし、バッテリーの持ちもいい。レースでのドライビングはこれまでとは異なってくる?

地頭所 間違いなく異なる。モデル3はコーナリング重視で走っていたが、モデルSプラッドは直線重視で走ることになると思う。例えばコーナーでは鼻先を早く出口に向けることに意識を集中しなければならない。

――サスペンションやブレーキといった足周りをUNPLUGGED PERFORMANCEのパーツでまとめている。これにはどんな効果が?

地頭所 UNPLUGGED PERFORMANCEの足周りは硬くてしなやか。約2トンと重いモデルSプラッドはコーナリングが課題だが、この足周りならなんとかなる。実際、2021年にパイクスピークで開催されたヒルクライムレースで優勝したモデルSプラッドの足周りもUNPLUGGED PERFORMANCEだった。実績面でもその実力は証明されている。

――今季、Gulf Racing JAPANのKIMI選手もレース仕様にしたモデルSプラッドで参戦してくる。勝算は?

地頭所 王者TAISANのドライバーにとって勝利は至上命題。同じ性能の車両同士の戦いであればなおさらだ。KIMI選手の車両も優秀な足周りを採用しているので油断はできないが、ドライビングと足周りのセッティングの違いをしっかりと出すことができればきっと勝てると思っている。

EVレースNews_20240114_5

タイカン・ターボGTも参戦!?

東京オートサロンの会場にいた選手は地頭所選手だけではなかった。

TESLA ALLIANCEのブースにはGulf Racing JAPANのKIMI(八代公博)選手の姿があった。そこには今季のEVレースに参戦させる、レース仕様のモデルSプラッドも展示されていた。

EVレースNews_20240114_6



KIMI選手にも今季の抱負を聞いたところ、まず返ってきたのは「自分にとってJEVRAのEVレースは楽しむ場。同じ車両の地頭所選手には、一緒に遊んでもらうような感覚でバトルできたらと思っている(笑)」との非常にライトな答えだった。

やや拍子抜けしたが、話はこれで終わらなかった。インタビューの最後にKIMI選手はこんな衝撃的な発言を残している。

「実はうちのチームのKUNI(国江仙嗣)選手が、先ごろニュルブルクリンクでモデルSプラッドよりも速いタイムを出したポルシェタイカン・ターボGTを手に入れてEVレースに参戦することを考えている。今季は納車が間に合わないだろうから、実現するとしたら来季になるかな。そのときはチームもモデルSプラッドとの2台体制になるので、ある程度は勝負にこだわったレースができると思う」

ALL JAPAN EV-GP SERIESのレースバトルは、今季から来季にかけて間違いなく異次元の領域に突入する。3月10日、「モビリティリゾートもてぎ」での開幕が待ち遠しい!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第4回 SDGs 氷上電気カート競技会「ERK on ICE」レポート ― レースとして進化し、インドア・モータースポーツの魅力が開花!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第4回 SDGs 氷上電気カート競技会「…

    日本EVクラブが開催する氷上電気カート競技会「ERKonICE」が、9月23日(土・祝)、新横浜スケートセンターで開催された。今年で第4回となるこの競技会は…

    2023.09.28更新

  • BookReview(44)『トヨタのEV戦争』―マルチパスウェイが先か、魅力的なEVづくりが先か、それが問題だ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(44)『トヨタのE…

    世界のEV市場は急速に拡大している。本書によれば、2022年のEV販売は758万台で、新車需要全体の10%に及んだ。この中で目立つのは米国テスラと中国BYD…

    2023.08.31更新

  • 第28回 日本EVフェスティバル レポート①―カーオブザイヤーに輝いたeKクロスEVの魅力を試乗会で実感!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第28回 日本EVフェスティバル レポー…

    「つながろうみんなでCO2削減」をテーマにした、日本EVクラブ主催の日本EVフェスティバル。その第28回が、2022年11月26日(土)、雨模様の東京国際交流…

    2022.12.23更新

  • 『人とくるまのテクノロジー展2019 横浜』ルポ② EVのパイオニア三菱自動車は2019年中に始まるDENDO DRIVE HOUSEを披露!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『人とくるまのテクノロジー展2019 横…

    『人とくるまのテクノロジー展2019横浜』では、ロータスクラブが提携する三菱自動車もブースを構え、展示を行っていた。そのブースの中央に据えられたステージ上に…

    2019.06.25更新

  • あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険(後編)「月額100円の特約保険料でテレマティクス自動車保険に加入できるようになります」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス…

    月額850円のドラレコ設置でテレマティクス化する保険あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)の『タフ・見守るクルマの保険プラス…

    2020.10.13更新

  • 次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を破るテレマティクス自動車保険(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈15時限目〉常識を…

    このごろ「テレマティクス自動車保険」という言葉を耳にするようになった。しかも、従来型の自動車保険から切り替える人がかなりいるという。これはどんな仕組みの、どのよ…

    2021.03.25更新

< 前のページへ戻る