ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈9時限目〉自動運転の「ただいまのところ」④車線のはみだしを防ぐLKS

2021年3月18日更新



走行中にうっかり車線をはみだすと大変な事故を起こす可能性が高い。今回紹介する自動運転のための技術の一つLKSは、それを高度な仕組みで防いでくれる。まだ進化途中だけど、すごいのだ!

LKSの前身LDWという大した奴

LKS(Lane Keeping System=車線維持支援システム) のことを紹介する前に、その前身であるLDW(Lane Departure Warning=車線逸脱警報装置)について触れておこう。

LDWは、走行中の車線の位置をカメラあるいはセンサーが見張っていて、ドライバーがうっかり車線を越えてしまったら(越えてしまいそうになったら)警告音やハンドルの振動などで危険を知らせてくれるというものだ。それ以外、特別なことはなにもない。車線内に戻るにはドライバー自身が操作しなければならず、自動運転の見地からいうと、なんともローテクで地味な機能となっている。

ただ、交通安全の視点で見ると、この機能がもつ意義はかなり大きい。

もし二車線道路で居眠りなどして車線を越えた場合、クルマ同士の正面衝突を起こす可能性はとてつもなく高い。たとえ警告音や振動だけであろうと、その危険を知らせてくれるというのはありがたい限りだ。なにしろ、お互いがスピードをだしている中での正面衝突の衝撃はほかのどんな事故よりも激しく、たとえエアバッグが開いても双方の死亡につながることが少なくない。それをそれなりに高い確率で事前に防いでくれるというのは、大したことといえるのである。

実際、国土交通省もその効果に注目し、車両総重量3.5トン以上のバス、トラックにLDW装着を義務づけることを決めた。それに基づき、新型車は2017年11月1日から、継続生産車は2019年11月1日からすべてLDW付きになる。

ちなみに、乗用車には、まだこうした義務は課せられていない。だが、メーカー側が自主的に安全上不可欠と判断しているところはあり、標準装着とオプション装着を総合すれば、軽自動車に至るまでLDW装着が普通のことになりつつある。

繰り返しになるが、LDW、大した奴なのである。



ステアリングを自動で動かし
車線内にもどしてくれるLKS

その大したLDWに、さらにクルマ自身が進路を修正する機能を付加したのがLKSだ。これまで紹介してきた自動ブレーキやACCのように、自動運転の匂いがかなり強い。

走行中の車線の位置をカメラあるいはセンサーが見張っていて、ドライバーがうっかり車線を越えててしまったら(越えそうになったら)警告音などで危険を知らせてくれるまではLDWと同じだ。LKSは、そこからさらにステアリングを自動で動かし、車線内の中央に戻すという支援までしてくれる。また、車線をはみだす可能性が大きいカーブなどでは、はみだす前から車線を維持しつづけるための支援もしてくれる。まあ、言葉にするとなんてことないように思えるが、ある意味、交通インフラと連携しているわけであり、間違いなくものすごい機能といえるのである。みらい_LDWとLKSの2

もちろん、まだ進化途中なので、課題がないわけではない。LKSの価格は高く、一部の高級車にしか付けられないのが現状となっている。そもそも機能面での問題も残っている。これはLDWも同様なわけだが、車線がかすれていたり雪に覆われていたりするとシステムが作動しないことがあるのだ。それに、きついカーブでの車線維持も苦手らしい。まったくの自動と捉えて、クルマにまかせっきりの運転をするのは、やはりやめたほうがいいのである。

とはいえ、このLKSは、自動運転実現のためのキー機能の一つ。これまで紹介してきた自動ブレーキ、ACCとあわせて今後どんどん進化していくことは確実だ。そして、その進化に終わりはないにしても、「あれ、これって完全に自動だよね!?」という瞬間が遠からず必ずやってくるに違いない。もしかすると、自分で運転するのが大好きな人にとってはもやもやをもたらす状況になるのかもしれない。その思いは尊重しつつ、「自動車文化に多様性がでるからいいんじゃないかなあ」と受け止め、そうした具体的な未来の到来というものを楽しみにしたい。どうだろうか?

※参考文献:『自動運転』(日経BP社発行)/トヨタのホームページ/ホンダのホームページ ほか

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【i-MiEVの10年 / 販売店社長の目線 後編】「販売する側にi-MiEVを売っていこうという真剣度が足りなかった」(新城浩司さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 販売店社長の…

    他の地域の販売店が驚くようなi-MiEVの販売実績を達成した新城さん。けれども、この10年の国内マーケットで、i-MiEVは「ヒット」と呼べる勢いを見せること…

    2019.12.05更新

  • BookReview⑮『CASE革命 2030年の自動車産業』- CASEは、たった一字違いのCAFEで推進力が増している。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑮『CASE革命 2…

    トヨタが電動車550万台販売を5年ほど前倒ししたワケとは?トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2015年に公表した『トヨタ環境チャレンジ2050』を、2…

    2019.07.09更新

  • 世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」(3) 意識改革して電気自動車ライフを楽しもう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅…

    スマートな運転が航続距離を伸ばす▶このごろ、街中ではEVの存在感がグッと増してきています。塙さんがめざしてきたことが現実化しつつあるということですが、どのよう…

    2017.07.25更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む超コンビニエンスな燃料電池車〈中編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む超コンビニ…

    アメリカで頓挫した水素化ホウ素ナトリウムの利用前編では、水素化ホウ素ナトリウムの粉を使った燃料電池車(STEPS-FCV)が、いいことずくめであることを知っ…

    2016.09.16更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ③プラットフォームビジネスの展開~「さまざまなオリジナルEVが可能です!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    GLMは、トミーカイラZZとGLMG4(以下、G4)を開発・販売するという完成車ビジネスを進めるいっぽう、EVによるプラットフォームビジネスにも取り組んでいる…

    2018.01.17更新

  • 軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ①すでにタイでは400台を販売、日本でも  法人向け販売開始!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    軽EV『FOMM ONE』の可能性(第1…

    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出ているさなかの1月20~22日、東京ビッグサイトで『第13回オートモーティブワールド』が開催された。厳重な感染…

    2021.02.12更新

< 前のページへ戻る