ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

第29回 日本EVフェスティバル レポート①―VWが本気でつくったEV「ID.4」。日本の狭い道でもスイスイ走れた!

2023年12月14日更新

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-1

EVの試乗車と展示車は例年並だったが、充電に関する展示と講演・プレゼンテーションが多かった——。

2023年11月25日(土)、「つながろう みんなでCO2削減」をテーマに、お台場の東京国際交流館 プラザ平成とシンボルプロムナード公園で開催された第29回日本EVフェスティバル(主催:一般社団法人 日本EVクラブ)は、一言でいえば、そんなイベントになっていた。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-2

当日に実施された企画は、「最新EV&PHEV試乗会」「最新EV展示/メーカー展示」「EV技術発表」「3階展示ブース」「ミニトークショー」「EVシンポジウム」「Kids電気カート組立体験」「デジタルスタンプラリー」など盛りだくさん。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-3

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-4

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-5

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-6
今回は、それらの中から「最新EV&PHEV試乗会」と「EVシンポジウム」に関するレポートをお届けする。

大きいが運転しやすい
VWらしい「いいクルマ」

「最新EV&PHEV試乗会」のEVは、日産のアリアとサクラ、BMWのi4 eDrive40、フォルクスワーゲン(VW)のID.4(Pro)、三菱自動車のエクリプスクロスPHEVの5台が用意されていた。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-7

われわれはVWのID.4に試乗した。

VWは2030年までに新車販売の半分をEVにすることを目指している。今後しばらくはエンジン車やハイブリッド車を製造・販売しつつ、クルマの電動化を図っていく構えだ。ある意味、マルチパスウェイ路線をゆくトヨタと似ている。そういう大メーカーがつくる本気のEVはどんなものかが知りたかった。

ID.4の外観は欧州の電動SUVらしく、かなり大きい印象。室内・荷室も相応に広かった。乗り込む前は、大きさを持て余すかもしれないと懸念していた。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-8

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-9

だが、乗り込んでみると印象はガラリと変わった。VWらしいクルマづくりといえばいいのか、ドライバーに向けてギュッと締まった密度感があり、大きさがほとんど気にならなかった。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-10

運転も非常にしやすかった。スーッと気持ちいい発進はEVならではだが、重くて頑丈な車体だけにそのスムーズさが際立った。さらにストレスのないハンドリング。大きいがゆえの取り回しの困難さがほとんどなかった。

「さすがVW。いいクルマをつくるな」と感心しきりだった。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-11

この抽象的なインプレッションに、インストラクターとして同乗してくれたモーターフォトジャーナリストの諸星陽一氏がこんな具体的な補足を加えてくれた。

「ID.4は後輪駆動。前輪は舵角が非常に大きく取れるつくりになっている。だから、車体が大きくても運転がしやすい。日本の狭い道でもこれなら難なく走れます」

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-12

なお、2022年の欧州におけるEV発売ランキングでID.4はテスラ モデルYとモデル3に続き第3位。アメリカでも結構売れている。ところが、日本での人気はいまひとつ。EVの普及率が低いという事情があるにしても、これだけいいクルマなのに人気が出ないのはいったいどういう理由なのか。

この疑問について、諸星氏はこう答えてくれた。

「VWは大衆車メーカーのイメージが強いからでしょう。ID.4のProは約650万円とそこそこ高い。みんな、同じ金額を出すなら、ほかの高級車ブランドのものをと考えるんじゃないかな」

2025年にVWは新型EVのID.2 allを発売するという。これはゴルフと同じくらいの室内空間を確保しながら、ポロと同じくらいの手頃な価格設定になるようだ。

まさに大衆車メーカーの面目躍如。日本市場への投入がいつになるかはわからないが、そのときには日本でも大いに人気を博すに違いない。これは、iD.4に試乗した上での確信に近い予感である。

Japan EV Festival 2023 REPORT 1-13

第29回 日本EVフェスティバル レポート

①VWが本気でつくったEV「ID.4」。日本の狭い道でもスイスイ走れた!

②再エネ発電が増えたら、V2Xで昼間の余剰電力を有効活用しよう!

③「EVへの充電は昼に行う」というパラダイムシフトが起きる!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview ⑧『まるわかりEV』~いいEVを世にだすには時間と労力がかかる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑧『まるわかりEV…

    トヨタのEVシフトは満を持しての決断だった!?この本には、「EVはどういう仕組みで動くのか」といったような話はあまりでてこない。おもに、どのメーカーがきたる…

    2018.05.15更新

  • 次世代エコカー勉強会〈2時限目〉電気自動車はエコなうえに、走りもすごい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈2時限目〉電気自動…

    『次世代エコカー勉強会』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。2時限目は「電気自動車(EV)」にスポットを当てる。まずは、一見シンプルなようで、…

    2016.03.04更新

  • BookReview(23)『2021年版 間違いだらけのクルマ選び』 – コロナ禍の影響? 「走り一辺倒」だった著者がスズキのハスラーを高く評価!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(23)『2021年…

    エクリプスクロスPHEVが試乗なしで紹介されている毎年恒例の一冊の2021年版。今回は著者・島下泰久氏も書き上げるのが大変だったようだ。なにせコロナ禍であ…

    2021.01.28更新

  • Book Review⑥『2018年版 間違いだらけのクルマ選び』(後編)~ 自動運転車は個人、メーカー、国の三位一体で走る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑥『2018年版 …

    日産の最新自動運転実験車が公道走行を開始日産自動車株式会社は、2017年の秋に、最新の自動運転実験車両の公道テストをスタートさせた。その実験車両の概要はこう…

    2018.01.17更新

  • 「東京モーターショー2019」レポート(3) スズキはいつかきっとリーズナブルな電動車を国内で発売する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2019」レポート(…

    ロータスクラブと提携しているスズキは2020年に100周年を迎える。それを意識してか、今回の東京モーターショーのブースは、前回のよりも華やいだ演出がなされていた…

    2019.11.07更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビニエンスな燃料電池車〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビ…

    コンビニエンスストアで水素の素が買えるようになる!?次世代エコカーの代表といえば電気自動車と燃料電池車だが、普及の可能性においては、いまのところ電気自動車の…

    2016.09.16更新

< 前のページへ戻る