ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(49)『酷道大百科』―酷い国道にギャップ萌え。これまでにない面白ドライブへの誘い!

2024年3月5日更新

BookReview49_1

日本には国道が459本ある。

そのうち53本は「酷道」だ。

酷道とは、対向車とすれ違えないほど狭かったり、落石や木の枝がたくさん落ちていたり、生命の危険を感じる断崖があったりする酷い状態の国道のこと。

本書は、普通の国道とは大きく異なる点に“ギャップ萌え”を感じた著者による酷道のガイド本である。

「酷い」は「楽しい」

この本には、日本にある酷い国道=酷道53本すべてが写真と短文で紹介されている。

落石だらけの酷道、杉の枯れ葉が敷き詰められた酷道、ガードレールのない崖に沿った酷道、大型車は通行できない酷道、獣の侵入を防ぐためにゲートで閉じられた酷道、道の上を川が流れる酷道、人しか通れない階段がある酷道、アーケード商店街を貫く酷道……etc.

いずれの項でも、その酷さをこれでもかとあげつらう。だが、筆致はどれもユーモアたっぷり。そこには酷道に対する深い愛情のようなものが感じられる。

例えば、国道157号線の紹介文はこんな感じ。

〈ドライブしているだけで生命に危険が迫る。そんなエキサイティングな国道が、日本に実在していた。岐阜県と石川県を結ぶ国道157号線だ。「天下の酷道」として、全国にその名を轟かせている〉

〈岐阜県側からスタートし、最後の集落が近づくと、道幅は一気に狭くなる。そして突然、目の前にオレンジ色の看板が現れた。「危険 落ちたら死ぬ!!」 見る者を恐怖のどん底に突き落とす、トラウマ級の看板だ〉

〈その先は、本当に落ちたら死ぬ道が続いていた。道幅は狭く、ガードレールのような軟派なものは存在しない。一瞬の判断ミスにより、遙か崖下へ転落する。運転中も、常に死の恐怖がつきまとう〉

〈酷道を何時間も走り続け、久しぶりに民家が見えてきた。その先には、なんとコンビニまである。命からがらコンビニに吸い込まれる。生きているって、素晴らしい。死の道にして、生きる喜びが実感できる国道。それが157号だ〉

そう、酷いは楽しい。酷道を走るという行為は、見方さえ変えれば、苦しみではなくなり、魅力的な探査、冒険の一種となる。この本は、読者にその魅力を説き、これまでにないドライブの楽しみ方を提案しているのである。

なお、本書の巻末には、酷道を行くときにはどんなクルマが適しているかが紹介されている。

そこでは、まず、隘路でも悪路でも安心して走れるクルマとしてスズキのジムニーが筆頭候補に挙げられるわけだが、では、それが最も適していて面白いかというと、そうでもないという。

案外、ホンダのフィットやトヨタのプリウスなど、悪路に向かない一般の乗用車こそが酷道を走るに最適なクルマかもしれないという。

詳しい理由は本書で確かめてもらいたいのだが、要は酷道を面白がり楽しむためには、普通とは異なる心根とそれに伴う準備が大切ということ。著者を真似てドライブするなら、根底から価値観を変えておく必要があるのだ。

BookReview49_2

『酷道大百科~激狭、断崖、未舗装…愛おしい「国道」全53本』
・2023年2月15日発行
・著者:鹿取茂雄
・発行:実業之日本社
・価格:1,980円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート(4)配送業の「カーボンニュートラル」を応援。発売間近のオーソドックスな軽バンEVたち!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    JAPAN MOBILITY SHOW …

    今、物流・運送業界は「カーボンニュートラル」と「2024年問題」という課題に直面している。今回のJAPANMOBILITYSHOWでは、その解決に役立つべ…

    2023.11.14更新

  • 次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転の「ただいまのところ」③ほぼ自動で車間距離を保つACC

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転…

    高速道路で気をつかうことの一つとして、前をいくクルマとの車間距離を保ちながら走ることがある。自動運転技術の一角を担うACCは、それをほぼ自動でできるようにしてく…

    2016.10.27更新

  • 次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ・サイクル・アセスメントとウェル・トゥ・ホイール(中編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ…

    自動車のエネルギー効率を測るにあたっては、ウェル・トゥ・ホイールという指標がある。今回はこの指標について見ていこう。EVもCO2を排出している?自動車のCO…

    2022.04.21更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ③ 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    日本EVフェスティバルの後半の模様と、閉会式についてルポする。コンバートEVレースに加え、自動運転車によるエキシビションレースまで行われ、会場は次世代自動車感…

    2018.11.22更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート① – Honda eも「みんなでCO₂削減!!」へ向けたさまざまなる意匠の一つ。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    2020年10月26日、日本の政府が「2050年までにCO₂などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」との表明を行った。そして12月3日、大手新聞社が「政府…

    2021.01.14更新

  • BookReview⑭『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』‐MaaSが導入されれば、みんながフェラーリに乗れるかも?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑭『MaaS モビリ…

    スマホのアプリではじまる移動のための便利なサービス『MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)』とは、いったい何か?この本に書かれていることを元にして、で…

    2019.04.09更新

< 前のページへ戻る