ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

eKクロスEVで長距離走行①「東京─白馬村 往復600㎞のドライブが楽勝でこなせた」…諸星陽一(モーターフォトジャーナリスト)

2022年9月8日更新

eKクロスEVで長距離走行1-1

Photo:Youichi Morohoshi



モーターフォトジャーナリストの諸星陽一さんは、7月23~24日、日本EVクラブが長野・白馬村で開催した「ジャパンEVラリー白馬 2022」で試乗会のインストラクターを務めた。その際、試乗車として使うeKクロスEVを東京で借り受けて白馬まで自走で運び、イベント終了後には復路をやはり自走で運び、返却している。往復の総距離は約600㎞。街中走行を前提につくられた軽EVとしてはなかなかの遠出である。果たしてうまく走れたのか!? 諸星さんに、eKクロスEVがロングドライブで発揮した実力のほどを聞いた!

白馬村でのジャパンEVラリー

——まず、ジャパンEVラリーについて教えてください。どんなイベントですか?

諸星 毎年1回、長野県の白馬村で行われるEVのイベントです。自動車評論家の舘内端さんが代表を務める日本EVクラブが主催し、白馬EVクラブが協力する形で開催されていて、今年で9回目となりました。

eKクロスEVで長距離走行1-2

Photo:Ryo Higuchi



——名称にラリーとあります。実際にラリー競技を行っているのでしょうか?

諸星 いえ、競技はやっていません。日本全国から集まったEVオーナーたちに、白馬の名所を巡るデジタルスタンプラリーや最新EVの試乗、パレードなどを楽しんでもらうもので、いわばファンイベントが中心の会になっています。

eKクロスEVで長距離走行1-3

Photo:Ryo Higuchi



——開催の目的はどういったことでしょうか?

諸星 基本的にはEVオーナー同士の親交を深めるイベントですが、大きな視点で言えば、排気ガスを出さないEVでなら白馬の大自然の中でも思い切り遊べるということを印象づけ、日本全国にEVのすばらしさをアピールする目的があります。

——白馬村もそれに共感し、毎年、場を提供しているのですか?

諸星 そうです。スノーリゾート地の白馬村は、地球温暖化で年々雪が少なくなっている現状に危機感を抱いていて、早くからCO2を出さずに走るEVの来村と普及に積極的でした。実際に、村独自の充電設備助成制度を実施していて、約40の宿泊施設や飲食店などに充電器の設置を実現させています。2020年には「ゼロカーボンシティ」宣言も出しています。ですから、ジャパンEVラリーは、村にとって大歓迎のイベントなんです。

eKクロスEVで長距離走行1-4

Photo:Ryo Higuchi



——参加者数はどれくらいですか?

諸星 コロナ禍がひどかった時期を除いて年々参加者は増えており、今年は60台のEV・PHEVと、それに乗ってきた125名が参加しました。一番遠いところでは岡山県からの参加もありました。来年は記念すべき10回目。最近EVに乗りはじめた人もぜひ参加してもらいたいですね。かなり楽しいですよ。

ロングドライブも楽勝!?

——諸星さんはこのジャパンEVラリーで、何をされていたのですか?

諸星 僕はEV試乗会のインストラクターを務めました。あと、eKクロスEVの借り出しと返却のために、東京と白馬村の往復約600㎞を運転する役割も仰せつかりました(笑)。

eKクロスEVで長距離走行1-5

——軽のEVであるeKクロスEVの航続距離はWLTCモードで180㎞です。発売から2ヵ月半ほどのこのタイミングで、eKクロスEVで往復600㎞の長距離走行を行ったという人はほぼいないのではないかと思います。やってみてどうでした?

諸星 往路は高速道路中心で、復路は一般道中心でしたが、どちらにおいても普通の軽自動車のレベルをはるかに超えるスムーズな走りを体感できました。このロングドライブを通じて、「eKクロスEVはロングドライブも楽勝でこなす軽EVである」との印象を強くしましたね。

eKクロスEVで長距離走行…諸星陽一(モーターフォトジャーナリスト)

①「東京─白馬村 往復600㎞のドライブが楽勝でこなせた」

②「約270kmの往路(高速道路205㎞)を2回の30分充電で難なくクリア」

③「一般道での長い帰路も195Nmのトルクが疲れを軽減」

④「軽EVは自動車市場を変革するゲームチェンジャー」

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」(1) 大自然のなかを電気自動車で走りたい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅…

    2009年から2014年にわたり、アメリカの『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』というレースにEV(電気自動車)で参戦し、華々しい活躍を見せた塙…

    2017.07.25更新

  • Book Review②クルマ愛に溢れた未来予測『2017年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review②クルマ愛に溢れた…

    ご存じ『間違いだらけのクルマ選び』は、直近に発売されたクルマへの論評・採点で人気の本なわけだが、この2017年版には、みらいのクルマに関する情報もいっぱい詰まっ…

    2017.01.30更新

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第7戦 レポート③ – 有終の美。地頭所選手が鬼の走りで前人未踏の3連覇を達成した!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第7…

    白煙が立ちこめるもスムーズなスタートさて、決戦のときである。午後3時15分、富士スピードウェイを11周50㎞にわたって競い合う決勝レースが始まった。グリ…

    2020.12.10更新

  • BookReview(31)『2022年版 間違いだらけのクルマ選び』―モーター走行の楽しさを、そろそろ本気で語りはじめよう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(31)『2022年…

    2021年12月14日、トヨタは今後のEV戦略に関する説明会を行った。演壇に立った豊田章男社長は、以下のような発言をしている。「トヨタグループは2030年ま…

    2022.01.27更新

  • eKクロスEVの魅力①「サクラが気取ったパンプスなら、eKクロスEVは気軽なスニーカーかな」…まるも亜希子(カーライフジャーナリスト)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    eKクロスEVの魅力①「サクラが気取った…

    三菱自動車は6月16日に軽EVのeKクロスEVを発売した。7月24日現在でその受注台数は5400台と、予想を超える人気を博している。なぜ、こんなに売れているのか…

    2022.08.09更新

  • 次世代エコカー勉強会〈10時限目〉EVの電池の大容量化に対応するCHAdeMOの急速充電器(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈10時限目〉EVの…

    日本発の規格であるCHAdeMO方式の急速充電器は、世界に先行した試みであったが、まだ世界標準になっているとは言えない。EV・PHEVの重要なインフラである急速…

    2017.06.27更新

< 前のページへ戻る