ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈17時限目〉SDGsと自動車産業―日本の自動車メーカーの取り組み(前編)

2022年2月24日更新

次世代エコカー勉強会17時限目

一般社団法人日本自動車工業会が発行する広報誌『jamagazine(ジャマガジン)』の2022年2月号(2022年1月31日発行)は、「加速する日本の自動車メーカーによるSDGsの取り組み」と題する記事を掲載している。サブタイトルは、「自動車産業はSDGsの達成に大きな貢献をもたらす」「SDGsの活動が自動車産業全体へ一層広がることに期待」となっている。

SDGs(エスディージーズ、=Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで2030年に向けて採択された目標なので、すでに6年が過ぎ、トライする期間は10年を切っている。もう考えている段階ではなく、2022年は動いて実際の成果を出していく段階と言えるだろう。まさに今年あたりに、成果に至る大きな足がかりが必要とされているのだ。

そうした状況で自工会がリリースしたこの記事から、2030年という次世代に向けた日本の自動車メーカーのチャレンジを読み解く……。そういう趣向で、今回の次世代エコカー勉強会を行ってみたい。

日本の自動車メーカーの
主なゴールは7つ

SDGsでは、「持続可能な社会」を実現するために、17のゴール(目標)と、目標をより具体化した169のターゲットが定められている。

このSDGsの17のゴール(目標)の中で、日本の自動車メーカーが深く関わっているものはどれなのか?記事を少し読み進むと、次の7ゴールが提示されている。

まず、産業の特徴から関連付けられる6ゴール。
3「すべての人に健康と福祉を」
7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
9「産業と技術革新の基盤をつくろう」
11「住み続けられるまちづくりを」
12「つくる責任つかう責任」
13「気候変動に具体的な対策を」

そして、「日本国内で約550万人が関わる産業」という側面からもう一つのゴール。
8「働きがいも経済成長も」

これらについて、日本の自動車メーカーは持続可能な開発目標を掲げ、それを実行していこうとしているわけである。

CO2排出削減は
マルチソリューションで行う??

記事は、まず気候変動対策から述べていく。踏まえるべき現状の把握として、次の記述がある。

〈2019年度の日本のCO2排出量(11億800万トン)のうち18.6%を運輸部門の排出量(2億600万トン)が占めています。同部門のうち旅客自動車は49.3%(日本全体の9.2%)、貨物自動車は36.8%(日本全体の6.8%)を排出し、同部門に占める自動車からの排出量は86.1%(日本全体の16.0%)となっています〉(jamagazine2022年2月号)

日本の部門別二酸化炭素排出量の割合

出典)温室効果ガスインベントリオフィス/
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(https://www.jccca.org/)より



運輸部門は、他に鉄道・船舶・航空などがあるが、多数のエンジン車が毎日の人・モノの移動を担っている自動車のCO2排出量は極めて大きいことがわかる。

この自動車が出すCO2の排出をどのように削減していくのか……。記事では次のように述べ、従来から主張されてきたマルチソリューション(多様な電動車両を混在させつつCO2排出削減を図る方法)がなぞられた。
〈……ハイブリッド車(HV/HEV)やプラグインハイブリッド車(PHV/PHEV)、水素燃料電池車(FCV/FCEV)、電気自動車(EV/BEV)など、新技術を用いたさまざまな電動車両が誕生し、バイオディーゼル燃料や水素など、石油由来の燃料に代わる代替燃料も登場してきました〉(jamagazine2022年2月号)

次に続く短い記述は、再生可能エネルギーによる電気を使ったEVについての記述と思われるが、はっきりとは語られていない。そこがまた、日本の現実を投影しているとも言えるのだが……。
〈自動車の燃料としてクリーンな再生可能エネルギーを利用することで、13の「気候変動に具体的な対策を」などへの目標達成に大きく貢献していくことができます〉(jamagazine2022年2月号)

むしろ自動車製造工場のカーボンニュートラル施策の方が自信を持って語られている。
〈また、クリーンなエネルギーの利用は自動車という製品だけにとどまりません。製造過程で用いられる電力を再生可能エネルギーに切り替える取り組みも進められています。自動車生産に関わるすべてのCO2排出量をゼロにする工場のカーボンニュートラルへの挑戦も始まっています〉

このように、CO2排出削減という大きな課題に対して、記事では踏み込んだ記述が控えられているように受け取れる。ただし、ぼやっとではあるが、再生可能エネルギーによる電気を使ったEVについての記述がされていたことは覚えておきたい。ここと同様の記述が、記事の最後のブロックでもう一度出てくるのだが、その記述ではもっと明確にEV化を語っている。

SDGsと自動車産業―日本の自動車メーカーの取り組み(前編)

SDGsと自動車産業―日本の自動車メーカーの取り組み(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • eKクロスEVの魅力②「室内の未来感はほどほど。でも、使いやすさと心地よさは抜群」…まるも亜希子(カーライフジャーナリスト)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    eKクロスEVの魅力②「室内の未来感はほ…

    カーライフジャーナリストのまるも亜希子さんに、eKクロスEVの魅力を徹底解説してもらうこのインタビュー。パート2のテーマは、内装や室内空間について。まるもさんの…

    2022.08.09更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第3戦レポート①―パナソニック製バッテリーを積んだモデル3が予選上位を独占!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第3…

    梅雨のさなかであるはずの6月下旬は、真夏のように暑かった。明らかにおかしな天候である。2021年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が「人間の影響が海…

    2022.07.21更新

  • 【i-MiEVの10年 / 販売店社長の目線 後編】「販売する側にi-MiEVを売っていこうという真剣度が足りなかった」(新城浩司さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 販売店社長の…

    他の地域の販売店が驚くようなi-MiEVの販売実績を達成した新城さん。けれども、この10年の国内マーケットで、i-MiEVは「ヒット」と呼べる勢いを見せること…

    2019.12.05更新

  • 第29回 日本EVフェスティバル レポート①―VWが本気でつくったEV「ID.4」。日本の狭い道でもスイスイ走れた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第29回 日本EVフェスティバル レポー…

    EVの試乗車と展示車は例年並だったが、充電に関する展示と講演・プレゼンテーションが多かった——。2023年11月25日(土)、「つながろうみんなでCO2削減…

    2023.12.14更新

  • 第29回 日本EVフェスティバル レポート②―再エネ発電が増えたら、V2Xで昼間の余剰電力を有効活用しよう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第29回 日本EVフェスティバル レポー…

    EVには、どんな電気を、どう充電すべきなのか――。今回の「EVシンポジウム」では、全体を通してこうした話題が非常に多く出た。社会的な視点でEVを見つめ直す…

    2023.12.14更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート① – Honda eも「みんなでCO₂削減!!」へ向けたさまざまなる意匠の一つ。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    2020年10月26日、日本の政府が「2050年までにCO₂などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」との表明を行った。そして12月3日、大手新聞社が「政府…

    2021.01.14更新

< 前のページへ戻る