ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.11 他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈後編〉

2016年11月14日更新

もしも-lotas-10-2

保険空白状況もあり得る

たとえば、上司が保険に年齢条件(たとえば26歳以上補償)を付けるか、本人と家族だけに限定した運転者限定特約を付けていたとします。そして、24歳のKくんは免許を保有してはいるものの、クルマをもたず、保険に入っていなかったとします。
それで、もしKくんが上司のクルマを運転して事故を起こしたとしたら、いったいどうなっていたでしょうか?
もう、いうまでもありませんね。まったく保険が使えないという非常に恐ろしい状況が生まれていたことでしょう。
軽い接触事故程度であれば、それでもなんとかなるかもしれません。ですが、これが人身事故を含む大きな事故にでもなっていたとしたら、もう、手の施しようがありません。保険からは一切補償がおりず、関わったすべての人にとっての悲劇に繋がってしまいます。もしも_本人夫婦限定特約

お互いの保険確認は絶対必要

こうならないためには、事前の保険に関するコミュニケーションが不可欠。
ということで以下、クルマを借りる人、クルマを貸す人ごとに、やっておくべき理想のコミュニケーションおよびアクションを並べておきます。

〈他人のクルマを借りて運転する人〉
◎自分が保険に入っている場合、万が一の事故のときは自分の保険を使う旨を伝える。
◎自分が無保険である場合、事故のときは貸してくれる人の保険を使わざるを得ない旨を伝え、そのうえで運転の可否を問う。可であったとしても、貸してくれる人の保険が年齢条件や運転者限定特約が付いているかどうかを確認し、自分に適用されない内容とわかれば、絶対に借りないこととする。
〈他人にクルマを貸す人〉
◎相手が保険に入っているかどうかを確認し、保険に入っているとわかった場合は、万が一の事故のときは相手の保険を使うことを約束させる。
◎相手が保険に入っていないとわかった場合は、万が一の事故のときには自分の保険を使う可能性が大きくなるので、それを前提として貸すか貸さないかを決める。もし貸すと決めたとしても、自分の保険が年齢条件や運転者限定特約を付けていて、相手がその内容に適用しないとわかれば、絶対に貸さないこととする。

えー、今回のお話は以上です。みなさん、けっこう気軽にクルマの貸借をしているかもしれませんが、万が一の事故が起きてしまうと、事と次第ではかなり厄介なこととなってしまうという内容でした。おわかりいただけましたか?
くどいようですが、繰り返します。クルマの貸借がある際は、上記したようにお互いの保険加入状況を確認するコミュニケーションをしっかりと行うようにしましょう!

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.20「うっかり酒気帯び運転」にご用心!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.20「うっかり酒気帯び運転」にご…

    飲酒運転事故の被害者は 加害者の保険で救われる 前編で紹介したとおり、Qさんは、法律違反の酒気帯び運転によって他人のクルマに損害を与えてしまいました。 さて、こ…

    2017.07.11更新

  • 「もしも」コラム どんな些細な事故でも警察に一報を!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    「もしも」コラム どんな些細な事故でも警…

    今回、コラムとして紹介するのは、あるロータス店のお客さまである運送会社のドライバーAさんのリアルな体験談。どんな些細な事故でも警察に通報することの大切さがよくわ…

    2017.09.12更新

  • Vol.19 高速道路上で逆走車と遭遇!  どっ、どうする?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.19 高速道路上で逆走車と遭遇!…

    前編では、Pくんの例を元に、「高速道路における逆走」の多さと回避策について紹介しました。この後編では、万が一事故になったときの保険のことなどについてお話しします…

    2017.06.27更新

  • Vol.28 カーシェアリング車で非会員が事故。補償はどうなる?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.28 カーシェアリング車で非会員…

    非会員の運転による事故は 保険適用の対象外となる Yさんが犯した大いなるまちがい。それは、友人に向かって「悪いんだけど、帰りの運転、代わってくんないかな。大丈夫…

    2018.03.13更新

  • Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった。やっぱりクルマ側の過失が大きいの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった…

    今回のやっちゃったストーリー Eさん(50歳男性・会社員)は運転歴30年。 これまで壁をこする小さな自損事故を起こすことはあったし、駐車違反やちょっとしたスピー…

    2016.06.14更新

  • Vol.15 妻が原付バイクの自損事故で大ケガ。えっ、自賠責で治療費はでない!?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.15 妻が原付バイクの自損事故で…

    【今回のやっちゃったストーリー】 地方に在住している共働きのMさん夫婦(夫26歳・妻23歳)は、いつか子どもを数人もち、みんなでマイホームで暮らすことを夢見てい…

    2017.03.27更新

< 前のページへ戻る