ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.11 他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈後編〉

2019年3月26日更新

もしも-lotas-10-2

保険空白状況もあり得る

たとえば、上司が保険に年齢条件(たとえば26歳以上補償)を付けるか、本人と家族だけに限定した運転者限定特約を付けていたとします。そして、24歳のKくんは免許を保有してはいるものの、クルマをもたず、保険に入っていなかったとします。
それで、もしKくんが上司のクルマを運転して事故を起こしたとしたら、いったいどうなっていたでしょうか?
もう、いうまでもありませんね。まったく保険が使えないという非常に恐ろしい状況が生まれていたことでしょう。
軽い接触事故程度であれば、それでもなんとかなるかもしれません。ですが、これが人身事故を含む大きな事故にでもなっていたとしたら、もう、手の施しようがありません。保険からは一切補償がおりず、関わったすべての人にとっての悲劇に繋がってしまいます。もしも_本人夫婦限定特約

お互いの保険確認は絶対必要

こうならないためには、事前の保険に関するコミュニケーションが不可欠。
ということで以下、クルマを借りる人、クルマを貸す人ごとに、やっておくべき理想のコミュニケーションおよびアクションを並べておきます。

〈他人のクルマを借りて運転する人〉
◎自分が保険に入っている場合、万が一の事故のときは自分の保険を使う旨を伝える。
◎自分が無保険である場合、事故のときは貸してくれる人の保険を使わざるを得ない旨を伝え、そのうえで運転の可否を問う。可であったとしても、貸してくれる人の保険が年齢条件や運転者限定特約が付いているかどうかを確認し、自分に適用されない内容とわかれば、絶対に借りないこととする。
〈他人にクルマを貸す人〉
◎相手が保険に入っているかどうかを確認し、保険に入っているとわかった場合は、万が一の事故のときは相手の保険を使うことを約束させる。
◎相手が保険に入っていないとわかった場合は、万が一の事故のときには自分の保険を使う可能性が大きくなるので、それを前提として貸すか貸さないかを決める。もし貸すと決めたとしても、自分の保険が年齢条件や運転者限定特約を付けていて、相手がその内容に適用しないとわかれば、絶対に貸さないこととする。

えー、今回のお話は以上です。みなさん、けっこう気軽にクルマの貸借をしているかもしれませんが、万が一の事故が起きてしまうと、事と次第ではかなり厄介なこととなってしまうという内容でした。おわかりいただけましたか?
くどいようですが、繰り返します。クルマの貸借がある際は、上記したようにお互いの保険加入状況を確認するコミュニケーションをしっかりと行うようにしましょう!

他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈前編〉
他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈後編〉

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.54 タイヤの空気圧チェックをサボってると、高速走行中にバーストして大変なことになっちゃうかも!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.54 タイヤの空気圧チェックをサ…

    【今回のやっちゃったストーリー】月に一度のペースでグルメ店めぐりをし、そのときの写真をSNSでアップするのを趣味にしているW子さん(会社員・22歳)。以前は電…

    2020.09.25更新

  • Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水…

    Iさんは、洪水で高架下の道路がプール状態となっているところにあえて突っ込み、愛車を水没させてしまいました。前編では主に脱出方法について紹介したわけですが、この後…

    2016.08.30更新

  • Vol.23 若者の「うっかり無保険運転」を防ごう!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.23 若者の「うっかり無保険運転…

    【今回のやっちゃったストーリー】Tさん(56歳・会社員)の娘は、大学入学を目前にした春休みに運転免許証を取った。Tさんは父として、入学祝いにクルマでも贈ってや…

    2017.10.24更新

  • Vol.67 身内のモノを壊したときは、対物保険で補償されないの!?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.67 身内のモノを壊したときは、…

    【今回のやっちゃったストーリー】新婚ホヤホヤのJさん(26歳・会社員)は、ある日、クルマに若妻を乗せ、隣県にある彼女の実家へと向かった。60歳になった義父の還…

    2021.10.26更新

  • Vol.26  “保険付帯”のレンタカーなのに、事故で「免責分の支払」ってなに?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.26 “保険付帯”のレンタカー…

    免責5万円=自己負担5万円Wくんが思わぬ出費を突きつけられることになった「免責」については、自分のクルマをもち、任意の保険に入っている人ならだいたいのことはご…

    2017.12.26更新

  • Vol.53 首都高のトンネル内で車両火災に遭遇したら、どう行動すべきなのか?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.53 首都高のトンネル内で車両火…

    閉じられた空間での火災は即、命の危機へとつながるさて、ここからが本題――。数多い首都高での車両火災のなかでも、もっとも怖いのは今回の事例で紹介したようなト…

    2020.08.25更新

< 前のページへ戻る