ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.7 もらい事故の被害者なのに、納得できない補償の提示が。キーッ!

2016年9月30日更新

もしも_弁護士特約今回のやっちゃったストーリー

ドーン! 前方不注意のクルマが、信号待ちで停車していたGさん(25歳女性・会社員)のクルマに追突してきた。車両後部はグチャグチャになり、Gさん自身は首を痛めることになった。

明らかに相手が100%悪い事故だった。交渉に当たる前からGさんは「クルマの修理代も、首の治療代も全額払ってもらうわよ!」と息巻いた。

しかし、初っぱなから思いもよらぬ事態が発生する。自身が契約している保険会社に交渉に入ってもらおうとしたところ、「相手の過失が100%の事故の場合、私どもは示談交渉ができません。申しわけありませんが、相手側の保険会社と直接交渉をお願いします」との返答があったのだ。ガーン!

しかも、しぶしぶ相手方の保険会社と交渉を進めてみたら、どうにも納得がいかない展開に。クルマの修理代はすんなりでることになったものの、2週間以上も通院し、まだ痛みが完全にとれていない首の治療費については、「5日で症状固定(これ以上よくならない状態)となっているので、5日分の通院しか認められない」との回答が返ってきたのだ。もちろんGさんは強硬に抗弁した。だが、相手は保険のプロ、よくわからない理屈で煙に巻かれ、1ミリの譲歩も得られなかった。キーッ!

「わたしは被害者なのに、なんてひどい扱いなの?」
最終的な手段として弁護士に頼ることも頭をよぎったが、かかる費用の膨大さを考えると、とても現実的とはいえなかった。Gさんは痛む首をさすり、悔しさを押し殺しながら、相手方の主張を飲むことにしたのだった。

過失0の事故では
自分の保険会社に交渉が頼めない

Gさんのようなもらい事故における示談交渉は、けっこうやっかいです。
相手側の過失が100%で、こちら側の過失が0%となる場合は、自分が契約している保険会社は交渉の場にでられなくなり、相手方の保険会社と直接に交渉を進める必要がでてくるからです。なんだかひどく理不尽なルールに思えますが、これは保険会社が弁護士の仕事を奪ってはいけないという主旨の弁護士法(第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)によって決められていること。従うよりほかありません。

さらに、従ったら従ったで、また次の問題が発生します。それは、Gさんのケースのように相手側の保険会社にいいように事が進んでしまうことです。相手は保険そして法律にも精通していますから、それに対抗し得る知識がない限り、どんなに抗弁したところで簡単にいいくるめられ、被害者なのに泣きっ面に蜂の状況に陥ってしまうのです。

こうした状況を避けるには、弁護士法で守られた弁護士に交渉を託すという方法があります。ただ、ご存じのように弁護士費用はけっして安くはありません。補償額に見合うかどうかを勘案すると、賢明な解決策とはならない場合が多々あります。こうなるともう八方ふさがり。Gさんも、それで仕方なく相手方の主張を飲むことになったのです。

年にわずか千数百円の特約で
300万円までの弁護士費用がでる

Gさんのようにならないためには、いったいどうすればいいのでしょうか?

「日ごろから事故が起きないよう、安全運転に気をつけていればいいんじゃないのかな?」
いえいえ、それだけでは不十分です。なにせ、もらい事故は交通事故の3割強を占めるほど多く発生しています。そして、それらは相手の不注意が原因で起こっています。自分がいくら安全に気を配っていても、防ぎようはなく、当然、その後の交渉の不調も避けられないものとなってしまいます。

もしも_もらい事故グラフ
理想の答は次のようになります。
「事故後にあたふたするのではなく、万が一のときを考えて、保険面で万全の手を打っておく」
具体的には、いま契約している自動車保険に弁護士費用特約=弁護士費用等補償特約(自動車)を付けることが肝心なのです。

弁護士費用特約を付けておけば、もらい事故後の相手方との交渉に当たってくれる弁護士(保険会社が承認した弁護士)の費用の支払いが受けられるようになります。補償を受ける人1名あたりの弁護士費用が300万円まで(相談料は10万円まで)でるので、ほとんどお金の心配をすることなく弁護士に交渉が任せられます。交渉の結果がどうなるかについては、弁護士の手腕次第というところもありますが、少なくとも自分で交渉するよりは納得のいく回答が得られるようになるはずです。

もしも_もらい事故交渉

この弁護士費用特約の料金は、そう高くはありません。入っている自動車保険の契約内容などによって額の変動はあるものの、だいたい年間で千数百円で済みます。しかも、もらい事故のときだけでなく、ほかのさまざまな交通トラブルの事後交渉においても弁護士が雇える可能性がでてくるわけで、それを考えれば、ある意味、相当にオトクな特約となるのです。

もう、おわかりいただけましたよね?
もらい事故対策には弁護士費用特約がベスト。この機会に、ぜひ自動車保険に付帯することをご検討ください。

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機に。どうすれば助かる?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機…

    豪雪となったときはどんなタイヤでも立ち往生!?豪雪による交通トラブルを避けるにはどうすればいいのか、Iさんのケースを元にして考察してみましょう。まずタイヤ…

    2019.01.29更新

  • Vol.53 首都高のトンネル内で車両火災に遭遇したら、どう行動すべきなのか?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.53 首都高のトンネル内で車両火…

    【今回の巻き込まれちゃったストーリー】会社を定年退職してから東京郊外の街で悠々自適に暮らしているVさん(無職・67歳)。ある日、同期入社の仲間から千葉県南房総…

    2020.08.25更新

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(中編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    ホンダとともに高いレベルの製品を開発日本で一番信頼できる緊急脱出支援用具と目されている「消棒RESCUE」をつくっているのは、埼玉県所沢市にある株式会社ワイピ…

    2018.04.25更新

  • Vol.61 保険の「使用目的」の変更を知らせないままだと、万が一のときに補償されない!?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.61 保険の「使用目的」の変更を…

    クルマの「使用目的」は三つの選択肢から選ぶさて、自動車保険には〈告知事項(告知義務)〉と〈通知事項(通知義務)〉があるとわかったところで、ここでは、契約者が…

    2021.05.13更新

  • Vol.56 個人賠償責任補償特約は、たった月200円ほどで日常の事故の賠償を幅広くカバー!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.56 個人賠償責任補償特約は、た…

    【今回のやっちゃったストーリー】「今日の夕焼け、すんごくキレイよ!」ある休日の夕刻、自転車でスーパーに買い物にいっていた妻が帰ってくるなりそうい言った。1年…

    2020.11.26更新

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    ※本文記載の過失割合はあくまでストーリー上の参考例であり、実際の事故の際には、その状況によって過失割合は変動します。後ろのクルマが100%悪いのは信号待ちの…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る