ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道の駅はやっぱり“いちご三昧”!『いちご生どら焼き』『いちごのしずくサイダー』『いちご大福』のほか食堂では『いちごカレーうどん』まで!『道の駅 いちごの里よしみ』

2019年5月15日更新

埼玉県吉見町は、県内一のいちごの生産量を誇るいちご生産地。『吉見いちご』の名称で親しまれています。そんな吉見町に、2005年2月オープンした『道の駅 いちごの里よしみ』。実は、埼玉県内の道の駅として15(いちご)番目の登録というオチも付いています。

いちごの里よしみ 物産館外観

吉見いちご

吉見いちご



敷地内は円形広場を中心にいろいろな施設が立ち並んでいます。
まずは、メイン施設となる『いちごの里物産館』。ここには、食堂や売店、体験室などが備わっています。

いちごの里よしみ 物産館売店
食堂『楽楽庵』は、塩水だけでこねた地粉のうどん(素朴な旨みと力強いコシが特徴)のメニューが豊富。『天ぷらもりうどん』(620円、税込、以下同様)や、『たぬきうどん』(680円)、『きのこ汁うどん』(620円)、珍しいところでは、町内産のトマトたっぷりの『吉見トマトのミートソースうどん』(750円)があります。さらに、注目メニューは、『いちごカレーうどん』(770円)。地元の吉見町産の小麦粉で作った麺の上に、イチゴピューレとイチゴのカマボコをトッピングしたオリジナルの一品です。

天ぷらもりうどん

天ぷらもりうどん



いちごカレーうどん

いちごカレーうどん



売店では、『いちご生どら焼き』(180円)や、『いちごジャム』(150g・420円)、『いちごかりん糖』(486円)、『いちごのしずくサイダー』(250円)などイチゴを使ったお菓子や加工品などを扱っています。期間限定で『いちご大福』(3個入り420円)も登場します。

いちご生どら焼き

いちご生どら焼き



いちごサイダー

いちごサイダー



体験室では、手打ちうどん作りを体験することができます。事前予約が必要で、6人~15人で実施。体験料は一人1500円、実施時間は午前10時~12時・午後2時~4時です。
円形広場を囲む、他の施設を以下にご紹介。
『JA吉見直売所』には、イチゴをはじめキュウリやトマト、新米など旬の農産物が並びます。また、赤飯や味噌などの加工品も好評です。『休憩所』(利用時間:午前9時30分~午後5時)には、観光関連のパンフレットなどが備えられているほか、パンやコーヒーを味わえる喫茶コーナーもあり、ゆっくりくつろぐことができます。
『簡易店舗』では、いちごソフト・いちごミルクなどのソフトクリーム(各350円)、「いちごアイスティー」(300円)などイチゴを使ったメニューが充実。味噌おでん(期間限定販売、一皿170円)も人気です。また、商店街ならぬ『笑天街』には、焼き鳥店やラーメン店、園芸店が軒を連ねています。

いちごアイスティー

いちごアイスティー



子供が自由に遊べるスペースは3カ所。ローラー型滑り台が人気の『もみの丘』、イチゴのお城の遊具が楽しい『わんぱく広場』、3歳~6歳を対象とした『芝生広場』があり、思い切り体を動かして遊ぶことができます。
いちご狩りシーズン(1月~5月)はもちろん、他シーズンのドライブの休憩にも打ってつけです。

詳細情報

名称 道の駅 いちごの里よしみ
住所 埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737
電話番号 0493-53-1530
営業時間 午前9時~午後5時、楽楽庵:午前11時~午後3時(休日は午後4時まで。ラストオーダーは閉店の30分前)簡易店舗 : 平日午前11時~午後3時、休日午前10時~午後4時まで。
定休日 12月30日~1月4日
アクセス 関越自動車道東松山ICより鴻巣方面へ約7km
駐車場 普通車198台、大型車11台、身障者等用2台
ホームページ http://www.ichigonosato.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 野生動物たちが自分の生息地と同じような環境でくらしている「よこはま動物園ズーラシア」

    ロータスな旅 > 関東

    野生動物たちが自分の生息地と同じような環…

    「よこはま動物園ズーラシア」は、「生命の共生・自然との調和」をメインテーマとした動物園です。1999(平成11)年4月、横浜動物の森公園の中に最初のエリアが開園…

    2016.06.14更新

  • 青空と太平洋を望み、関東・銚子半島の最東端に建つ白亜の姿が美しい!『犬吠埼灯台』

    ロータスな旅 > 関東

    青空と太平洋を望み、関東・銚子半島の最東…

    『犬吠埼灯台』は、千葉県銚子市の東突端に位置する犬吠埼に建つ灯台です。まずは設置の経緯を、確認して行きましょう。太平洋に半島が突出して、利根川の河口を利用した…

    2017.08.08更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

  • まるで地下神殿のような異次元空間が広がる!映画やドラマのロケ地としても知られる『大谷資料館』

    ロータスな旅 > 関東

    まるで地下神殿のような異次元空間が広がる…

    栃木県宇都宮市の地下に、異次元空間のような世界があることをご存知でしょうか?それが、大谷石(おおやいし)の地下採掘場跡を中心に開設されている『大谷資料館』です。…

    2016.07.15更新

  • こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんにゃくバイキング(無料!)や手づくりこんにゃく体験が用意されている『こんにゃくパーク』

    ロータスな旅 > 関東

    こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんに…

    和食の具材として親しまれる『こんにゃく』。こんにゃく芋は、6世紀ごろ薬用として朝鮮半島を経て日本に伝わり、整腸効果の高い食材として広まり、鎌倉時代には精進料理な…

    2017.06.27更新

  • 明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエンターテイメントにアレンジ!面白くておいしい!『めんたいパーク大洗』

    ロータスな旅 > 関東

    明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエン…

    ごはんはもちろんパスタなどにも使われ、すっかり日本の食卓に定着した辛子明太子(以下、明太子)。ただし、これほど普及したのは昭和の頃で、日本の伝統食とは一線を画し…

    2017.10.24更新

< 前のページへ戻る