ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

その言葉は誰の心の中にも生きている。金子みすゞの瑞瑞しい心に包まれる『金子みすゞ記念館』

2017年12月12日更新

『「遊ぼう」っていうと 「遊ぼう」っていう。「馬鹿」っていうと 「馬鹿」っていう。・・・こだまでしょうか、いいえ、誰でも。』
あの東日本大震災の後、テレビCMが自粛され、その代わりにACジャパンの公共広告が流れました。その中でも、多くの人の心を癒し、慰めを与えた公共広告に、この詩が使われていました。作者は、金子みすゞ。題名は『こだまでしょうか(原題 こだまでせうか)』です。
金子みすゞ(本名テル)は、明治36年大津郡仙崎村(現在の長門市仙崎)に生まれ、『赤い鳥』などの童話童謡雑誌が次々と創刊された大正時代末期に輝ける才能を発揮しながら、26歳という若さで自死の道を選んだ幻の童謡詩人です。
その後、長い間埋没していた金子みすゞとその作品でしたが、児童文学者の矢崎節夫氏(現・金子みすゞ記念館館長)の手によって全作品を発掘、1984年に『金子みすゞ全集』として再び多くの人に紹介され、今日では小学校の国語教科書に掲載されるようになりました。
この童謡詩人・金子みすゞを偲ぶ施設が、山口県長門市にある『金子みすゞ記念館』です。

!金子みすゞ記念館9

金子みすゞ記念館3

「金子みすゞ生誕100年」に当たる2003(平成15)年4月、この詩人が幼少期から20歳までを過ごした書店金子文英堂跡地に記念館は開設されました。記念館の表は、復元された金子文英堂の建物です。2階には以前にあったように『みすゞの部屋』が再現されています。

金子みすゞ記念館1

金子みすゞ記念館2

金子みすゞ記念館6
そして、金子文英堂の後ろに連なる本館棟には、遺稿集や着物の端切れ・手紙・写真などの関連資料を展示した常設展示室、金子みすゞの詩の世界を音と光で体感できる『みすゞギャラリー』、作品512編すべてをパソコンで探し読める検索室などがあります。ここを訪れる人は、施設全体に備わった穏やかで優しい風情の中で、一時、金子みすゞワールドにひたることができるでしょう。

金子みすゞ記念館8

金子みすゞ記念館7

また、記念館が面している『みすゞ通り』には、手作りの詩札やイラストが添えられたパネルがたくさん掲示されており、歩くたびにさまざまな詩に出会えます。さらに、名物『仙崎かまぼこ』のかまぼこ板などを使った、金子みすゞにちなんだモザイクアートも各所に見られます。
記念館訪問の際には、もう少し時間をとって、金子みすゞが親しんだ仙崎の町並み、極楽寺や八坂神社などの史跡、イカやサザエ・ウニなどを水揚げする仙崎港などをたどってみるのもよいでしょう。

詳細情報

名称 金子みすゞ記念館
住所 山口県長門市仙崎1308番地
電話番号 0837-26-5155
開館時間 午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)
休館日 12月29日~1月1日
料金 一般350円(300円)、小中高校生150円(100円)※( )内は20名以上の団体料金 ※療育手帳、身体障害者手帳(1級~4級)、精神障害者保健福祉手帳戦傷病者手帳(特別項症~第4項症)の交付を受けている方は、本人および付添人1人まで無料(手帳の提示が必要)
アクセス 中国自動車道美祢ICから約45分 / JR山陰本線仙崎駅から徒歩約5分
駐車場 10台(無料)
ホームページ https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/site/misuzu/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 島根のユニークな鉄道で、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で有名な『デハニ50形』の体験運転をしよう!『ばたでん~一畑電車(いちばたでんしゃ)』

    ロータスな旅 > 中国

    島根のユニークな鉄道で、『RAILWAY…

    『ばたでん』の愛称で親しまれる『一畑電車』は、島根県で2路線(北松江線・大社線)を運営する鉄道会社です。山陰地方で唯一の私鉄として、宍道湖北岸を松江~平田~出雲…

    2017.10.10更新

  • 「駅伝のまち」として知られる広島県世羅町の道の駅には、やっぱりランニング由来の商品があった!そして、物産コーナーにはおいしい野菜、フードコートにはブランド肉の料理などがいろいろ!『道の駅 世羅』

    ロータスな旅 > 中国

    「駅伝のまち」として知られる広島県世羅町…

    チューリップ、芝桜、バラ、ラベンダーなどの四季折々の花々や、梨、ブドウ、イチゴなどのおいしいフルーツが自慢の広島県世羅町。また、駅伝の強豪校・広島県立世羅高校の…

    2019.01.15更新

  • 日本三名園の一つ。岡山藩二 代目藩主の池田綱政が生み出し、その後代々の藩主が手を加えて今に江戸時代の大名庭園の趣きを残す『岡山後楽園』

    ロータスな旅 > 中国

    日本三名園の一つ。岡山藩二 代目藩主の池…

    『岡山後楽園』は、岡山藩二代目藩主である池田綱政が自身の憩いのために築かせた大名庭園です。14年の年月をかけて造営され、1700(元禄13)年に完成。その後は、…

    2019.12.19更新

  • 10分の1サイズの戦艦『大和』を展示。『回天』や特攻乗組員の遺書など「平和学習の場」としても学びが多い『呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)』

    ロータスな旅 > 中国

    10分の1サイズの戦艦『大和』を展示。『…

    広島県呉市は、歴史の中に“造船のまち”として記憶されています。戦前は、日本一の海軍工廠のまちとして、戦艦『大和』を建造。戦後は、世界最大のタンカーを数多く建造し…

    2017.09.26更新

  • 「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯一「砂」を素材にした砂像を展示する烏取砂丘の『砂の美術館』

    ロータスな旅 > 中国

    「これが砂なのか!」とびっくり!世界で唯…

    鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる『烏取砂丘』。その広さは南北2.4キロメートル、東西キロメートルにもなります。日本三大砂丘の1つで、山陰海岸国立公園の特別保護地…

    2018.05.15更新

  • しまねお魚センター

    ロータスな旅 > 中国

    しまねお魚センター

    日本海に面した山陰浜田漁港で獲れた、四季折々の海産物を目と舌で楽しめる施設です。1階は地域のお店が並ぶお魚市場で、浜田が誇るブランド魚『どんちっち三魚(ノドグロ…

    2016.03.04更新

< 前のページへ戻る